犬フィラリア症

犬フィラリア症とは?

犬フィラリア症は、犬糸状虫症とも呼ばれる白いそうめん状の寄生虫(犬糸状虫:Dirofilaria immitis ディロフィラリア イミティス)の感染によって発生する病気です。犬糸状虫は犬から犬へと直接伝播していくのではなく、蚊の存在を必ず必要とし、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を含む感染犬の血を吸った蚊が再び吸血することで感染します。
犬糸状虫の成虫の大きさは大きい場合はメスで30cm程度、オスで15cm程度もあります。成虫は心臓(正確には心臓に帰ってきた静脈血を肺に送り出す血管である肺動脈)に寄生するため、循環障害と血管に対する傷害を引き起こします。これが原因となり犬糸状虫の症状が発生します。症状の重症度は、主に心臓の大きさと感染親虫の数に左右されますが、心臓の小さい小型犬では極少数の糸状虫感染によって重篤な症状に陥ることになります。フィラリアが寄生することで血液の流れが妨げられるために心臓・肝臓・腎臓等に障害を起こす寄生虫症で、死亡率の高い病気です。
また、日本では約100人のヒトの症例が報告されています。愛犬や愛猫を守るベストの対策は予防薬や予防注射をすることです。

犬フィラリア症の原因

犬フィラリア症の生活環

犬糸状虫:(Dirofilaria immitis ディロフィラリア イミティス)の感染により起こります。フィラリアに感染している犬の体ではミクロフィラリア(L1)と呼ばれる幼虫が血液とともに全身をまわっています。蚊がこの犬から吸血することによって蚊の体内に入り込んだミクロフィラリアは2回の脱皮を行い、1mm程度に成長した感染幼虫(L3)となります。この蚊が他の犬を吸血した時に感染幼虫が犬の体内に侵入し、感染が成立します。 [▶血液中のミクロフィラリア動画]
犬の体内に入った感染幼虫は、1~2ヶ月の間は皮下組織や脂肪組織内で成長し、静脈内に進入してからは徐々に心臓へ移動します(L4:体内移行幼虫)。約100日後には心臓に到達して、心臓に移動してからは肺動脈で成長し、約6ヶ月で成虫(L5・成虫)になります。成虫になったフィラリアはたくさんのフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を生みます。こうしてフィラリアは広がって行く事になります。つまり、感染している犬がいる限りフィラリア症は無くならないのです。

犬フィラリア症の症状

 犬では、初期には気づかれずに進行するので要注意です。食欲低下や咳(物が詰まったような咳と表現されます)が初期症状として見られ、散歩や運動不耐性(運動を嫌がる)、失神、異常呼吸などが見られます。症状が進むと血液循環障害を起こし、肝臓障害や腎臓障害なども併発して、削痩(痩せること)、低蛋白症、腹水、貧血、血色素尿(真っ赤なオシッコ) などが見られるようになり、重篤な場合には、慢性経過をとって死亡したり、突然死してしまいます。
猫は主に呼吸困難・咳などの呼吸器症状を起し、突然死する場合もあります。
人間に感染した場合、ほとんどが肺に感染し、そのために咳や血痰・呼吸困難などの症状が見られます。また、発熱や皮膚の肥厚がみられ、象のような皮膚になるなどの症状(象皮病)がみられます。

犬フィラリア症の診断/検査

血液検査で感染を調べます。また、状態を把握するためにレントゲン検査、エコー検査、血液化学検査、尿検査なども必要になります。

犬フィラリア症の治療

投薬や成虫の外科的摘出、対処療法などを行いますが、この病気は現在確実な予防薬が開発されております。治療する病気と言うよりは予防する病気です

犬フィラリア症の予防

予防薬や予防注射により確実に予防ができます。犬の体内に侵入した犬糸状虫はすぐに血管内に侵入するわけではなく、3〜4ヶ月程度皮下組織で発育・成長します。予防薬や予防注射はこの時期の感染仔虫を駆虫する薬です。つまり、予防薬は感染仔虫が犬の「体内に侵入することを予防する薬ではなく」、 感染仔虫が「血管内に侵入するのを予防する薬」であることを理解すべきです。
また、予防薬の投与期間は蚊の発生期間が地域によって異なるため注意が必要です。さらに、フィラリア感染時の投薬による副作用が知られておりますので、予防薬を投与する前に、フィラリア感染の有無を検査することが重要です。フィラリア予防を始める際には、予防期間や検査などについてお気軽に当院にご相談ください。
現在フィラリア症状予防薬には、錠剤、チュアブル、スポットオン(滴下型)、注射など様々なタイプがあります。お薬が飲ませられなくても滴下型や注射などもありますので、それぞれのワンちゃんに合わせてきちんと予防してあげましょう。

犬フィラリア症の看護/その他

この病気は予防薬で100%予防可能です。しかし、昨今の温暖化やヒートアイランド現象によって気温の高い日が続き、蚊体内で仔虫の発育・成長が投薬期間以上に継続した場合は、投薬終了後に感染能力のある仔虫が蚊によって伝播される可能性があります。また、投薬をしたつもりで実は後で犬が吐き出してしまっている可能性はないでしょうか? これらの状況では、「予防薬を飲ませていたのにフィラリアになっている」かもしれません。できるだけ早く感染を知ることは今後の予防薬を決定するためにも重要な情報です。前年のフィラリア予防が確実にできたかどうかを判定するためにも、毎年一度は必ず血液(抗原)検査を行いましょう。

※また、せっかく採血するのですから、フィラリアの検査と一緒に血液検査を行い、年に一度内臓などのチェックを一緒に行うことをお勧めします。フィラリア検査と一緒に行えば、採血料などがかかりませんし、割安で検査できます。詳しくは当院にご相談下さい。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

ペット医療保険無料資料請求壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら「フィラリア症」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

ペット医療保険オンライン見積もり・無料資料請求