てんかん(癲癇)

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

てんかん(癲癇)とは?

 癲癇(てんかん)とは、発作的に繰り返される全身性の痙攣(けいれん)や意識障害を主な症状とする脳疾患で、繰り返し起こります。犬において最も一般的な発作の原因といわれています。てんかん発作の発症は5歳になるまでみられないこともありますが、一般に6ヶ月〜3歳齢の間に初めて起こることが多いようです(一次性てんかん)。
 犬ではの発症率は0.55〜2.3%ですから100頭に1頭程度、猫では0.3〜1.0%ですので、100頭に1頭以下くらいです。

てんかん(癲癇)の原因

 てんかんは大きく分けて、真性(一次性)てんかん 、症候性(二次性)てんかん、潜因性てんかんの3つに分けられます。
 真性(一次性)てんかんは原因不明で、遺伝的素因が関与するといわれています。これは「特発性てんかん」ともいわれます。「特発性」とは「原因がわからない」という意味です。犬のてんかんのほとんどはこの特発性てんかんです。特にアイリッシュ・セッター、イタリアン・グレーハウンド、イングリッシュ・フォックスハウンド、キースホンド、シェットランド・シープドッグ、シベリアン・ハスキー、ジャーマン・シェパード・ドッグ、トイ・プードル、パグ、ビーグル、ボストン・テリア、ポメラニアン、ミニチュア・ダックスフンド、ラブラドール・レトリバー、テリア系犬種(特にボストン・テリア、レークランド・テリア)、レトリバー系犬種は特発性てんかんの遺伝的な要素を持っていることが知られています[2]
 症候性(二次性)てんかんの原因は、脳腫瘍、脳炎、水頭症、外傷による脳障害など脳疾患の経過中起こるとされています。
 潜因性てんかんは、症候性てんかんが疑われるものの、各種検査上明らかな異常が認められず真性てんかんに見えるものとされています。

てんかん(癲癇)の症状

 発作には全身性の発作(大発作)と軽度な発作で意識が消失しないもの(小発作、部分発作)があります。発作の前兆としてみられる症状と発作の症状には次のようなものがみられます。
  • 不安で落ち着きがない
  • 流延(よだれが出る)
  • 口をくちゃくちゃさせる(チューインガム発作)
  • 手足や顔面等の一部に痙攣を起こす
  • 全身痙攣を起こす
  • 意識消失
  • 後弓反張(後ろにのけぞる)
  • 遊泳運動(手足を無意識にバタバタさせる)
  • 一定の所で自分の尾を追いかけてくるくる回る(テイルチェイシング)

発作中には、尿や便をもらしてしまうこともあります。発作が起きると一時的に意識がなくなることもありますが、通常は数秒〜数分で終わり、その後は何事もなかった様に過ごします(ここがポイントです)。

重度の場合は短い間隔で何度も発作を繰り返したり、長く続く発作(重積)となる事があり、これは大変危険ですので、すぐに当院にご連絡頂くか、獣医師の診察を受けてください。

てんかん(癲癇)の診断/検査

てんかんを診断するための専用の検査というのはありません。てんかんという病気の重要な定義は「発作」が繰り返し起きることです。1回だけの発作でてんかんを疑うことはできますが、それだけで、てんかんの診断はできません。てんかんを診断するためには、てんかん以外の病気を除外するためにいろいろな検査を行う必要があります(除外診断)。

国際獣医てんかん特別委員会(IVETF)てんかん問診票
※てんかんかな?と思った方は上記問診票にご記入いただき、ご来院下さい。てんかん診断の助けになります。

国際的なガイドラインでは、まず、第1段階として問診で病歴として、
・24時間以上あけて2回以上のてんかん発作起こしたか?
・初めててんかん発作を起こした年齢が6ヶ月から6歳までの間か?
(6ヶ月以前であれば先天的な異常が、6歳を超えてくるとてんかんだけでなく、脳腫瘍など他の発作原因も考慮する必要があります)
・発作が起こっていない時には他に問題がないか?
を確認し、一般身体検査、神経学的検査、血液検査血液化学検査尿検査糞便検査などを行います。

次に、第2段階として、上記第1段階の検査で特筆すべき異常が見られなかったら、食前食後の胆汁酸測定を行い、脳脊髄液検査、脳CTあるいは脳MRI検査を行います。

そして第3段階として脳波検査を行う必要があり、これにより「てんかん」が診断されますが、獣医療領域では脳波検査は一般的でなく、できる施設も限られていて、通常は費用や設備の問題からすべてを行う前に仮診断でてんかんの治療が行われることがほとんどです。

