新型コロナウイルス(2019-nCoV)について

最終更新:2020.04.01

日本国内や世界各国で新型コロナウイルス(2019-nCoV)が警戒されています。コロナウイルスはコロナウイルス科に属しているウイルスでいくつかの型が存在します。アルファおよびベータコロナウイルスは通常哺乳類に感染し、ガンマおよびデルタコロナウイルスは一般的に鳥類や魚類に感染します。犬や猫にもコロナウイルスが原因となる病気がありますが、犬で軽度の下痢を起こす犬コロナウイルスおよび猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因となりうる猫コロナウイルスは、いずれもアルファコロナウイルス属です。対して現在問題になっている新型コロナウイルス(2019-nCoV)、以前発生したSARS(サーズ:重症急性呼吸器症候 群)コロナウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)は、ベータコロナウイルスに属していて型が違います。

伴侶動物は飼育者であるあなたが頼りです。あなたが健康であることが大切です。「新型コロナウイルスを防ぐには」などを参考に正しい知識をもって対処しましょう。

新型コロナウイルス(2019-nCoV)は犬や猫に感染しますか?

現在のところ、犬や猫に今回の新型コロナウイルスが感染したという報告はありません(香港でイヌに、ベルギーでネコに感染がおこったという報告があります)。ただ、犬や猫が人の新型ウイルス感染源になったと疑われるような報告もありません。

追記:2020.04.01
ペットの猫が新型コロナに感染 香港が報告されました。人から猫に感染したものと思われます。また、この猫には症状は見られません。

追記:2020.03.28
ベルギーで猫への感染例が報告されました。人から猫に感染したものと思われます。また、この猫には「一過性の呼吸器系・消化器系の問題」が見られたそうです。

追記:2020.03.20
香港で2例目となる犬の感染例が報告されました。

追記:2020.03.10
日本獣医師会の見解:日本獣医師会といたしましては、現時点では感染サイクルの主体は人ですが、感染した人と濃厚接触のあったペット動物への感染の可能性は否定できないと考えます。したがって、新型コロナウイルス陽性となった飼い主と接触のあった犬については、飼い主と同様に人や犬等との接触を避け、仮に臨床症状が認められた場合には、かかりつけの獣医師とも電話相談のうえ、国立感染症研究所獣医科学部に問い合わせてください。 

追記:2020.03.05
その後、下の記事の続報として、ペットの犬が新型コロナに感染 飼い主から伝染か 香港という記事が報じられています。人から低レベルの感染が起こったとされています。もしもコロナウイルスにペットオーナーが感染した場合、イヌやネコにも感染する可能性があるかもしれません。但し、今の所、病気を発症するということではないので、慌てることはありません。

追記:2020.02.28
香港で感染者の飼育している犬からコロナウイルス弱陽性反応という報告があります。但し、少し冷静にかんがえたほうがいいです。ドアノブやリモコンなどにもウイルス付着しますよね? これはウイルスが出たという話だけであって、現段階では感染するとか、発症するとか、ましてや犬ー人感染を起こすということではりません。

私自身が新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染した場合、ほかの動物との接点を減らすべきですか?

犬や猫、そのほかの畜産動物が2019-nCoVに感染したという報告はいまのところありません(香港でイヌに低レベルの感染がおこったという報告があります)。

しかし、特定のコロナウイルス型は動物に疾病を引き起こし、人と動物の間で伝搬することが知られています。確実な情報が入るまでは動物との接触を避け、動物に近づく場合はマスクを着用するなどして、疾病を伝播する可能性をへらすべきです。

新型コロナウイルスに感染していると診断された人を動物に近づけないことで動物を守り病気が伝搬する潜在的な可能性を無くすことができます。

もし私が飼育している犬や猫が病気になり、私の周辺に新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染している人がいる場合はどうすればよいですか?

あなたの飼育動物が病気になった場合で、新型コロナウイルスに罹患した人に接触した可能性があり、当院を受診機能の場合は、まず電話で相談してください。いきなり動物を連れて来ないでください。また、新型コロナウイルスに罹患している人との接点について詳細にスタッフに電話で伝えてください。

私や家族が新型コロナウイルス(2019-nCoV)に感染しました。私の飼育動物をペットホテルに預かってもらえますか?

 新型コロナウイルス陽性となった飼い主と接触のあった犬については、飼い主と同様に人や犬等との接触を避けるようにという日本獣医師会からの通達により、ペットホテルでのお預かりはできません。

ペットホテルで預かりするには通常でも一定の条件があります。詳しくはこちらをご覧ください。また、完全予約制ですので、事前に電話でご予約ください。

 お預けになる動物が新型コロナウイルスに罹患した人に接触した可能性がる場合は、いきなり動物を連れて来ないでください。また、必ず事前に電話でそのことをスタッフに詳しく伝え、濃厚感染とみなされない場合にのみご予約頂けます。

壱岐動物病院では新型コロナウイルス(2019-nCoV)対策をされていますか?

 院内は入り口の扉を含め、定時および適宜消毒を等しております。また、他の病気の場合もそうですが、スタッフの安全確保のために必要に応じてグローブ、マスク、ゴーグル、ガウンなどを着用させていただきますので、ご了承ください。

犬コロナウイルスや猫コロナウイルス(猫伝染性腹膜炎)は人に感染しますか?

犬コロナウイルス猫コロナウイルス(猫伝染性腹膜炎)は人には感染しません。詳しくは左記それぞれの病気を御覧ください。

犬コロナウイルスのワクチンで新型コロナウイルス(2019-nCoV)を予防できますか?

 現在国内で使用されている犬用のコロナウイルスワクチンが新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対する交叉的な防禦能を示すというエビデンスは全く存在しません。なぜなら消化症状を起こすコロナウイルスと呼吸器症状を起こすコロナウイルスでは型が明確に異なるためです。