犬混合ワクチン

混合ワクチンは狂犬病ワクチンと違って任意ですが、すべてのワンちゃんに接種するよう推奨されているコアワクチン(「死に至る怖い病気である」「広く流行している」「人と動物の共通感染症であり人の健康を脅かす」などの理由)とノンコアワクチン(地域や飼育環境に合わせて接種するワクチン)の組み合わせで構成されており、5種、6種、8種、9種、10種など予防できる病気の組み合わせで様々なものがあります。

コアワクチン ノンコアワクチン
ジステンパーウイルス犬伝染性肝炎(アデノウイルス1型)犬伝染性喉頭気管炎(アデノウイルス2型)パルボウイルス感染症(2型)、狂犬病ウイルス パラインフルエンザウイルスコロナウイルスレプトスピラ症※1

※1:人と動物の共通感染症、レプトスピラはネズミの尿から感染し、人にうつることもある西日本を中心とした怖い病気ですが、最近東日本でも見られるようになってきています。

video_library
ワクチン接種を動画で学ぼう

壱岐動物病院併設ペット美容室・ペットホテルBOW-MEOWでは店内感染防止の為、5種混合ワクチン以上未接種のワンちゃんをペットホテル、ペット美容室で受け入れることはありません。

report_problem
ワクチン接種後の注意事項

□ワクチンを接種してから2〜3日は安静を心がけ、激しい運動やシャンプーなどは避けてください。
□接種後、元気や食欲がなくなったり、軽い発熱があったり、便が柔らかくなることがありますが、数日で回復します。
□まれに高熱、嘔吐、下痢、けれん、唇や眼の腫れ、かゆみなどの異常が見られることがあります。このような場合はすぐに当院にご連絡ください。

抗体検査ワクチチェック

壱岐動物病院ではジズテンパー・アデノウイルス感染症(犬伝染性肝炎犬伝染性喉頭気管炎)・犬パルボウイルスのIgG抗体検査ワクチチェックも可能です。抗体検査は、体内に今現在どれくらいの抗体(病気と戦う力)が残っているかを調べる検査です。この検査の結果によりワクチン接種の間隔を空けることが可能になることもあります。

推奨1:仔犬の3回目のワクチン後4週間以降での確認

まず、ワクチチェックが推奨されるのは、仔犬の1年目のワクチンプログラム終了後にきちんとワクチンが効いていのかを確かめる場合です。中にはワクチンを3回接種しても効かないノンレスポンダーという特異体質のワンちゃんがいます。この検査ではこのノンレスポンダーを見つけることができます。

推奨2:追加接種時での確認

ワクチン接種の回数や追加時期は実はどれが絶対正解ということはないのです。ワクチンの種類やメーカー、飼育環境などにより違います。今までは1年に1回の追加接種が推奨されてきました。しかし、実際はその子、その子で違うというのが正直なところです。そこでワクチチェックができるようになり、どの程度抗体が残っているかを調べて、少なくなってきていたら追加接種をするというのが理にかなった一つのやりかたです。