椎間板ヘルニア

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニア

椎間板とは、脊椎と脊椎の間(椎体間)に存在し、それぞれの椎体を連結し背骨の動きを滑らかにしています。椎間板の中心にはゼリー状の髄核があり、その周囲を繊維組織でできた繊維輪が取り巻いています。背骨に外力が加えられたときには、この髄核と繊維輪がその圧力を吸収しています。丁度、ショックアブソーバーのような役割をします。この椎間板に変性が生じ、その内容物が突出することにより脊髄を圧迫・障害し、さまざまな神経症状をひきおこす病気が椎間板ヘルニアです。激しい運動や肥満など椎間板への負担が大きくなると、それを引き金に起こります。

 

ダックスフンド、ペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルなどの軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種は、若い頃から発症しやすい傾向にありますので注意が必要です。重症になると神経麻痺(マヒ)が起こり、下半身不随になる恐れがあります。もちろん、他の犬種でも発生しますので、どんな犬種でも注意が必要です。

椎間板ヘルニアの原因

激しい運動や肥満により脊髄に強い外力が加わったり、老化現象などにより椎間板の変性が生じて起こります。椎間板の変性には、椎間板内の背側の線維輪に亀裂が生じ、そこから内部の髄核が脱出して脊髄を圧迫するタイプのハンセン1型椎間板ヘルニアと加齢(老化)に伴う疲労により線維輪の内層が断裂し、その中に入り込んだ髄核が線維輪を押し上げることで、背側の線維輪が膨らんで脊髄を圧迫するタイプのハンセン2型椎間板ヘルニアとがあります。(ハンセン3型もありますが、あまり多くはありません)
椎間板ヘルニアは、ミニチュア・ダックスなどのダックス系やペキニーズ、プードル、シーズー、パグ、ビーグルといった軟骨異栄養症性犬種と呼ばれる犬種に多く見られ、これらの犬種では若齢期(2~7歳頃)から発症する傾向にあります。この他の犬種では、加齢にともない多く見られるようになります。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアのグレード
椎間板ヘルニアのグレード

椎間板が突出した位置やタイプにより、影響を受ける神経部位が異なるため、発現する症状も異なります。また、脊髄圧迫の程度についても、症状の重症度に影響を与えます。ソファーや階段の登り降りを嫌がる、抱き上げると「キャン」と鳴き痛がる、運動を嫌がる、背中を丸めてじっとしている、後肢がふらつく、麻痺や運動失調などの症状がみられます。

 

統計的には胸腰部椎間板へリニアが80%で、次いで頚部椎間板ヘルニアが15%です。

 

頸部(けいぶ:首のこと)の椎間板ヘルニアでは、頸部の疼痛(とうつう:鋭いまたはじんじんとした痛みのこと)の他、神経麻痺などによって足を引きずるといった症状が見られ、重症になると、自力で立ち上がれなくなり、四肢が完全に麻痺して半身不随や、さらには排便・排尿の困難なども見られることがあります。

 

胸や腰部の椎間板ヘルニアでは、腰から背にかけての疼痛により、背中を触ると痛がったり嫌がったりするようになります。また、後ろ足の麻痺などが起こり、排便・排尿の困難なども見られることがあります。

椎間板ヘルニアの診断/検査

問診、症状、視診、触診などで椎間板ヘルニアを疑った場合、まず神経学的検査を行います。これにより大体どのあたりの脊髄が損傷を受けているか、ダメージはどの程度かなどを推測し、椎間板ヘルニアのグレードを判定します。
次にレントゲン検査を行います。但し、レントゲン検査だけで椎間板ヘルニアの位置や程度を正確に診断できるわけではありません。その他の病気がないかも含め血液検査血液化学検査尿検査などと共に判断します。
椎間板ヘルニアを確定診断するには、全身麻酔をして、CT、MRI、脊髄造影レントゲン検査のいずれかの精密な画像検査を行います。

椎間板ヘルニアの治療

年齢や体重、症状、股関節の状態、オーナーの希望などによっても治療法は異なりますが、一般的には、椎間板ヘルニアグレード2以下の場合は内科治療(薬物療法)、グレード3の場合は内科的治療または外科的治、グレード4(排尿障害)以上の場合は外科的治療が適応となります。
●内科的治療(保存的)
獣医師が手術適応外と診断した場合、または飼い主が手術を望まない場合は、ケージのなかでしばらく安静にさせて運動を控えるケージレスト。その他、消炎鎮痛剤の投与やレーザー治療などを行ないます。
内科的治療後も症状があまり改善しない場合や症状が重度の場合には、外科的治療を行います。
●外科的治療
目的は、椎間板ヘルニアの直接原因である脊髄を圧迫している椎間板物質(線維輪・髄核)を取り除くことにあります。 LOVE法(ラブ法)、腹側減圧術(ベントラル・スロット)、片側弓椎切除術(ヘミ・ラミネクトミー)、背側椎弓切除術(ドーサル・ラミネクトミー)などたくさんの手術法を状況や程度に合わせて選択します。
外科的治療後はリハビリを行って、神経の機能回復を図ります。リハビリにはさまざまな療法があり、犬の症状によっても異なりますので、専門家の指示に従いましょう。

椎間板ヘルニアの予防

肥満は椎間板ヘルニアの発症率を高くする要因となるので注意が必要です。また、激しい運動を避け、適度な運動による筋肉の強化も重要です。 ボールやフリスビーなどのジャンピングキャッチは禁止です。フローリングなどの硬くてすべりやすい床は、膝への負担がかかりやすいので、室内飼育する場合は、絨毯やマットを引く。足の裏の毛が伸びている場合は滑らないようにするために足の裏の毛を定期的にトリミングサロンで短くカットすると良いでしょう。
椎間板ヘルニアが疑われるような症状が見られた場合は、早期治療が予後に影響することもありますので早めに当院を受診てください。

椎間板ヘルニアの看護/その他

処方されたお薬はきちんと飲ませ、指定された注意事項(運動制限など)や再診、リハビリはきちんと行い、一日も早い回復に努めましょう。
日頃から3大栄養素(炭水化物・脂肪・タンパク質)とビタミン・ミネラルがバランス良く配合された「総合栄養食品のドッグフード」と新鮮な水を与えることを心がけましょう。
重症で寝たきりの場合は、褥瘡(床ずれ)を防止するために4時間に1回ほど体位を変えてあげ、オシメの交換や糞尿の処理はこまめに行い、清潔を保つことが重要です。
不幸にして後肢が麻痺した場合は、車椅子などの選択肢もあります。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したら椎間板ヘルニアになる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。びっこ
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 伴侶動物治療指針 Vol.1; 288-296:胸腰部椎間板疾患の外科治療


<1>.

この記事を書いた人

福山達也