アルファリポ酸中毒

アルファリポ酸中毒とは?

人のダイエット用サプリメントなどに含まれているアルファリポ酸(α-リポ酸)はチオクト酸とも呼ばれる脂肪酸です。インスリンとの相乗効果で、血糖値を下げ、肝臓でのグリコーゲンの産生を促進する機能があり、サプリメントは糖尿病などの補助療法などに持ちられます。ですが、これを猫が摂取すると高い確率で中毒を起こします。一錠でも死に至る重篤な中毒症状を起こすことがありますので注意が必要です。

アルファリポ酸中毒の原因

原因はアルファリポ酸の誤摂取です。アルファ(α)リポ酸は細胞のミトコンドリア内で、生体のエネルギー生産に関わる補酵素として働く医薬品として使われていましたが、強力な抗酸化物質でもあるので、2004年より日本でも人用サプリメントとして認可され身近なものとなっています。猫はこのサプリメントの香りに惹きつけられ、好んで食べようとする傾向があるようですから非常に注意が必要です。
猫がアルファ(α)リポ酸を摂取してしまうと、強い肝細胞毒性があらわれてしまいます。たった1錠誤摂取しただけでも、中毒を起こすリスクが高く、死亡例も報告されています。

アルファリポ酸中毒の症状

元気消失、運動失調、食欲不振、嘔吐などがみられます。時に、流延(よだれ)、意識消失、痙攣発作が起こり、低血糖や急性腎不全など重篤な状況に陥ると死に至ります。

アルファリポ酸中毒の診断/検査

問診(一番重要)、血液検査、血液生化学検査などを行います。

アルファリポ酸中毒の治療

急いで動物病院を受診しましょう。可能であればサプリメントの成分や量が記載された容器、説明書などを持って来いてください。
摂取してから1時間以内程度であれば、催吐処置(吐かせること)が有効で、胃洗浄も含め、成分をできるだけ吸収させないようにします。吸収されてしまうと有効な治療法がありません。
このほか、点滴や肝臓の保護のための薬剤投与、血圧の維持、低血糖症のコントロールなどを行います。

アルファリポ酸中毒の予防

猫の口や手が届く所に、サプリメントなどを行いように心がけましょう。それが一番の予防です。

アルファリポ酸中毒の看護/その他

人と動物は違う生き物であるということを認識しておかなければなりません。人にいいものが動物にもいいと思ったら大間違いです。しかもそれらは動物により違いますので、注意が必要です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃん猫ちゃんを飼育したらアルファリポ酸中毒になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>.