肛門嚢炎/肛門嚢破裂

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

肛門嚢炎/肛門嚢破裂とは?

肛門嚢
肛門嚢

肛門嚢(こうもんのう)とは犬や猫の肛門の左右にある一対の袋状の器官です。その中にはイタチやスカンクのように独特の悪臭を放つ液体もしくはペースト状の貯留物が入っています。この貯留物は、排便時に肛門が圧迫された時や恐怖を感じた時、また、犬が肛門部を舐めることによっても排泄されます。この肛門嚢(腺)が何らかの原因で炎症を起こしてしまうことを肛門嚢(腺)炎といい、破裂して破れてしまうことを肛門嚢破裂といいます。

犬で多く発症する病気で、ミニチュア・プードル、トイ・プードル、チワワなど小型の室内犬に多い疾患です。猫でも稀にみられます。

肛門嚢炎/肛門嚢破裂の原因

肛門嚢は肛門を時計盤の中心とすると、4時と8時の位置に開口し、排便時に貯留物を排出しています。その開口部が炎症などなんらかの原因で閉塞してしまったり、貯留物を排出する力が弱い場合などに貯留物が溜まり過ぎてしまい、さらに細菌感染が生じることで肛門嚢(腺)炎が発症します。

肛門嚢炎/肛門嚢破裂の症状

多くの場合、肛門周辺に不快感を覚え、肛門を舐めたり、咬んだり、肛門を床に擦りつけたり、自分の尾を追いかけるなどの症状を示します。肛門嚢炎が進行すると嚢内が化膿し、肛門付近の皮膚が破れて穴が空き、膿が出たり、出血してしまう場合もあります。

肛門嚢炎/肛門嚢破裂の診断/検査

診断は通常視診により行いますが、細菌培養などが必要なこともあります。

肛門嚢炎/肛門嚢破裂の治療

軽症の場合、肛門嚢を絞って溜まりすぎている貯留物を排出させます。炎症がひどい場合や化膿が起こっている場合には抗生物質などの薬(外用薬・内用薬)の投与を行いますが、皮膚が破けてしまっている場合には消毒や外科的な縫合が必要な場合もあります。

再発が続く場合、肛門嚢自体を外科的手術によって摘出することもあります。

肛門嚢炎/肛門嚢破裂の予防

定期的に肛門嚢を絞ることが一番の予防です。シャンプーやトリミングの際、定期的に絞りましょう(肛門腺を絞るのは、1ヶ月に1回程度が目安です)。絞り方には少しコツがいりますので、上手く絞れない時には、トリミングサロンにお願いするか、絞り方を教えてもらいましょう。通常、定期的にトリミングサロンでトリミングをしている場合はトリマーさんが絞ってくれています。欧米では若い頃に肛門嚢を切除する手術が一般に行われています。

以下のビデオは英語ですが、肛門腺の絞り方の参考になるかと思います。ご自身で絞るときは、肛門腺の液はものすごい臭いです。必ず使い捨てグローブなどをして絞ることをお勧めします。

肛門嚢炎/肛門嚢破裂の看護/その他

肛門を舐めたり、咬んだり、肛門を床に擦りつけたり、自分の尾を追いかけるなど肛門を気にするような仕草をする場合には、早めに当院にご相談ください。

肛門嚢の分泌物は通常、自力である程度排泄することが可能ですが、下痢や便秘などの体調不良、ストレス、加齢による代謝変化、肥満などの要因が分泌物の性状変化や排泄不良を起こすことがありますので、これらに注意しましょう。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したら肛門嚢炎/肛門嚢破裂になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>.犬に生じた多発性肛門周囲漏斗状濾胞性嚢胞
<2>犬における両側閉鎖式肛門嚢摘出術の術後合併症に対する危険因子
<3>正常犬および特定の皮膚疾患の犬の肛門嚢内容物の肉眼的、細胞学的、および細菌学的評価

この記事を書いた人

福山達也