悪液質

悪液質とは?

悪液質(あくえきしつ)とは、何らかの病気により栄養失調が起こり、衰弱した状態です。一般的な飢餓(きが)とは区別されるます。なぜなら飢餓は脂肪が消費されますが、悪液質は脂肪と共に筋肉も萎縮するためです。

悪液質の原因

悪液質は、心臓病や悪性腫瘍など重篤な全身疾患に伴う全身衰弱状態で、食欲不振や栄養失調が原因の根底にあります。

心疾患における悪液質を心性悪液質。悪性腫瘍の末期における、炭水化物やタンパク質の代謝変化などを原因とする悪液質を癌性悪液質と呼びます。

悪液質の症状

理想体重から10%以上の特徴的な削痩(さくそう:痩せること)が起こります。特に肩甲部、後肢、咀嚼筋群に筋萎縮が起こり、眼窩はくぼみ、特徴的な顔貌となります。また、全身の骨が容易に触知可能となり、皮膚は乾燥し、被毛は光沢を失います。

悪液質の診断/検査

悪液質を診断するための確定的な方法はありません。理想体重から10%以上の削痩、特徴的な顔貌、咀嚼筋群の萎縮(特に特徴的)、肩甲骨付近の筋萎縮、骨盤周囲の筋萎縮がある場合は悪液質を疑います。

心臓病(特に拡張型心筋症)による悪液質が疑われる場合は、聴診や胸部レントゲン検査超音波検査心電図検査などを行います。

腫瘍性疾患の末期には比較的悪液質が多いため、癌性悪液質(白血病、リンパ腫、様々な腫瘍疾患)が疑われる場合は、レントゲン検査超音波検査などの画像診断、細胞診、蛋白電気泳動、血液検査血液化学検査などを行います。

悪液質の治療

まず、原因となる基礎疾患の治療が主となります。それとともに対症療法を行うしかりません。ただし、基礎疾患の治療に用いる薬剤などの有害作用により食欲不振が起こっていないかは慎重に検討すべきです。例えば、心臓病に対する治療薬による有害作用がないか、過剰に利尿剤などが投与されていないか。抗がん剤を用いている場合はその副作用による食欲不振や嘔吐が起こっていないかなどです。これらが起こっている場合は、まずこれらに対処します。

ω−3脂肪酸含有量の高い魚油の補給は、悪液質を改善する可能性があるとされています。

悪液質の予防

基本的に予防法はありませんが、基礎原因になりうる病気は早く見つけて対処してあげることが重要です。

悪液質の看護/その他

悪液質による体重減少を止めるには、例えば、嗜好性の高い食餌を与えるとか、人肌程度に温めて与える、風味をつけるなど積極的な食事管理が重要です。

ご家庭での対処法としては「食欲不振」も参照してください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したら悪液質になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. プライマリ・ケアのための診療指針


<1>.悪液質と筋肉減少症:犬と猫における重要な新興症候群
<2>.心不全の犬の生存と体重およびボディコンディションとの関連性
<3>.獣医腫瘍科に来院した犬のボディ・コンディションと体重減少の評価