Ca:カルシウム

Caとは?

カルシウム(Ca)は骨や歯などの構成成分である他、神経刺激の伝達、筋肉の収縮、血液の凝固などに関与する重要なミネラルの一つです。

体内のカルシウム濃度は、上皮小体ホルモン(PTH)、甲状腺の傍濾胞細胞(ぼうろほうさいぼう)から分泌されるカルシトニンなどのホルモンの影響をうけ、調節されています。

参考基準値(富士ドライケム)
単位
9.3〜12.1 8.8〜11.9 mg/dL

※こちらの基準値は当院で使用しております。富士ドライケムの参考基準値です。他の測定器や外注検査では異なりますので、ご注意ください。

Caが高値↑のときは?

上皮小体機能亢進症、副腎皮質機能低下症などの内分泌疾患や慢性腎臓病[犬・猫]、ビタミンD過剰症、骨溶解病変、肉芽腫性病変、一部の腫瘍性疾患(リンパ腫や肛門嚢腺癌など)のときにはCa値が高くなり、高カルシウム血症になります。また、高脂血症があると数値が高めに出たり、猫では特発性といって原因不明の高カルシム血症が起こったりすることもあります。もちろん、検査エラーで起こることもあります。

アメリカでは高カルシウム血症の原因を覚えるのに、頭文字を取って、ハードイオンズGと覚えます。

犬の場合、原因として多いのは腫瘍、上皮小体機能亢進症、慢性腎臓病、副腎皮質機能低下症で、猫で多いのは、特発性、腫瘍、慢性腎臓病だと言われます。犬も猫も腫瘍により高カルシウム血症になることが比較的多いとされていますので、Ca値が高値を示した場合は、レントゲン検査や超音波検査などを行い腫瘍がないか精査する必要があります。

※ご家庭ではビタミンDを含むサプリメントを飲ませていたり、ビタミンDを含んだ軟膏を使用してないか確認してください。

Caが低値↓のときは?

食事からの摂取不足、吸収不良、腎不全、上皮小体機能低下症などの内分泌疾患などによりCa値が低くなり、低カリウム血症になります。


血液検査・血液化学検査に関する注意点

  • 検査の結果が「基準値」から外れていても必ずしも異常を示すものではありません。他の検査項目や症状などと見比べる必要があります。詳しい結果の解釈につきましては、その都度お話いたします。
  • 当院ではセカンドオピニオンのためにも必ず検査データをお渡しします。動物病院で血液検査血液化学検査尿検査などを行った場合は必ず検査結果をもらうことを推奨します。それは病気の経過を判断したり、セカンドオピニオンを受ける時に役立ちます。今どき、検査結果をもらえない病院はおかしいと思ったほうがいいでしょう。

pets
動物医療保険をお持ちの方は検査前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら血液検査・血液化学検査」をうける前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. スクリーニング検査の重要性


<1>

この記事を書いた人

福山達也