瓜実条虫症

瓜実条虫症とは?

瓜実条虫(うちざねじょうちゅう)症は、ウリの種が連なっている形をした瓜実(うりざね)条虫(サナダ虫)が小腸に寄生することによって起こる病気です。瓜実条虫はその虫卵を食べたノミの体内で発育し、グルーミングなどで犬や猫がノミを誤って飲み込むと同時に感染します。犬、猫、フェレットだけでなく、人にも感染するズーノーシス(人と動物の共通感染症)です。

瓜実条虫症の原因

瓜実条虫(うちざねじょうちゅう)というウリの種のような白い小さな片節が連なる寄生虫(最大で体長40〜50cm程度)が小腸に寄生することにより発症します。瓜実条虫は100 個以上もの瓜の種のような片節が連なることで、体長が50㎝以上にもなるります。

瓜実条虫は、ノミの幼虫が瓜実条虫の卵を食べることでノミの体内に入り、その体内で発育を開始します。そして、ノミが幼虫からサナギへと発育した頃に、その体内に寄生していた瓜実条虫の幼虫も成長して感染能力を持つようになります。グルーミングで自分の体を舐めたときなどにノミを飲み込んでしまうと、瓜実条虫に感染します。

瓜実条虫症の症状

通常は無症状ではっきりした症状は見られません。しかし、多数の瓜実条虫が寄生している場合や幼い動物では、下痢や軟便、食欲不振どの症状が見られ、症状が重くなると体重減少を起こし、発育不良の原因にもなります。お尻をかゆがるって、床にこすりつけるなどの症状から病院に連れて来られることもあります。

時には肛門周囲に潰れた米粒のような白いものがウニョウニョ動いていて、生きた瓜実条虫を見ることがあります。

瓜実条虫症の診断/検査

瓜実条虫卵
瓜実条虫卵

通常は虫体の確認により診断します。糞便検査で虫卵を確認できることもありますが、特に瓜実条虫は糞便検査で虫卵を見つけられないことが多いので注意が必要です。

瓜実条虫症の治療

駆虫薬を投与します。また、同時にノミの駆除も行います。ノミをきちんと駆除、予防しないと寄生が繰り返されることもありますので気をつけましょう。

※猫の瓜実条虫はスポットオンタイプという背中に落とす薬でも駆虫できます。お薬を飲ませるのが苦手な方は当院にご相談ください。(このお薬で同時に、猫回虫、猫鉤虫、猫条虫、多包条虫も駆除できます)

駆虫はノミの寄生・繁殖状況に応じて、ノミ成虫駆除効果と幼虫・卵の成長阻害効果を併せ持つ薬剤をきちんと動物病院で処方してもらいましょう。

瓜実条虫症の予防

動物病院で処方されるようなきちんとしたノミ駆除薬を用いノミを駆除したり、定期的に駆虫薬を投与することは予防になります。

また、他の虫も含め定期的な糞便検査。愛犬、愛猫がよく過ごしている場所、特に寝床を中心に掃除を徹底する。ブラッシングやシャンプーなどを定期的に行ことをお勧めします。

瓜実条虫症の看護/その他

瓜実条虫は人にも感染するズーノーシス(人と動物の共通感染症)です。人ではノミを潰した手をなめることなどで感染し、成虫が寄生したという症例が複数報告されていますので、定期的な駆虫やノミの予防を心がけましょう。犬・猫へのノミ駆除が有効な対策の一つとなります。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したら瓜実条虫症になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>