仔猫のトイレ

・トイレのしつけはお家に来たその日から!

 トイレのしつけは、お家に迎えたその日からから始めましょう。しかし、間違った場所でオシッコやウンチをしてもいきなり叱ったりするのはやめましょう。そんなことをすれば、恐怖でオシッコやウンチをすることに不安を感じ、隠れてしてしまう可能性も出てくるからです。猫がそわそわしたり、あちこちニオイを嗅ぎ、床をかくしぐさなどを始めたら、トイレのサインかも!トイレに連れて行き中に入れてあげましょう。これを何度か繰り返すうちに大体自然に覚えていきます。犬に比べ、猫ちゃんは比較的早くトイレを覚えてくれます。
 よく「トイレのしつけが駄目です」と相談を受けるのですが、ポイントは焦らないことです。人間の子供だっていきなりできる子もいれば時間がかかる子もいます。猫ちゃんもそれぞれです。トイレトレーニングができない一番の原因はキャットオーナーの「焦り」です。特に仔猫の時期は焦る方が多いのですが、成猫になったらこんな楽しみもないな。。。くらいに考えて、正しいやりかたで根気よく。トイレ以外の場所でオシッコをした時は、その尿を拭きとったトイレットペーパーなどを猫ちゃんのトイレに入れておきましょう。また、逆に排せつした場所にトイレを設置するのもいいでしょう。

・複数のトイレを設置して、お気に入りを選ばせる!

猫に快適なトイレづくりのポイント
猫に快適なトイレづくりのポイント

猫は安全な場所で排泄をします。寝る場所や食べる場所から離れた、静かなところを選んで下さい。特に仲の悪い 猫がいる場合は重要です。また、鏡、窓ガラス、大きな音や振動を出すもの(例:洗濯機)などは猫がトイレを避ける原因となるので注意しましょう

仔猫を入手した場合、可能なら暮らしていたペットショップなどから引き取る時に、今まで使っていたトイレの砂や、砂の代わりに使っていた新聞紙などをもらってきてくるとよいでしょう。 新しいトイレにこれを入れておくと、 慣れ親しんだ匂いが残っているので安心します。

家に来たばかりの仔猫は、様子をしばらく見ていると、 きょろきょろしたり床の匂いをかぎ始めます。そのような時はトイレに行きたいのかもしれませんので、すぐに設置したトイレに連れて行ってあげましょう。きちんとできたらほめてあげることも忘れないでください。

複数の猫ちゃんがいる場合は、それぞれにトイレが必要です。基本は猫ちゃんの頭数+1個のトイレが必要です。例えば2匹の猫ちゃんを飼育していればトイレは3つ、3匹なら4つという具合です。それぞれんのトイレは、離れた場所(例えば別々のフロア)に置きましょう。そして綺麗好きの猫ちゃんのためにトイレはいつも清潔にしておいてくださいね。

check
猫のトイレのポイント

  • 室内の複数箇所(静かな場所)に、砂や新聞紙を敷いたトイレを設置して、最初に排泄した場所を残すようにする。
  • トイレの幅は体調の1.5倍以上のもを使用。
  • 排泄物を隠せるように、好みの猫砂を十分な深さ(2.5〜5cm程度)で用意する。
    トイレの砂について:尿検査をする場合、トイレの砂やペットシーツに染み込んだものは使えません。そのような場合、先にトイレやペットシーツの半分ほどにラップをして、その上にしたオシッコを採取するといいでしょう。(猫ちゃんの場合「ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ」を猫砂として使用されれば、尿検査で確認する多くの項目に影響ないことが確認されていますので、検査が必要な猫ちゃんはこの猫砂を使われてはと思います。)
  • 上手にトイレができきたら褒めてあげることを心がける。
  • トイレ容器は定期的に砂を交換し、ぬるま湯などで洗ったり月1回は日光消毒する。(但し、香りの強い石鹸や洗剤での洗浄は避ける)。
  • 匂いがつきやすいので、プラスチックトイレは1〜2年ごとに取り替える。


▲猫のトイレトレーニングの方法