横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアとは?

ヘルニアとは、もともと穴のあいていないところが裂け、その穴から別の臓器や組織ががはみ出す病気です。場所などによりいくつかの種類があり、横隔膜(おうかくまく)ヘルニアとは、横隔膜(胸部と腹部を隔てている筋肉の膜)が先天的(生まれつき)あるいは交通事故(特にネコに多い)や落下など後天的な原因で破れ、腹部の臓器が裂けた横隔膜の穴から胸の内部に入りこんでしまう状態をいいます。裂けた穴の大きさや入り込む臓器などによって呼吸器症状や消化器症状を呈します。

横隔膜ヘルニアの原因

先天的横隔膜ヘルニアは、生まれながらにして横隔膜の一部が癒合していないことが原因となります。
後天的横隔膜へルニアは、交通事故や高い所からの落下事故の衝撃等により起こります。横隔膜へルニアのほとんどはこの後天的な理由により、特に猫に多い病気です。

横隔膜ヘルニアの症状

症状は腹部から入りこんでいる臓器の種類、量、状態などによります。肺や心臓が圧迫されたり、横隔膜が裂けることで、肺や心臓が圧迫され、肺が膨らむことが難しくなり、呼吸困難など様々な症状がみられます。また、胃や腸などが胸の内部に押し出され圧迫を受けた消化管の損傷により、吐き気や腹痛等が見られることもあり、重篤な場合には、ショック状態に陥り死に至るケースもあります。

横隔膜ヘルニアの診断/検査

一般的にレントゲンや超音波による画像診断が必要になります。その他全身状態を把握するために、血液検査、血液生化検査が必要でしょう。心電図検査などが必要になることもあります。

横隔膜ヘルニアの治療

先天性、後天性共に、外科手術を行って腹部の臓器を元の位置に戻し、裂けた横隔膜の穴を閉じるのが一般的です。但し、状態によっては、すぐに手術ができなかったり、非常に危険を伴うこともあります。
先天性の場合や後天性でも慢性的な経過をたどっており、既に体がその状態に順応している可能性が高い場合は、経過観察や内科的治療を行うこともあります。

横隔膜ヘルニアの予防

先天性の場合はなかなか予防は難しものですが、呼吸がおかしいと感じるならば早期に獣医師の診察を受けることで早期発見できる可能性があります。
交通事故や落下事故等後天性の場合は、散歩や飼育環境に注意しましょう。特に猫ちゃんは室内飼育を心がけることでこの病気の多くを防げる可能性があります。

横隔膜ヘルニアの看護/その他

呼吸は生命を維持するために最も重要です。日頃から呼吸を観察していつもと違うと感じたらすぐに獣医師の診察を受けましょう。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃん猫ちゃんを飼育したら横隔膜ヘルニアになる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>.

この記事を書いた人

福山達也