仔犬への食餌の与え方

・離乳期と成長期の食餌

仔犬は、生後3〜4週齢で、徐々に子犬用フォードを食べさせ、約7〜8週齢で完全に母乳から離乳させます。
離乳期間には、ドライフードを人肌程度にお湯でふやかして食べさせると良いでしょう。
2ヶ月齢から歯が生え揃ってきたら、歯の健康のためにも、ふやかさずに食べさせましょう。

・具体的なフード切り替えの目安

〜生後約4週齢 お皿に温かい仔犬用ミルクを入れて導きます。お皿からミルクをぺろぺろ舐めることができるようになったら、半固形の離乳食が開始できます。
生後約4〜6週齢 仔犬用ドライフードを温めたミルクやぬるま湯に少量混ぜておかゆ状の離乳食をつくります。2〜3週間かけながら徐々にミルクやぬるま湯の量を減らしていきます。
※湿らせたフードは、品質保持の観点から、長期間放置しないように注意する。
生後約6〜7週齢 仔犬に数本乳歯が生えてきたら、徐々にドライの硬いままのフードを混ぜて慣れさせていきます。
生後約8週齢 完全離乳

check
仔犬への食餌お与え方のポイント

  • 離乳からの食餌の回数は、4ヶ月齢までは1日3回。4ヶ月齢以降は2回を目安にしてください。(1日1回はだめ)
  • 朝晩の食餌の時間はできるだけ同じとし、きちんと毎日決めておきましょう。
  • 食餌以外の時にも新鮮な水は忘れず、与えましょう。
  • フードの切り替えは4〜7日ほどかけてゆっくりと行いましょう。

仔犬と成犬の必要な栄養素の違い

仔犬は生後数ヶ月の間に急成長するので、必要とする栄養が成犬とは異なっています。同じ犬種であれば、成長期の仔犬には成犬が必要とするエネルギーの約2倍のエネルギーが必要です。高エネルギーで栄養価の高い、バランスのとれた仔犬用プレミアム・ドッグフードを与えましょう。また、成犬時の体格は遺伝により決定されているものであって、仔犬の時の食事の量で決まるものではありません。どの犬種でも仔犬を過剰に成長させることが目的ではなく、通常の速度で成長させることが目的だということを念頭において給与しましょう。仔犬のドッグフードについてもお気軽に当院にご相談ください

check
仔犬への栄養補給のポイント

    • 犬種サイズによって必要な栄養は異なります。大型犬と超大型犬の仔犬には、脂肪およびカルシウム:リンのバランスがとれた食事を心がけましょう。(発育に伴う骨の病気にかかるのを防ぐためです。カルシウムの粉だけ与えてもダメです。決してそのようなことはしないように)
    • 仔犬用フードから成犬用フードへの切り替えタイミミングの目安
    • 仔犬の成長期の初期では食事の給与量も多いのですが成長に応じて減ってきます。
    • 生後6ヶ月齢以降に関しては、急速に成長する時期から、ゆっくりとした成長期になります。それにともない食事の量も減ってきます。成長に必要なエネルギーが少なくなることで、栄養要求が減ってきてることが原因の1つと考えられます。現在の月齢および体重に合わせてパッケージの裏面の給与表を参考に給与量を調節しましょう。(裏面に給与表の目安がなきいようなフードは問題外です。)

参照:仔犬用フードから成犬用フードへの切り替え時期の目安(フードにより違う)

犬種サイズ 成犬時体重 仔犬→成犬
小型犬 〜10kg 10ヶ月〜12ヶ月
中型犬 10〜23lg 12ヶ月
大型犬 23kg〜40kg 12ヶ月〜18ヶ月
超大型犬 40kg〜 18ヶ月〜24ヶ月

仔犬の成長期における乳歯のはえかわり

約3ヶ月齢頃から6ヶ月齢頃にかけて、ほとんどの仔犬は乳歯が生えかわります。(抜けかわり時期には乳歯が落ちたりすることもあります。)この時期は仔犬の口や歯肉・歯茎はとても敏感で、食事の際に少し痛みをともなったりします。
しかし、この時期は特別な治療や対応などは何もできないので、食欲がない、食べたがらないなどの様子があったとしても歯の生え変わりと共に状況は改善されます。

仔犬が突然フードを食べなくなったら?

仔犬にも自我が芽生えています。そんなときは、きちんと食事をとり、家族に従うようにしつけをしましょう。もしhテーブルの残り物を欲しがったとしても、優しい声の調子で根気強くドックフード勧めてみてあげてください。仔犬の要求通りにしたがってしまうと、食事のわがままを増長してしまう可能性があります。結果として、偏食のあるワンちゃんにしてしまうことにもなりかねません。

フードへ他の食べ物を混ぜること

高品質のプレミアムフードには、必要な栄養がか過不足なく含まれています。バランスのとれたプレミアムフードなら、お肉や野菜を混ぜたり、サプリメントを加える必要はありません。いろいろな食べものを追加すると、かえってフードの微妙な栄養バランスが崩れてしまいます。

おやつの与え方

おやつもライフステージやライフスタイルに応じた栄養バランスの良いものを選びましょう。また、おやつの与えすぎによって、太ってしまったり、必要な食事を食べなくなったりすることがありますので、注意が必要です。量は、一日の必要摂取カロリーの10〜15パーセント以内までにしましょう。また、与えたおやつのカロリー分の食事量を調節してあげる必要があります。