てんかん(癲癇)の治療

 てんかんの原因が分かる場合には、その治療を行ないます。また、てんかんに対しては抗てんかん薬の投与により発作を抑えることができます。注意して頂きたいのは、抗てんかん薬はてんかんを治すための薬ではなく、発作を起こりにくくするための薬です。薬の投与回数や量などは発作の頻度や状態などによって異なります。また、抗てんかん薬にはいくつかの種類があり、効果を見ながら量や種類を調整する必要もあります。時にはすべての抗てんかん薬でも効果がない場合があります。

注意:多くの抗てんかん薬は催奇形が報告されているので、妊婦さんやこれから妊娠を考えている方は扱わないようにしてください。また、投与している動物のオシッコはペットシーツにしみこませて処分するようにしてください。

2019年6月より特発性てんかんの栄養管理をサポートする専用ドッグフードが国内でも発売されました。

▲上記のてんかん用療法食は当院でも処方可能です。当院での診察・診断・処方後オンラインでのご購入となります。詳しくは当院にお尋ね下さい。

てんかん(癲癇)の予防

 原因不明のてんかん発作の発症を完全に防ぐことは難しいと思われます。そのため、発作の回数の減少や発作の持続時間の短縮、発作の程度を軽減することを目的として、抗てんかん薬でコントロールしていきます。
 反復(繰り返し起こる)するてんかん発作は、脳の損傷が蓄積されて、発作を重ねるごとに重症化する傾向がありますので、けいれんを起こした場合は早急に当院にご相談頂くか、獣医師の診察を必ず受けてください。発作が3ヶ月に1回以下にコントロールできれば寿命に影響はないとする報告がりますのでまずは診察を受けることが重要です。

てんかん(癲癇)の看護/その他

てんかんを持っていると認知症が発症しやすいとの報告があります。

抗てんかん薬の投薬を行っている場合、発作が現れなくなっても、独断で投薬を中止しないようにしましょう。投薬期間や投薬時間、投薬量などをきちんと守ることが重要となります。勝手に薬を止めると症状が悪化する可能性がります。通常、抗てんかん薬は生涯飲ませなければなりません。

抗てんかん薬でコントロールができている状態(目標は1ヶ月以上てんかん発作が起こらない状態をキープできるかどうか)であれば予後は良好となりますが、重積発作が続くような状態の場合は予後が不良となることがあります。

てんかん発作は、ストレスなどの精神的な問題、天候などの周囲の環境が引き金となって発生することもあるといわれます。ストレスなど負担をかけないよう生活することも大切です。

てんかん発作の種類を見分ける重要な点は、発作中に意識があるかどうか?、全身のけいれんを起こしているのかどうか?の2点です。また、発作が起こった場合以下のような事柄を記録しておいていただけると診断や治療の助けになります。

  • 発作は何月何日何時何分頃はじまり、何時何分頃終わったか?(または何分くらい続いたか?)
  • 発作を起こした時は何をしていたか? 発作を起こす前に普段と変わった行動をとったか?
  • 発作中は意識はあったか?(声をかけて動物が反応するか観察する)
  • 発作の後はどうなったか?
  • 回復するのに何分くらいかかったか?
    ※余裕があれば発作の状況をスマートフォーンなどで動画を撮影して見せてもらえると診断に役立ちます。

 次のような場合は早急に当院にご連絡いただくか、獣医師の診察を受けてください。
 ▷群発発作:24時間以内に2回以上の全身性痙攣発作が起こる。
 ▷てんかん重積:”休み”なく2回以上の発作が起こる、または1回の発作が5分以上続く。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したらてんかん(癲癇)になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. International Veterinary Epilepsy Task Force Consensus Reports
  2. International Veterinary Epilepsy Task Force’s current understanding of idiopathic epilepsy of genetic or suspected genetic origin in purebred dogs
  3. 伴侶動物治療指針 Vol.7; 154-158:犬の特発性てんかんに対するゾニサミド療法
  4. 犬の内科診療 Part1; 473-478:てんかん重積
  5. 猫の臨床指針 Vol.3; 196-201:てんかん
  6. 特発性てんかん


<1>.原発性てんかんが疑われた猫の治療および長期的なフォロー・アップ
<2>.特発性てんかんの犬における必須脂肪酸補給の効果: 臨床的試み
<3>.癲癇重積状態の後にクリューバー・ビューシー症候群様の行動と辺縁系の両側性壊死を示した犬(2005)
<4>.フェノバルビタール治療を行った癲癇犬の血清中アルカリフォスファターゼ分画プロファイル
<5>.犬の難治性特発性てんかんに対するゾニサミド療法に関する前向き研究
<6>.発作を起こした小動物患者に対する緊急処置
<7>.犬のてんかんの薬物的管理
<8>.犬の難治性特発性てんかんに対するゾニサミド治療
<9>.健康なビーグルに対する臭化カリウムの高用量経口投与後における臭化物の薬物動態学および毒性
<10>.猫の発作の管理について

この記事を書いた人

福山達也