黄疸

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

黄疸とは?

黄疸(おうだん)とは、胆汁色素であるビリルビンが過剰に産生されたり、排泄能力の低下により、血液中にビリルビンが増加して、皮膚や粘膜、血清などが黄染(黄色くなること)することをいいます。

ビリルビンは、赤血球中の血色素であるヘモグロビンが分解されたときに生じます。このビリルビンは、肝臓で処理された後、胆汁とともに胆嚢に貯蔵され、腸管内に排泄されます。その後、腸内の細菌によって分解され、便や尿とともに体外に排出されます。

黄疸は病気の名前ではなく症状の一つですので、そのため、ビリルビン増加の原因となる疾患を特定し、治療にあたることが重要になります。

黄疸の原因

黄疸の原因には様々なものがあります。寄生虫や感染症、自己免疫疾患等により一度にたくさんの赤血球が壊れ(溶血)、 ビリルビンが過剰に産生されると黄疸が現れます。また、肝臓の病気による機能低下やビリルビンの排泄経路の障害、胆管の閉塞によっても発現します。

通常黄疸は、溶血性貧血や感染症、寄生虫、中毒など肝臓以前に問題がある「肝前性黄疸」、肝炎や肝硬変など肝臓自体に問題がある「肝性黄疸」、胆石、膵炎、主要などにより胆管が閉塞して起こる「肝後性黄疸」の3つに分けられます。

黄疸の症状

黄疸の特徴的な症状は皮膚や粘膜の黄染することです。ただ、外見で黄染がわかる段階ではそれなりにビリルビン濃度がすでに高くなっています。

黄疸による黄染は特に、目の白目の部分や歯茎、耳の内側など被毛の薄い部分の皮膚などに認められます。また、尿の色が濃い黄色になることもあります。

もちろん、元気消失食欲不振貧血などの他の症状を伴うことがあります。

黄疸の診断/検査

重度の黄疸は見た目でわかりますが、前述したように黄疸は症状ですから、それだけでは病気を特定することはできません。また、見た目ではわからなくても、血液化学検査によりビリルビンを測定することにより早期に発見できます。

黄疸が見られた場合は、血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査など様々な検査が必要になります。また、より詳しく診断するためには、CT検査、内視鏡検査、試験的開腹検査、病理組織検査などなど多くの検査が必要になることもあります。

黄疸の治療

黄疸の治療はその原因が多岐に渡るにため様々まです。原因となる病気を見極め、その治療にあたることが重要です。

対症療法的には利胆剤、肝庇護剤、ビタミン剤など、また、支持療法として輸液などが行われます。

黄疸の予防

普段から愛犬、愛猫の様子をよく観察することで、早期発見・早期治療につとめましょう。特に黄疸は、目の白目や耳の内側などで気づきやすいと思います。いつもと違う変化や異常に気がついたら、速やかに当院にご相談ください。

フィラリア症、タマネギ中毒などは黄疸の原因になることがあります。

黄疸の看護/その他

特に猫で黄疸が出た場合、胆管炎肝リピドーシス膵炎など重篤な病気が原因であることが多いので入院治療による積極的な対処が必要です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら黄疸」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 小動物臨床における診断推論; 180-188


<1>

<<VMNオンデマンド>>
黄疸へのアプローチ

この記事を書いた人

福山達也