お風呂の入れ方(猫編)

・体が汚れたり、臭うなら”ぬるま湯”で

あまり頻繁にお風呂に入れると、皮膚や毛が乾燥しすぎてしまいます。シャンプー必ずペット用のもの(当院でもペット専用シャンプー・リンスなどを各種販売しております)を使い、汚れれたり、臭うようならお風呂に入れてあげましょう。但し、はじめてのお風呂は生後3ヶ月程度からがお薦めです。子猫は体温調節ができないため、体温が奪われてしまい、命に係わる場合がありますので、安易にお風呂に入れるべきではありません。

また、仔猫のときから少なくとも数ヶ月に1回はトリミングサロンで、きちんとプロのトリマーにシャンプーなどをしてもうらうことが重要です。プロのケアーを受けると皮膚被毛の状態が全然違います。但し、きちんと知識と技術を持ち、猫をトリミングしてくれるサロンは少ないので事前に確認しましょう。成猫になってからはじめてのシャンプーでは難しいことがあるので、仔猫の時からならしておくことがポイントです。

子猫を拾った場合には、ノミやダニが寄生していることがあります。しかし、シャンプーするだけでは不十分です。まずは動物病院で健康状態をチェックし、必要な治療を優先した上で、ノミ・ダニの駆除をしましょう。

check
お風呂のポイント

  • お湯は38度程度のぬるま湯がお勧めです。
  • シャンプー後はしっかりすすぎ、タオルや低音のドライヤーを使って十分に乾かしましょう。
  • 中・長毛種は、毛がもつれないようにクシでとかしながら乾かします。
  • 嫌がるようなら無理にお風呂に入れる必要はありません。
  • 当院併設ペット美容室では猫ちゃんのシャンプーも承っております。