炎症性腸疾患(IBD)

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

炎症性腸疾患(IBD)とは?

 炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)は、その名の通り、腸に炎症を起こす病気で、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする原因不明の慢性消化器疾患です。IBDは浸潤する炎症細胞の種類や部位によって、「リンパ球プラズマ細胞性腸炎」、「リンパ球プラズマ細胞性結腸炎」、「好酸球性胃腸炎」、「肉芽腫性腸炎」、「組織球性潰瘍性腸炎」などに分類されています。

バセンジーでは「免疫増殖性腸炎」と呼ばれる遺伝性症候群がみられ、猫ではシャムやアジア系の品種で多く見られるとされています。

原因不明の慢性的な下痢の中では炎症性腸疾患(IBD)が最も多いと言われています。

炎症性腸疾患(IBD)の原因

 原因は不明とされていますが、遺伝的な問題による自己免疫性疾患、免疫学的反応が関与していると考えられています。また、その背景には腸内細菌や過剰な食物抗原への免疫反応、腸管免疫調節の異常や腸のバリア機能の低下などが関与しているといわれています。

炎症性腸疾患(IBD)の症状

 軽症ではほとんど症状を示さない場合もありますが、主な症状に、慢性的な嘔吐や小腸性下痢、大腸性下痢、食欲不振や体重減少などの症状がみられます。重症例では蛋白漏出性腸症を示す場合もあります。蛋白漏出性腸症がおこると、消化管粘膜から血漿蛋白が胃腸管腔へ大量に漏出することにより低タンパク血症を起こします。

炎症性腸疾患(IBD)の診断/検査

他の慢性消化器症状を起こす病気を除外する必要があり、多くの検査を行う必要があります。まず、身体検査、血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査などで他の疾患を除外します。時には特殊な検査が必要になることもあります。

その後、確定診断するには全身麻酔により内視鏡検査や開腹手術による病理組織検査が必要になります。

炎症性腸疾患(IBD)の治療

原因が食餌によるものであれば、原因物質を除去した加水分解食や新奇蛋白食の処方食に切り替えることが有効です。軽症であれば食餌療法のみでコントロールができることもあります。

▲上記の食物アレルギー用療法食は当院でも処方可能です。当院での診察・診断・処方後オンラインでのご購入となります。詳しくは当院にお尋ね下さい。

症状が中度から重度の場合は、抗菌剤や消炎剤などの投与を行います。また、消炎剤による効果だけでは不十分な場合は、ステロイド剤、免疫抑制剤を併用する場合もあります。

 

炎症性腸疾患は原因が複雑で、確定診断まで時間や費用がかかり、長期間あるいは生涯投薬を継続する必要があります。また、重篤化すると死に至る事もあるため適切に病気を管理することが重要です。

炎症性腸疾患(IBD)の予防

原因が複雑で、はっきりしていない病気であるため予防は難しいと考えられますが、仔犬仔猫の時期からきちんとした食餌を与え、下痢や嘔吐が続くなどの症状が見られた場合には、早めに動物病院を受診しましょう。

炎症性腸疾患(IBD)の看護/その他

ステロイド剤というと、すぐに副作用を心配される方も少なくありませんが、炎症性腸疾患(IBD)の治療には必要な薬です。ステロイド剤は正しく用いれば怖い薬ではありません。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら炎症性腸疾患(IBD)」する前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 猫の臨床指針Part2; 85-88


<1>炎症性腸疾患および低アルブミン血症の犬のビタミンD欠乏症
<2>慢性特発性腸症を伴うイヌの十二指腸バイオプシー検体の粘膜固有層リンパ球におけるP糖タンパク発現
<3>犬の炎症性腸疾患: 80症例における診断および予後に関する回顧的分析(1995-2002年)
<4>犬の炎症性腸疾患における疾患活動の臨床的評価
<5>炎症性腸疾患の犬に対する加水分解蛋白を原料とした市販の低アレルギー食を用いた食事試験
<6>炎症性腸疾患の犬における腸上皮内リンパ球の表現型の特徴
<7>慢性腸疾患の犬におけるシクロオキシゲナーゼ‐2と5‐リポキシゲナーゼ
<8>炎症性腸疾患罹患犬における十二指腸の内視鏡評価
<9>慢性腸症の猫における疾患活動性の臨床指標
<10>炎症性腸疾患の猫の十二指腸バイオプシーにおけるIL-12(p40,p35)、IL-23p19、およびIFN-γ mRNAの測定
<11>犬の特発性炎症性腸疾患の治療のためのブデソニドとプレドニゾンについての無作為化、対照試験
<12>エビデンスには何がありますか? 犬の炎症性腸疾患
<13>猫の小細胞性リンパ腫と炎症性腸疾患:治療および予後
<14>猫の小細胞性リンパ腫と炎症性腸疾患:診断的困難
<15>びまん性小腸リンパ腫または炎症性腸疾患を有する猫の固有筋層の超音波画像評価
<16>犬の炎症性腸疾患の導入療法のため経口投与プレドニゾンとプレドニゾンおよびメトロニダゾールの併用療法との比較:無作為化比較対照試験
<17>犬の炎症性腸疾患:診断および治療のための最新および有望な生体指標
<18>炎症性腸疾患の犬の糞便、十二指腸、および末梢血単核球における免疫グロブリンA濃度の減少
<19>炎症性腸疾患の犬における将来性のある炎症マーカーとしての尿ロイコトリエンE4濃度
<20>犬の慢性腸症におけるトール様受容体の発現上昇
<21>ステロイド抵抗性炎症性腸疾患の犬に対するシクロスポリン治療の薬物動態的および臨床的効果
<22>猫の炎症性腸疾患と消化管型リンパ腫の診断に対する内視鏡によるバイオプシー標本と全層バイオプシー標本との比較
<23>食物反応性疾患または炎症性腸疾患で、下痢をしている犬における核周囲抗好中球細胞質抗体と治療への反応
<24>慢性腸症の犬から得られた十二指腸粘膜におけるサイトカインmRNAの、リアルタイム逆転写・ポリメラーゼ連鎖反応を使った定量
<25>炎症性腸疾患に罹患した猫の十二指腸粘膜における免疫細胞の表現型
<26>猫の上皮親和性腸管型悪性リンパ腫:10症例(1997-2000)
<27>犬の炎症性腸疾患における活動度に対する点数化指標
<28>特発性好酸球性腸炎:病因と病態生理学
<29>猫の炎症性腸疾患:治療、予後、および新たな展開
<30>猫の炎症性腸疾患:病因、診断、およびリンパ腫との関連

この記事を書いた人

福山達也