アボカド中毒

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

アボカド中毒とは?

 健康食品としても人気で、「森のバター」とも呼ばれるアボカドですが、犬にとっては中毒症状を引き起こす恐れがあります。

アボカド中毒の原因

 アボカドに含まれるペルシン(persin)という成分が犬にとっては毒性が強いため、中毒を引き起こす原因になります。ペルシンはアボカドの葉、皮、種子、果実に含まれていて、葉が最も危険だとされています。
 中毒量はアボカド自体に含まれるペルシンの含有量によります。アボカドは世界で1,000種類以上あると言われます。特に日本で販売されているハス(Hass)というグアテマラ系のアボカドはペルシンの含有量が多いため犬にとっての毒性が強いと言われています。

アボカド中毒の症状

 犬のアボカド中毒は個人差が激しいようでが、主な症状は消化器症状である嘔吐、軟便、下痢、腹痛で、重篤になると呼吸困難、痙攣発作などが起こります。また、雌(メス)で、授乳中の場合は乳腺炎が起こることがあると報告されています。

アボカド中毒の診断/検査

 診断は問診などから疑うしかないでしょう。全身状態を把握するためには血液検査血液化学検査尿検査などが必要になります。なども必要になります。

アボカド中毒の治療

 治療は、制吐剤や下痢止め、鎮痛剤や利尿剤、点滴などの対症療法や支持療法が一般的です。

アボカド中毒の予防

 アボカドの拾い食いや盗み食い、蓋のないゴミ箱にアボカドや種を捨てないように気をつけてください。

アボカド中毒の看護/その他

 アボカドを食べたからといってすぐにすべての犬が重篤化するわけではありませんが、わざわざ与える必要はないでしょう。それよりも、種は飲み込むと気道に詰まり窒息したり、消化管に詰まったりする恐れがあるので、適切に処理しましょう。
 また、アボガドは死亡含有量が多いため膵炎を起こすリスクが高いと指摘されていますので、こちらも含め与えないほうがいいでしょう。アボガド

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したらアボカド中毒になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. Putative avocado toxicity in two dogs



<1>

この記事を書いた人

福山達也