会陰ヘルニア

会陰ヘルニアとは?

会陰ヘルニア(えいんへるにあ)は、肛門の周囲の会陰部にある筋肉の間に隙間ができ、そこから膀胱や腸、脂肪などお腹の臓器が出てしまう病気です。肛門をはさんで左右両側性に発生することが多いのですが、右か左の片側のみに発生する場合もあります。
会陰ヘルニアは5歳以上の未去勢のオス犬に多く見られるとされています。

会陰ヘルニアの原因

会陰ヘルニアの原因は、骨盤隔壁の脆弱化(会陰部の筋肉が薄く、弱くなること)です。この脆弱化には男性ホルモンの影響や腹圧の上昇、筋力の低下を引き起こすような病気などが関係していると考えられていますが、詳細は不明です。

会陰ヘルニアの症状

肛門の周囲が膨らみます。症状はその膨らみにどの臓器が出るかによって変わります。腸が飛び出した場合には、便秘やしぶりなど排便困難が見られ、膀胱が飛び出した場合には、膀胱が反転するため尿が出にくくなるといった排尿障害が見られます。

会陰ヘルニアの診断/検査

問診、一般的な身体検査(触診、視診)などを行い。必要に応じてヘルニアの何かにどんな臓器が入っているかを確かめるために、レントゲン検査、造影レントゲン検査、超音波検査などを行います。
全身状態を把握するために各種血液検査、尿検査などを行うこともあります。

会陰ヘルニアの治療

会陰ヘルニアの治療は、外科手術を行います。飛び出した臓器を元の状態に戻し、筋肉の隙間をふさぎます。
また、男性ホルモンとの関係示唆されるので、去勢していない場合は再発防止のためにも同時に去勢手術を行うことが勧められてます。

会陰ヘルニアの予防

会陰ヘルニアは、去勢手術で発生率が低下することが分かっています。
また、吠えることで腹圧が高くなって会陰部に圧力がかかり、会陰ヘルニアが起こりやすくなるため、無駄吠えをさせないようにしつけることも重要です。

会陰ヘルニアの看護/その他

肛門の周囲に異常な膨らみがあれば、会陰ヘルニアの可能性があります。早めに動物病院を受診して診察を受けましょう。