チョコレート中毒

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

チョコレート中毒とは?

 チョコレート中毒(ちょこれーとちゅうどく)はチョコレートやココア、もしくはそれらの加工食品に含まれるテオブロミンという成分の過剰摂取により起こります。タマネギ中毒も有名ですが、それと並んで犬や猫に食べさせてはいけないものとして大抵の飼主さんはよくご存知だと思います。

特に犬はチョコレートの味や匂いを好み、目を離したすきに大量に食べてしまって中毒事故がよくおこります。また、テオブロミンの分解と排泄が人に比べとても時間がかかるため、許容量を超えやすく中毒症状を起こしやすくなっています。体重に対してのチョコレートの摂取量が中毒に影響するため、大型犬よりも中小型犬、猫などでより多く発生する傾向がありますので注意が必要です。

また、チョコレートにはその他にもレーズン(ぶどう中毒)、ピーナツ(落花生中毒)、コーヒー豆(カフェイン中毒)なども併せて起こることもあります。

チョコレート中毒の原因

 原因はチョコレートやココア、もしくはそれらの加工食品に含まれるテオブロミンの過剰摂取です。原料のカカオ豆には、人やどうぶつに対して毒性や薬理作用を起こすアルカロイドの一種であるテオブロミンが含まれており、心臓、中枢神経系を刺激して中毒をおこします。

ただ、チョコレートの種類によってテオブロミンの含有量は大きく違います。ホワイトチョコは食べてもほとんど問題にならない一方、ダークチョコレートやココアは少量食べただけでも中毒のリスクがあります。

チョコレート中毒の症状

 チョコレート中毒の症状は一般的に食べてから通常2〜4時間以内、時に6〜12時間後に現れるとされていて、その症状は種類や摂取量により様々です。

主なものに、興奮、神経障害、嘔吐下痢、頻脈、不整脈、多尿、ふらつき、パンティング(息が荒くなること)、腹痛、痙攣などが見られます。摂取した量が多い場合には痙攣発作、昏睡状態から死に至ることもあります。

厳密には、軽度な異常は体重1kgあたり20mg程度のテオブロミン摂取でみられ始め、60mgでも痙攣が起きる可能性があります。中毒量は犬で体重1kgあたり100〜200mg程度、猫で80〜150mg程度と報告されていますが、中には約40mgの摂取で死亡したという報告もありますので、個人差が大きいので気をつけなければいけません。

チョコレート中毒の診断/検査

 摂取履歴から疑うしかありません。全身状態を把握するためには、血液検査血液化学検査尿検査なども必要になります。

チョコレート中毒の治療

 有効な解毒薬はなく、対症療法を行います。ですので、治療の中心は、まず、早い段階であれば、催吐処置(吐かせる)や胃洗浄などを行います。また。吸収を防ぐために活性炭の投与を行うこともあります。

その他としては症状に合わせて、点滴や制吐剤など各種薬剤を投与します。

チョコレート中毒の予防

 犬や猫が口にできるところにチョコレートを置いたり、飲みかけのココアなどをおかないように十分注意することです。

チョコレート中毒の看護/その他

 まず、中毒の場合はいつもそうですが、食べた時間と種類と量(いつ、何を、どれだけ)が重要になります。もしもチョコレートを摂取したと思ったら、その情報を必ず知らせてください。パッケージ等を持ってきてもらえると摂取量の参考になりますので、あれば持参してください。

特に犬は人間と違ってテオブロミンの代謝・排泄に時間がかかるため、チョコレートを食べてから24時間程度は中毒が起こる危険性があり、そのため、食べてしばらくしても何もないからといって安心は出来ません。72時間を越えるとほぼ安心だとされています。

チョコレート中毒には個体差があると言われていますので、中毒量以下でも注意は必要です。特に子犬や子猫の場合は代謝能力が低いため、少量でも中毒を起こす可能性があるので注意してください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したらチョコレート中毒」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 犬と猫の毒物ガイド;74-75
  2. Some food toxic for pets
  3. Chocolate intoxication
  4. 犬の内科診療 Part1; 479-480:中毒(チョコレート)


<1>チョコレート中毒

この記事を書いた人

福山達也