心電図検査

心電計を使用して心臓の電気的動きを観察し、不整脈の有無や種類を特定する検査です。所要時間が短く、体への負担の少ない検査です。

心電図検査
ECG:electro-cardiogram

・心電図検査はどんな検査?

心臓は微量の電気を周期的に発生していて、その電気が心臓の筋肉(心筋)を伝わることによって、収縮・拡張し、その力で全身に血液を送っています。心電図検査は、その電気の状態をチェックして、心臓が規則正しく動いているか、心筋に傷害がないかどうかを調べる検査です。動物の場合一般的に四肢に電極をつけることによって、心筋を伝わる電気の状態に異常がないかどうかをチェックしています。

・心電図検査で何が分かるの?

失神やふらつき、発作などがある場合、それが心臓に由来し、不整脈に関連するものなのかが分かります。

・主な検査項目と解釈

一般に以下のような場合に行います。
・失神やふらつき、発作などが見られるとき
・心臓病の検査の一部
・手術や麻酔前の検査
・健康診断

心電図検査だけですべての心臓病が分かるというものではありません。レントゲン検査や超音波検査などと合わせて総合的に判断します。

access_time
検査時間

検 査:5分程度
検査結果:院内検査なら数分から15分程度。但し、特殊な波形が記録された場合、専門医の判断を仰ぐこともあります。その場合は日数が必要になります。

warning
注意事項

ー保定を嫌がったり、暴れる場合は検査ができないことがあります。
ー検査前はできるだけ安静を保ってください。