クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)

クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)とは?

クラミドフィラ・フェリス感染症は以前、猫クラミジア感染症と呼ばれていた病気です。猫ヘルペスウイルスや猫カリシウイルスと複合感染することの多い病原体で、感染すると化膿性の結膜炎や鼻炎を起こして粘液性の目やにや鼻汁がみられます。呼吸器病の猫の2割~3割がクラミドフィラ・フェリスに感染しているとも言われています。
この病原体は猫以外にも人やその他の哺乳類、鳥類にも感染することがあるので注意が必要です。

クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)の原因

原因はクラミドフィラ・フェリス(Chlamydophila felis)の感染です。主に感染した猫の目やにや涙などに接触することで他の猫に感染します。潜伏期間は 2 ~ 5 日間です。
単独では、あまり危険な病気ではありませんが、猫ヘルペスウイルスや猫カリシウイルスなど他の呼吸器感染症と複合感染したり、肺炎を併発したりする場合には、脱水による体力の低下や呼吸困難から死に至ることもあります。特に抵抗力の弱い子猫や老猫では注意が必要です。

クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)の症状

感染すると化膿性の結膜炎や鼻炎を起こして粘液性の目やにや鼻汁がみられます。結膜炎は多くの場合片目からはじまり、両目に波及します。また、鼻汁、くしゃみがみられ、咳をすることもあります。症状が数週間にわたって長期化する場合が多くみられます。
感染が気道にまで広がった場合には、化膿性の気管支肺炎を併発することもあり、呼吸器病の猫の2割~3割がクラミドフィラ・フェリスに感染しているとも言われています。

クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)の診断/検査

確定診断には外部検査機関でのPCR検査や抗体検査などがありますが、通常は費用や時間の問題から、症状などで判断し治療をします。

クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)の治療

治療には、特定の抗生物質の点眼薬や服薬が有効です。症状が良くなってくると、つい量を減らしてしまったり、中止したりしてしまいがちですが、逆にこの病気を長引かせることになります。抗生物質を用いる際は、獣医師の指示通り(2週間以上〜4週間推奨)の量と期間を守って、病原体を完全にせん滅することが大切です。
その他必要に応じて点滴、栄養補給などの対症療法を行います。

クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)の予防

クラミドフィラ・フェリスは人でも結膜炎を起こした例が報告されています。非常に稀な例ですのであまり過敏になる必要はないと思いますが、猫に触れた手指では直接目をこすらずに、手洗いを忘れないようにしましょう。
もしクラミドフィラ・フェリスを猫の体内に残してしまうと、体内に潜伏したクラミジアが日和見感染(ひよりみかんせん=免疫力の低下に伴って病気が再発する)したり、他の猫の感染源となる、いわゆる「キャリアー」となる可能性がありますので、処方された薬は必ずきちんと飲ませきりましょう。

クラミドフィラ・フェリス感染症(猫クラミジア症)の看護/その他

クラミドフィラ・フェリスはグラム陰性の細菌で、おもな標的は結膜で、感染すると結膜炎が好発する。1 歳齢未満の新生子猫にもっとも感染が蔓延しやすい。クラミドフィラ・フェリスは宿主以外では生存することができず、感染が成立するには、猫同士での接触が必要である。
クラミドフィラ・フェリスがズーノーシス(人獣共通感染症)となる疫学上の証拠はないが、人への感染はいくつか報告されている。
クラミドフィラ・フェリスが排泄される期間は感染後約 60 日間です、持続感染が生じる可能性もある。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら病気になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求