ユリ中毒

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

ユリ中毒とは?

 ユリ属及びワスレグサ属の植物はは猫にとって非常に危険です。少量摂取しただけでも急性腎不全を引き起こし死に至ることがありますので、注意が必要です。

ユリ中毒の原因

 ユリ属テッポウユリヤマユリオニユリカノコユリアジアンティック・リリーオリエンタル・リリー)、ワスレグサ属などの植物の花びらや茎、花粉などの摂取が原因になります。これらは少量でも致死性の中毒を起こし、急性腎不全になります。ただし、ユリに含まれる腎不全を起こす毒性成分が何なのかは分かっていません。
※植物名からウィキペディアにリンクしております。写真などで確認してください。

ユリ中毒の症状

 急性腎不全による嘔吐多飲多尿(たくさん水を飲み、たくさんオシッコをすること)、脱水などが起こります。この他、症状は急性腎不全の重症度により異なり、食欲不振、沈鬱、流涎(涎がでること)、虚弱、無尿、痙攣発作などが見られます。

摂取後数時間で最初に嘔吐が見られますが、一旦その症状がおさまることがあります。ここで安心してはいけません。体の中で腎不全が進んでいることがあります。腎不全はすぐにではなく、24〜96時間以内におこるとされていますので、猫がユリを摂取した形跡があれば必ず動物病院を受診して対処すべきです。

ユリ中毒の診断/検査

 一番重要なのは問診です。その後、一般身体検査、血液検査血液化学検査尿検査が必要になります。

ユリ中毒の治療

 接種後2時間以内で、臨床兆候が認めらら得ない場合は、催吐処置といって、まず吐かせます。その後活性炭投与を投与します。さらに輸液を最低でも摂取後48〜72時間行います。

重症の場合は血液透析が必要となりますが、一般の動物病院でできるような処置ではありません。

ユリ中毒の予防

 特に室内飼育の場合、ユリ科の植物を猫の飼育環境から遠ざけるように心かげましょう

ユリ中毒の看護/その他

 摂取から18〜24時間以内に治療を開始しなければ死亡率が非常に高いことが分かっていますので、急性腎不全が発症する前に、早急な対処が必要です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したらユリ中毒になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 犬と猫の毒物ガイド.180-181
  2. 猫の臨床Part1.362-363


<1>.猫のユリ中毒の回顧的研究
<2>.ユリを誤食したことが判明している猫における消化管内汚染除去処置および静脈内輸液による利尿後の結果:25例(2001-2010)
<3>.猫のユリ(オニユリ)中毒による急性腎障害の解決
<4>.猫におけるユリの腎毒性
<5>.6頭の猫におけるユリの摂食によって引き起こされた急性腎不全

この記事を書いた人

福山達也