ノミ・ダニ予防(猫編)

ノミ・マダニの予防はノミ・マダニの媒介する様々な病気の予防にもつながります。

assignment_late
ノミについて

ノミは寄生している猫ちゃんを飼育しているあらゆる場所に見られます。室内飼育だからといって安心はできません。さなぎから孵化した成虫はすぐに宿主となる動物を探します。また、一度宿主に寄生すると、ほとんどの場合移動することはありません。
ノミの寄生は、ノミアレルギー性皮膚炎の原因になったり、瓜実条虫を媒介したりします。また、大量のノミに吸血された動物は貧血を起こしてしまうこともあります。

assignment_late
マダニについて

マダニは道端の植え込みや山や林、公園内に自生している草木の葉の先端などから外出中の猫ちゃんが発する二酸化炭素や振動や体温などに反応して猫ちゃんめがけて跳びつき皮毛に潜り込んで吸血します。また、マダニは重症熱性血小板減少症候群(SFTS)やライム病を媒介したり、大量に寄生すると貧血を起こしたりします。
寄生しているマダニを見つけた場合に無理に引っ張ると、顎体部だけが残りその部分に皮膚炎などを起こすことがありますので、動物病院で適切に処置をしましょう。

bug_report
ノミ・ダニをきちんと予防はしていますか?

猫ちゃんの外出にはノミ・ダニに遭遇する機会が多くあります。ノミ・ダニの予防または駆虫をせずにノミ・ダニが付着したままお家に帰ってしまうと猫ちゃんに様々な被害を及ぼします。普段から動物病院で処方されるきちんとしたノミ・ダニの駆虫薬を使用することをお勧めいたします。駆虫薬には様々な種類があり、それぞれ効能が違っています。ノミ・ダニだけに効く駆虫薬、ノミ・ダニ以外の寄生虫にも効く駆虫薬等の他に駆虫薬によっては投与の仕方や効果のある期間も違ってきます。

local_hospital
ノミ・ダニに困ったら

ノミ・ダニの駆除を一度したからといってもう終わりではありません。猫ちゃんの生活環境にはまだノミ・ダニやその卵や幼虫などが潜んでいる場合もありますし、外出をした時に新たにノミ・ダニに寄生されてくる場合もあります。そして駆虫薬には効果のある期間があります。一度駆虫したあとでも継続して予防し続けることが猫ちゃんや我々人間の為にも必要です。
ノミ・ダニの被害または駆虫方法に困ったらお気軽に当院までご相談下さい。

お電話でのご相談はこちらから

phone_in_talk
0920-47-6767