犬を飼い始めたら

ワンちゃんとの生活は人生に潤いを与えてくれる素晴らしものです。大切なのは「ドックオーナーが楽しく、ワンちゃんが幸せで、周囲の人に迷惑をかけない」ことです。そのためには、きちんとした飼育法を身に着けて家族みんなでドッグライフを楽しむことです。あなたの愛犬が素敵な家族の一員になるようにしっかり育てていきましょう。

まずはお家の環境に慣れさせる


filter_1
構いすぎない!

ペットショップや知人、保健所などから入手したにしろ、拾ったにしろ、飼い始めた直後は嬉しかったり、心配だったりで構い過ぎてしまう傾向にあると感じます。小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では構い過ぎでワンちゃんにかなりのストレスがかかることがあります。特に仔犬の場合、飼い始めてしばらくの間は環境が変わり、精神的・肉体的ストレスが重なって最も体調を崩しやすい時期です。飼育開始1〜2週間が最もストレスがかかると言われています。この時期体調を崩してニューオーナー・シンドロームという病態になり、食欲不振、嘔吐、下痢、低血糖などで命さえ落としてしまうことがあります。
ワンちゃんを迎えてしばらくは、環境に慣れさせることを第一に考えて、寝ている時は邪魔をせず寝かせてあげ、起きてる時は目一杯一緒に遊んであげましょう(特に小さなお子さんのいらっしゃる家庭では子供さんにこの話をして上げてください)。

トイレのしつけはお家に来たその日から

filter_2
焦らない!

トイレのしつけは、お家に迎えたその日からから始めましょう。しかし、間違った場所でオシッコやウンチをしてもいきなり叱ったりするのはやめましょう。そんなことをすれば、恐怖でオシッコやウンチをすることに不安を感じ、隠れてしてしまう可能性も出てくるからです。まずはトイレを設置する時に、トイレシーツにその仔犬の排せつ物のニオイをつけておくといいでしょう。そしてワンちゃんをよく観察し、起きたらすぐにトイレへ連れていってあげましょう。特に仔犬は、人が抱いていくよりも歩いて向かうように、誘導した方が早くトイレの場所を覚えます。仔犬がトイレの場所をきちんと覚えるまでは、根気よくあなたが誘導してあげましょう。どうしてもみておけない時は、サークルなどを利用し、全体にペットシーツを敷き詰めておく方法もあります。
よく「トイレのしつけが駄目です」と相談を受けるのですが、ポイントは焦らないことです。人間の子供だっていきなりできる子もいれば時間がかかる子もいます。ワンちゃんもそれぞれです。トイレトレージングができない一番の原因はドッグオーナーの「焦り」です。特に仔犬の時期は焦る方が多いのですが、成犬になったらこんな楽しみもないな。。。くらいに考えて、正しいやりかたで根気よく。

ドックフードはどれも同じではありません

filter_3
適当に選ばない!

毎日食べるものだからドックフードは大切です。ドックオーナーさんたちをみているとフードに無頓着な方もまだまだ見られます。ドッグフードはどれも同じではありません。きちんと月齢や年齢にあわせた「総合栄養食(栄養学的にはドッグフードと新鮮な水だけで足りる)と表示があるものを与えましょう。
ドッグフードにはさまざまなものがありますが、安売り店などを避け、栄養バランスや品質など信頼できるメーカーのものを選びましょう。ドライフードは、貯蔵中に品質の変質が起こるので、買いだめせずに直射日光や高温多湿をさけて保管して、早めに与えるようにしましょう(大きくても1ヶ月くらいで食べ切れるくらいの袋を買うのが目安です)。

おやつなどを与えるのは悪いことではありませんが、量と質には配慮しましょう。与えるとしても一日に与える食事全体のカロリー量の10%未満までが目安です。

まずは動物病院で健康診断

filter_4
健康な時にこそ動物病院に行く!

ワンちゃんを飼いはじめたら、なるべく早く動物病院へ連れていき健康診断を受けましょう。特に仔犬はまだ病気への免疫ができていません。安全のため、キャリーバッグなどに入れ、他の動物と接触しない状態で行くべきです。
ワンんちゃんに多い伝染病は混合ワクチン接種で予防できます。仔犬の混合ワクチン接種は生後6〜8週齢頃から複数回行います。成犬になってからも、定期的な予防接種が必要です。また、他にもフィラリア予防、ノミ・ダニ予防も、愛犬の命を守るために必ず行いましょう。
時々、今まで動物病院に行ったことがないなんて自慢する人がいますが、明らかに「私は犬の飼い方を知らないです!」と吹聴しているようなものです。周囲の愛犬家の目線がきついのに本人は気づいていないようです。。。。

link
関連外部リンク