アセトアミノフェン中毒

アセトアミノフェン中毒とは?

アセトアミノフェンは人間も風邪薬や鎮痛解熱として市販されており、人にとっては非常に有効な薬ですが、猫や若齢動物にとっては中毒を起こす危険な薬物です。

アセトアミノフェン中毒の原因

アセトアミノフェンの摂取。特に人用の風邪薬、鎮痛解熱剤などの誤飲が一般的です。猫の中毒量は体重1kgあたり10mgと言われています。

アセトアミノフェン中毒の症状

アセトアミノフェン中毒の症状は様々です。摂取1〜2時間後くらいから現れ、初期の症状は元気がない、食欲不振、嘔吐、流涎などで、続いてチアノーゼや顔面の浮腫、時には黄疸が見られます。また、出血性の胃潰瘍を起こす事もあります。中毒が進むと重篤な肝障害、腎障害が見られるようになり、呼吸困難や昏睡がおこり死に至ります。

これらはアセトアミノフェン中毒が、メトヘモグロビン血症と溶血性貧血を引き起こすために起こります。赤血球内のヘモグロビン(全身に酸素を運ぶ物質)がアセトアミノフェン中毒により酸化されメトヘモグロビンへと変化し、ハインツ小体が形成されます。このハインツ小体がつくられると赤血球が壊され、ハインツ小体性溶血性貧血を引き起こします。

アセトアミノフェン中毒の診断/検査

重要なのは問診やシトラス臭の確認です。その後、一般身体検査、血液検査血液化学検査尿検査が必要になります。

外部検査機関に依頼すれば、血液や尿からアセトアミノフェンを検出する検査もできますが、時間もかかり中毒の診断としては実用的ではありません。

シアセトアミノフェン中毒の治療

接種後1時間以内で、臨床兆候が認めらら得ない場合は、催吐処置といって、まず吐かせます。その後、胃洗浄を行い、活性炭投与を投与します。接種後2時間以上経過していたら活性炭を投与します。

摂取後8時間以内であればN-アセチルシステインの投与が有効です。

さらに輸液や輸血、酸素吸入などの対症療法を行います。

アセトアミノフェン中毒の予防

動物や子供の手の届くところに薬を置かない。薬箱などは簡単に開けられないようにすることを日頃から心がけて下さい。

また、信じられないことですが、未だに、猫のウィルス性鼻気管炎を人の風邪と同じだと勘違いして、人の風邪薬を飲ませてしまう人がいますが、大変危険です。人の風邪薬は絶対に猫に投与してはいけません。ちなみに犬に「風邪」という病気はありません。

アセトアミノフェン中毒の看護/その他

薬を誤飲したと思ったら、できればその薬の箱や包装などを持参していただけると解決策や解毒剤が速やかに分かることがあります。

アセトアミノフェン摂取から処置までの時間が短ければ短いほど、治療効果が高いことが分かっています。17時間以上経過すると死亡する危険性が高いをする報告があります。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したらアセトアミノフェン中毒になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 猫の臨床Part1.364
  2. 伴侶動物のための救急医療.234-235


<1>.d-リモネンを主成分とする殺虫性シャンプー使用後に発症した猫の急性壊死性皮膚炎、及び敗血症