肺高血圧症(PH)

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

肺高血圧症とは?

 肺動脈(はいどうみゃく)とは血液を右心室(うしんしつ)から肺へ送る大きな血管です。肺高血圧症(はいこうけつあつしょう)とは様々な原因で肺動脈の内圧が標準より異常に高くなっている状態のことを言います。病名というようりは病態の名前となります。
 肺高血圧症は心機能の末期的な状態で、経過は思わしくなく余命は限られます。

肺高血圧症の原因

 肺高血圧症の原因には、呼吸器や心臓の病気などさまざまな原因があります。特によくみられるのは心臓の病気が原因の肺高血圧症で、僧房弁閉鎖不全症フィラリア症、先天性心臓疾患(動脈管開存症、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症など)などが主なものです。また、呼吸器疾患では、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患、拘束型肺疾患、肺胞低換気などにより起こります。
 その他として副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)でも見られることがります。
 犬の肺高血圧症は原因などにより以下の6つのグループに分けられます[1]
■犬における肺高血圧症の分類

 

グループ1: 肺動脈性肺高血圧症
グループ2: 左心疾患による肺高血圧症(僧帽弁閉鎖不全症など)
グループ3: 呼吸器疾患/低酸素血症による肺高血圧症
グループ4: 血栓塞栓性肺高血圧症
グループ5: 寄生虫性肺高血圧症(フィラリア症など)
グループ6: 多因子および/または不明確なメカニズムを持つ肺高血圧症

肺高血圧症の症状

 症状は、元気がない(元気消失)、疲れやすい(運動不耐性)、咳をする、呼吸が速い、食欲不振などです。重度になると呼吸困難や失神、腹水などが見られます。

肺高血圧症の診断/検査

 一般的に、身体検査、聴診、血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査などが行われます。フィラリア予防がされていないのであれば、必要に応じてフィラリア検査も行います。

肺高血圧症の治療

治療は原因によりますので、肺高血圧症を引き起こしている、心臓疾患や呼吸器疾患などの治療をまず行います。それに追加して、肺高血圧症の状態を和らげるために、血管拡張作用(シルデナフィル、ベラプロストナトリウムなど)を投与します。

肺高血圧症の予防

 肺高血圧症の予防方法は基本的にありません。原因となる病気を早期発見・早期治療すると、肺高血圧症になる時期を遅らせることができるかもしれません。
 また、肺高血圧症の原因として、フィラリア症がありますが、これは予防を行うことで防げます。今どき犬を飼育してフィラリア症の予防をしていないという人はいないと思いますが。。。

肺高血圧症の看護/その他

 肺高血圧症は、末期的な状態です。この状態になると予後が悪いことが知られており、余命は、数日から数か月と報告されています。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したら肺高血圧症になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. ACVIM consensus statement guidelines for the diagnosis, classification, treatment, and monitoring of pulmonary hypertension in dogs
  2. 犬の肺高血圧症の臨床診断と治療


<1>60頭の犬におけるドップラー心エコーを用いて診断した肺動脈性肺高血圧症の胸部X線写真の変化と重症度との関連性:回顧的研究
<2>肺高血圧症モデル犬におけるドップラー心エコーによる肺動脈圧に関する評価の正確度
<3>Angiostrongylus vasorumに自然感染した犬における中等度から重度の肺高血圧症に関する回顧的評価
<4>可逆性肺高血圧症の猫
<5>犬の慢性左心機能不全から二次的に生じた肺動脈高血圧症
<6>若齢犬の急性壊死性肺血管炎および肺高血圧症
<7>自然発生性に可逆的な肺高血圧症を示した心房中隔欠損症および住血吸虫症の犬の1例 
<8>心エコー検査により前毛細血管および後毛細血管性肺動脈高血圧症が推定された犬における赤血球分布幅、血液学的検査および血清生化学検査所見
<9>肺高血圧を伴う、あるいは伴わない粘液腫性僧帽弁疾患罹患犬の左右心室機能の心エコー評価における組織ドプラー画像検査の有用性
<10>肺高圧症の犬における右側肺動脈伸展指数の診断的価値:肺動脈圧症の心エコードプラー評価との比較
<11>粘液腫性僧帽弁疾患罹患犬における肺高血圧を特定するための選択された心エコー変数の診断価値
<12>犬におけるコンピューター断層撮影像での肺動脈幹-大動脈径比と肺高血圧症の心エコー指数との比較
<13>健康な犬における主肺動脈対大動脈径比のコンピューター断層撮影による測定:心エコー検査で得られた比との比較 
<14>犬60頭における胸部X線画像とドプラー心エコー図法により診断した肺動脈高血圧の重症度の関連性:後ろ向き研究
<15>粘液腫性僧帽弁疾患の犬における肺高血圧の罹患率および予後に対する重要性
<16>住血線虫Angiostrongylus vasorumの実験的感染における肺動脈血栓症は肺高血圧症や心エコーにおける右室変化を引き起こさない 
<17>犬の肺動脈性高血圧症治療におけるシルデナフィルの臨床的有効性
<18>前毛細血管性および後毛細血管性の肺高血圧症を有する犬の血清心筋トロポニンI濃度 
<19>犬の変性性僧帽弁疾患に続発した肺高血圧症の治療におけるピモベンダンおよびN末端プロ脳ナトリウム利尿ペプチドの評価
<20>犬の三尖弁輪収縮期移動距離(TAPSE):参照値と肺高血圧の影響
<21>肺動脈高血圧の犬におけるドプラーエコーおよび組織ドプラー画像の診断的価値
<22>肺高血圧の犬22頭におけるクエン酸シルデナフィル療法
<23>ヨウムにおける肺アテローム性動脈硬化症に続発した慢性肺性心
<24>犬の肺高血圧症に対する治療としての、クエン酸シルデナフィルの回顧的評価
<25>慢性肺疾患のウエストハイランドホワイトテリアにおける肺高血圧に対するドップラー心エコー検査による予測
<26>僧帽弁変性症に罹患した犬におけるドップラー心エコー検査による肺動脈高血圧症の証拠
<27>肺高血圧

この記事を書いた人

福山達也