副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)とは?

犬の副腎皮質機能亢進症は、人(1/10万人程度)や猫では稀なのに比べて発生率が高く(500頭に1頭)、犬で最も重要な内分泌疾患のひとつです。「クッシング症候群」と呼ばれることもあります。特に中高齢の5〜15歳で、発症することが多く、まれに先天性にも見られます。また、雌(メス)に多いと言われ、プードル、ダックスフンド、シュナウザー、ボストンテリア、ボクサー、ビーグルに多く見られると報告されています。

副腎は、左右の腎臓の近くにあり、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)を分泌する内分泌器官です。このコルチゾールは、糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝、体の免疫系やストレスに対する作用などさまざまな働きを担っています。副腎皮質機能亢進症は、この副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることにより起こる病気で、さまざまな症状が引き起こされます。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の原因

副腎皮質機能亢進症の発症の原因には、大きく次の3つがあるといわれています。

  1. 下垂体依存性副腎皮質機能亢進症
    脳の下垂体と呼ばれる内分泌器官の腫瘍化などにより、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が過剰に分泌されることで発症します。犬ではこの下垂体依存性副腎皮質機能亢進症が9割を占めていると言われ、ほとんどは下垂体腫瘍が原因です。
  2. 副腎腫瘍
    副腎の腫瘍化などにより副腎皮質ホルモンが多量に分泌されることで発症します。副腎の良性腫瘍と悪性腫瘍の割合は1:1と報告されています。
  3. 医原性副腎皮質機能亢進症
    治療のために用いるステロイド薬(副腎皮質ホルモン剤)を長期間、多量に投与した場合などに発症します。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の症状

副腎皮質ホルモンは、体に対して多くの影響を与えるため、さまざまな症状がみられます。代表的なものとして、多飲多尿(飲水量が増え、尿量が増す状態。95%以上に見られる)、食欲増進(90%以上)、肥満、 腹部膨満(お腹が膨らむこと)、皮膚の非薄化(皮膚の厚さが薄くなる)、脱毛(痒みを伴わなず左右対称性。80%以上)、皮膚の色素沈着(色素が沈着して黒色化)、筋力の低下(動きが鈍くなる)、嗜眠(しみん:睡眠を続け、強い刺激を与えなければ目覚めて反応しない状態)

また、合併症として糖尿病や尿路感染症などがみられることがあります。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の診断/検査

症状などから副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)が疑われる場合、まず一般的な血液検査や尿検査などを行います。そこで、ALP(アルカリフォスファターゼ)や、トリグリセライド、総コレステロールなどの値が上昇している場合、疑いが濃くなります。その後、疑う原因により、レントゲン検査、超音波検査、ACTH刺激試験低用量デキサメタゾン抑制試験、高用量デキサメタゾン抑制試験などを行って確定診断を行います。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の治療

原因にもよりますが、一般的には、内科的治療と外科的治療があります。
●内科的治療
原因が医原性にステロイドの過剰投薬で引き起こされている場合には、まず、ステロイド剤の投与を徐々に中止します。
その他の原因による場合には、副腎皮質ホルモンを分泌する副腎皮質の細胞を壊す薬や副腎皮質ホルモンの分泌自体をコントロールする薬などの投与を行います。投薬にあたっては、まずホルモンの分泌が過剰となっている原因を確定します。次に、薬の必要量を確認するために、投薬前後の血液検査(血中の副腎皮質ホルモン濃度の測定)を行ないます。投与量が多い場合には副腎皮質機能低下症を引き起こす可能性があるため、注意が必要となります。また、薬の投与量や回数などについてはワンちゃんの症状や副腎皮質ホルモン濃度により異なるため、定期的な検査が必ず必要です。さらに、基本的には、生涯を通しての投与となります。
内科的治療で症状が緩和されるケースもありますが、症状が重度な場合や内科的治療を行って症状の改善がみられない場合などは、外科的治療を行うことがあります。
●外科的治療
副腎腫瘍が原因の場合は、その腫瘍が切除可能ならば外科手術が第一選択となります。また、脳の下垂体腫瘍が原因の場合、手術により切除することもありますが、非常に困難で危険性が高い手術とります。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の予防

この病気も早期発見、早期治療が大切です。日頃からこまめな検診をお勧めします。

異常な飲水量、尿量、皮膚の状態や脱毛の有無などのチェックを行ない、異常が見られたり、上記記載の症状が見られる場合は、早めに当院にご相談ください。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の看護/その他

海外の一部飼主の間で、「クッシング症候群に罹患したイヌの生存期間は、治療してもしなくても変わらない」という意見がありますが、科学的に検証した研究は存在しません。また、治療しなければ糖尿病を引き起こす原因になったりします。

「最近、お水を飲む量が増えた(1日に体重1kgあたり100ml以上飲むなら異常です)」「お腹がなんとなくふくれてきた」「皮膚が左右対称に脱毛している」などの症状が見られるようであれば当院にご相談ください。当院では院内で副腎皮質機能亢進症の検査ができる体制を整えています。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃん猫ちゃんを飼育したら副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>.