タマネギ(ネギ)中毒

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

タマネギ(ネギ)中毒とは?

ネギ中毒、あるいはタマネギ中毒はネギ類(タマネギ、長ネギ、ニンニクなど)に対する中毒で、特に犬で有名ですが、実は猫でも同じように中毒の原因になります。むしろ猫のほうが少量で中毒を起こします。

また、この中毒は個人差が激しく、同じ量を摂取しても中毒になる動物とならない動物がいます。「ネギや玉ねぎは大丈夫」なんていう近所の人のいい加減なアドバイスを信じていると大変なことになります。そもそも与える必要はありません。

 

柴犬、秋田犬はネギ中毒を起こしやすいとも言われますので、特に注意が必要です。

タマネギ(ネギ)中毒の原因

原因物質は、ネギ類に含まれる3種類の有機チオ硫酸化合物であるとされています。

犬では体重1kgあたり15~30g、猫では体重1kgあたり5g、または体重の0.5%ていどの摂取で毒性が認められるとされています。前述のように個体差がありますが、一度に大量に摂取したり、少量でも長期間にわたりネギ類を摂取していると中毒を起こすことが多いようです。

タマネギ(ネギ)中毒の症状

ネギ類に含まれる有機化合物が体内に吸収されると、犬の場合、赤血球内のヘモグロビン(全身に酸素を運ぶ物質)が酸化されメトヘモグロビンへと変化し、ハインツ小体が形成されます。このハインツ小体がつくられると赤血球が壊され、ハインツ小体性溶血性貧血を引き起こされ、元気がなくなり、ヘモグロビン尿(赤茶色やコーラ色)、嘔吐下痢黄疸、腹部痛などが見られます。

これらの症状はネギ類の摂取から24時間以内〜数日で見られます。

タマネギ(ネギ)中毒の診断/検査

一番重要なのは問診です。その後、一般身体検査、血液検査血液化学検査尿検査が必要になります。

タマネギ(ネギ)中毒の治療

接種後2時間以内で、臨床兆候が認めらら得ない場合は、催吐処置といって、まず吐かせます。その後活性炭投与を投与します。さらに輸液や貧血がひどい場合は輸血を行い、その他、酸素吸入などの対症療法を行います。

タマネギ(ネギ)中毒の予防

タマネギ、ネギ、ニンニク、ニラ、アサツキ、エシャロットなどネギ科の植物を与えないこと、盗み食いされないように保管することです。また、今どきあまりないかと思いますが、すき焼き、肉じゃが、シチューなどのスープはタマネギ本体がなくても与えてはいけません。むしろスープで中毒性分が濃縮されていることさえありますので、危険です。

タマネギ(ネギ)中毒の看護/その他

タマネギ中毒はドックオーナーにはよく知られた中毒でしょう。しかし、猫のほうが危なかったり、タマネギ以外のネギ、ニンニク、ニラ、アサツキ、エシャロットなど、ネギ科の植物全般が危険なこと、加熱、非加熱に関係なく、スープだけでも起こる可能性があることをしらない人は意外と多いもです。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したらタマネギ(ネギ)中毒になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 犬と猫の毒物ガイド.85-86
  2. 猫の臨床Part1.363-364
  3. 犬の内科診療 Part1; 480:中毒(タマネギ)


<1>.イヌおよびネコにおけるネギ属中毒
<2>.ニラ(Allium tuberosum)およびニンニク(Allium sativum)を摂取によるエキセントロサイトを伴う犬のハインツ小体性溶血性貧血

この記事を書いた人

福山達也