新生児眼炎

新生児眼炎とは?

 新生児眼炎(しんせいじがんえん)は、出生後、目が開くまでの間にみられる結膜嚢の感染症です。通常生後2週齢程度で子犬や子猫の目は開眼します。新生児眼炎とはいわば俗称で、正式に病名をつけるとすると急性化膿性結膜炎となるかと思います。

新生児眼炎の原因

 新生子眼炎は犬ではブドウ球菌や大腸菌、猫では猫ヘルペスウイルスやカリシウイルスによるの感染に起因するとされています。猫ヘルペスウイルスやカリシウイルスは猫ウイルス性呼吸器感染症の原因となります。

新生児眼炎の症状

 目が開く前に細菌やウイルス感染が起こり、結膜嚢に膿が貯まって腫れたり、目が開いた後も目やにが続いたりします。猫で猫カリシウイルスにも同時に感染している場合、口の中にびらん、潰瘍がみられたりします。特に猫で症状が重度の場合、鼻詰まりも起こし、匂いが嗅げないので食欲もなくなると厄介です。

新生児眼炎の診断/検査

 視診である程度診断可能ですが、必要に応じてウイルス検査などを行うこともあります。膿が出ている場合、グラム染色検査を行う場合もあります。もちろん体調が悪いようであれば、血液検査血液化学検査尿検査なども必要になるでしょう。

新生児眼炎の治療

 一般に目の洗浄や抗菌剤の投与、目薬により治療します。その他対症療法を行います。

新生児眼炎の予防

 飼育環境を清潔にすること、日々の観察によりある程度予防できると思います。また、猫の場合、定期的に母猫にきちんと混合ワクチン接種を行うことが予防になるでしょう。

新生児眼炎の看護/その他

 原因や予防接種の有無にもよりますが、同居の犬や猫が居る場合、感染が広がってしまうことがりますので注意が必要です。

お家で子犬、子猫が生まれた、または生まれたての子犬、子猫を拾ってた場合に、目が腫れている、目やにがひどい、鼻がグシュグシュしている等の様子がみられたら、新生児眼炎や猫ウイルス性呼吸器感染症に感染している可能性がありますので、早めに当院を受診してください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら新生児眼炎になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>

<<VMNオンデマンド>>

この記事を書いた人

福山達也