犬混合ワクチン

そもそもワクチンって何?

ワクチンとは病原菌やウイルスによる感染症を予防するために、病原体を無毒化または弱毒化したものを注射したり飲ませたりし、感染症への抗体(感染症という敵に対して防御する体の働き)を作ることで、感染症に対する免疫力をつけるためのものです。人だとインフルエンザワクチンなどが有名ですね。病気になってから治療するのではなく、病気にならないようにしたり、仮に病気になっても症状を軽くする効果があります。

混合ワクチンは狂犬病ワクチンと違って任意ですが、すべてのワンちゃんに接種するよう推奨されているコアワクチン(「死に至る怖い病気である」「広く流行している」「人と動物の共通感染症であり人の健康を脅かす」などの理由)とノンコアワクチン(地域や飼育環境に合わせて接種するワクチン)の組み合わせで構成されており、5種、6種、8種、9種、10種など予防できる病気の組み合わせで様々なものがあります。

犬のワクチン.com

コアワクチン ノンコアワクチン
ジステンパーウイルス犬伝染性肝炎(アデノウイルス1型)犬伝染性喉頭気管炎(アデノウイルス2型)パルボウイルス感染症(2型)、狂犬病ウイルス パラインフルエンザウイルスコロナウイルスレプトスピラ症※1

※1:人と動物の共通感染症、レプトスピラはネズミの尿から感染し、人にうつることもある西日本を中心とした怖い病気ですが、最近東日本でも見られるようになってきています。

犬混合ワクチンデジタルワクチン証明書※当院では2019年より紙の証明書だけでなく、デジタル混合ワクチン予防注射証明書も無料発行しております。当院で混合ワクチン予防注射を接種された方はマイページからログインしていつでも最新の混合ワクチン予防注射接種日や次回接種予定日をご確認いただけます。詳しくは当院受付にてお尋ね下さい。

video_library
ワクチン接種を動画で学ぼう

壱岐動物病院併設ペット美容室・ペットホテルBOW-MEOWでは店内感染防止の為、5種混合ワクチン以上未接種のワンちゃんをペットホテル、ペット美容室で受け入れることはありません。

help_outline
日本の混合ワクチン接種率はどれくらいですか?
日本のワクチン接種率は欧米に比べ非常に低いのが現状です。実は、まだまだ動物の健康に対して発展途上国と言ったレベルなのです。壱岐はこのデータよりまだ低い状況です。一旦どこかから伝染病に入り込まれると一挙に広がります。2017年の猫パルボウイルスの大流行がいい例です。定期的な追加接種や抗体チェックはかかせません。

犬猫混合ワクチン日本国内普及率
犬猫混合ワクチン日本国内普及率

report_problem
ワクチン接種後の注意事項

混合ワクチンパンフレット
ワクチンリーフレットダウンロード□ワクチンを接種してから2〜3日は安静を心がけ、激しい運動やシャンプーなどは避けてください。


□接種後、元気や食欲がなくなったり、軽い発熱があったり、便が柔らかくなることがありますが、数日で回復します。
□まれに高熱、嘔吐、下痢、けれん、唇や眼の腫れ、かゆみ、じんましん、などの副反応が見られることがあります。このような場合はすぐに当院にご連絡ください。
□非常に稀ですが、アナフィラキシーが起こる(1万回中7.2回:発生率0.07%[2])ことがあります。これは接種後5分以内に半数が起こり、ほとんどが60分以内に起こることが多いものです[2]。ご心配であれば院内もしくは駐車場で接種後1時間ほどお待ちください。
□当院は24時間対応病院ではありませんので、ワクチン接種はできるだけ午前中にされることをお勧めします。
□特に生後1年目でワクチン接種がきちんと終わっていない段階で、ワクチン未摂取や病気のワンちゃんに近づいたり(人間のご家族も)、多くの動物が集まるような公園やドッグラン、ペット美容室へは連れて行かない方が無難です。また長距離移動も避けましょう。

help_outline
ワクチンの副反応はどれくらいの確率ですか?
海外のデータですが、犬のワクチンの副反応(非特異的ワクチン反応、アレルギー反応、じんましん、またはアナフィラキシー)発現率は1万回中38.2回(0.38%)と報告されています。また、体重が重いほど副反応はでにくくなります[1]。(追記)その後、日本でのデータを見つけました。その論文だと有害副反応発生率は1万回中62.7回(0.63%)と報告されています。やや海外の報告より高い結果になっています。また1件死亡例(発生率0.0017%)も報告されています。[2]
ちなみに日本で人が1年間で交通事故にあう確率は0.9%ほどです。

抗体検査ワクチチェック

壱岐動物病院ではジズテンパー・アデノウイルス感染症(犬伝染性肝炎犬伝染性喉頭気管炎)・犬パルボウイルスのIgG抗体検査ワクチチェックも可能です。抗体検査は、体内に今現在どれくらいの抗体(病気と戦う力)が残っているかを調べる検査です。この検査の結果によりワクチン接種の間隔を空けることが可能になることもあります。

推奨1:仔犬の3回目のワクチン後4週間以降での確認

まず、ワクチチェックが推奨されるのは、仔犬の1年目のワクチンプログラム終了後にきちんとワクチンが効いていのかを確かめる場合です。中にはワクチンを3回接種しても効かないノンレスポンダーという特異体質のワンちゃんがいます。この検査ではこのノンレスポンダーを見つけることができます。また、1年目の最終接種時期が早すぎると十分にワクチンが効果を発揮していない危険な状態であることがります。必ず1年目の最後の接種は16週齢以降に行う必要があります[3]

推奨2:追加接種時での確認

ワクチン接種の回数や追加時期は実はどれが絶対正解ということはないのです。ワクチンの種類やメーカー、飼育環境などにより違います。今までは1年に1回の追加接種が推奨されてきました。しかし、実際はその子、その子で違うというのが正直なところです。そこでワクチチェックができるようになり、どの程度抗体が残っているかを調べて、少なくなってきていたら追加接種をするというのが理にかなった一つのやりかたです。
但し、判断が難しいのは、抗体検査した時点の結果は検査でわかりますが、その抗体がいつまで病気を予防できるレベルにあるかはわかりません。明日すぐに切れることはないと思いますが、1ヶ月後も病気を予防できるレベルにあるのか? 半年後なのか?3年後なのか? それは誰にも分からないし、その子、その子で違います。

library_books
参考文献・資料等
  1. Adverse events diagnosed within three days of vaccine administration in dogs.
  2. Large-scale survey of adverse reactions to canine non-rabies combined vaccines in Japan.
  3. 犬パルボワクチンの抗体応答が見られなかった2症例


<1>.