フィラリア予防(猫編)

犬の病気と思われているフィラリア症ですが、実は猫もフィラリア(犬糸状虫)の被害を受けます。猫のフィラリアも犬と同じく、フィラリアの幼虫を吸血した蚊に刺されることによって猫の体内に侵入します。成長した成虫は肺や心臓の血管に寄生し発症します。

犬と同じく、猫もフィラリアに感染します。

猫ちゃんはワンちゃんと比べてフィラリアの寄生数が少なく、多くの場合ははっきりした症状に乏しく、検査などによる診断が難しいため、発見が困難だとされています恐ろしいのは、猫のフィラリア症は症状が現れたときにはすでに危険な状態で、重篤な呼吸困難突然死などが起こるとされています。最近の調査報告では、フィラリアにかかっている猫は以外と多く、猫の10頭に1匹は感染しているという報告や、感染していた猫の約40%は完全室内飼育だったという報告があります。この数字を高いと見るのか低いと見るのかはキャットオーナーさんそれぞれでしょうが、個人的意見としては思っているよりも高いなと思います。壱岐のような蚊がいるところで生活している猫ちゃん、しかも犬のオーナーさんでもまだまだフィラリア予防をしてない人の多い田舎では、猫フィラリア症のリスクが高いと考えてください。

動画で正しく猫フィラリア症を理解しましょう!

video_library
猫フィラリア症

favorite
私はどうすればいいの?

現在のところ有効な治療法や確実な診断法がありませんので、ワンちゃんと同じように猫ちゃんも予防が一番です。お薬の飲ませにくい猫ちゃんには滴下型で定期的に背中に液体のお薬を垂らすタイプをお薦めします。このタイプのお薬はフィラリア予防だけでなく、ノミやお腹の虫の予防にもなります。毎月のノミ・ダニ予防をされているのであれば、そのお薬をフィラリア予防もできるもに変えるだけです。価格差はほんのわずかです。詳しくはお気軽に壱岐動物病院までお問い合わせください。

insert_link
猫フィラリア症のことをもっと学ぼう

猫フィラリア症パンフレットダンロード
猫フィラリア症パンフレットダンロード

library_books
参考文献・資料等