仔猫と一緒に暮らすための基本

・思わぬところに危険がいっぱい?

好奇心旺盛な仔猫の周辺には、人間があまり意識しないところに危険なものがたくさん潜んでいます。
仔猫を飼育しはじめるにあたり、人間の赤ちゃんと住んでいる気持ちで、危険なものがないかどうか視線を下げて周囲を見渡してください。

check
仔犬と一緒に暮らすためのポイント

  • 駐車場やシャッター、玄関ドアなどは常に閉めておく。
  • ストーブなどの熱を発する物には注意する。
  • 電気コード類はカバーなどをする。(仔猫は噛んで感電したりします)
  • 空き缶などはすぐに廃棄し、小さなおもちゃは隠す。(誤飲のもとになります)
  • 紐状(ひも、毛糸、釣り糸など)は、飲み込まないように仔猫の周辺から遠ざけておく。
  • タバコを控える。(タバコは子供やペットに非常に悪影響です)
  • 浴槽には常にフタをし、浴室のドアは必ず閉めておく。
  • 洗剤、台所用品、車の不凍液などの液体は舐めることができないように片付ける。
  • 毒性のある植物は片付ける。特に猫は観葉植物を噛じる習性があるので注意する。
    アイビー、西洋キョウチクトウ、フィロデンドロン類、ディフェンバキア、テッポウユリ、カラジウム、アザレア、シャクナゲ、ツツジ、月桂樹、ユリノキ、ヤドリギなど


▲猫に安全な環境の作り方