猫ウイルス性呼吸器感染症

猫ウイルス性呼吸器感染症とは?

呼吸器にウィルスが感染することによって起こる病気です。咳や鼻汁などの風邪のような症状をもたらす病気で、俗称として「猫風邪」と呼ばれることがあります。空気が乾燥しがちな冬に多く見られます。
代表的なウィルス性呼吸器感染症の原因ウイルスとして「猫伝染性鼻気管炎」と「ネコカリシウィルス感染症」が挙げられ、これらが同時に感染することもあります。

猫ウイルス性呼吸器感染症の原因

最も多いウィルス性呼吸器感染症は、猫ヘルペスウィルス(FHV-1)による「猫伝染性鼻気管炎」と、猫カリシウィルスによる「猫カリシウィルス感染症」です。これらのウィルスに感染している猫との接触感染や空気感染によって起こります。潜伏期は2 日〜10 日程と言われています。ウイルス性呼吸器感染症はウイルス単独ではなく、クラミジアなどの細菌による感染症を併発していることも多く、その場合、症状からウイルス感染だけか、細菌感染み併発しているのかなどを区別することは難しいものです。
また、一度感染してしまうと、回復後もウィルスが神経細胞などに潜んでいるため、その猫はキャリアとなり、ストレスがかかったり免疫力が低下した時に再発することがあります。

猫ウイルス性呼吸器感染症の症状

呼吸症状である、鼻汁やくしゃみ、鼻づまりなどの鼻炎症状、発熱や食欲不振等がみられます。これらの症状が人間の風邪症状に似ているために「猫風邪」と言われます。
結膜炎が見られたり、特にカリシウイルス感染症では舌や口の粘膜がただれて口内炎や舌炎が同時に見られたりすることもあります。
症状が軽い場合では数日〜10日程で回復が見られますが、重篤な場合、病状が悪化し、高熱や食欲廃絶、脱水、肺炎にまで波及する場合もあり、特に子猫や高齢の猫など、免疫力が弱い猫の場合は命に関わることもありますので侮れません。

猫ウイルス性呼吸器感染症の診断/検査

一般的にはワクチン歴や問診、症状などから仮診断して治療を開始します。確定診断は検査所に検体を送り行えば可能ですが、時間や費用の問題からあまり行われていません。

猫ウイルス性呼吸器感染症の治療

猫ヘルペスウィルスや猫カリシウィルス等ウィルスを直接排除する治療は無いため、症状に応じて二次感染防止の抗生物質やインターフェロン投与、抗ウイルス薬、輸液等の対症療法をします。
また、保温や湿度管理など飼育環境を良好にし、高栄養の食事療法を行い、自信の免疫力による回復を促します。

猫ウイルス性呼吸器感染症の予防

猫ヘルペスウィルスと猫カリシウィルは、ワクチン接種で感染や重症化を防げる病気です。接種時期や種類、回数などについては当院にご相談ください。猫を飼育したらまずワクチン接種を心がけれください。
また、感染したネコちゃんに接触させないことも重要です。外に出すと感染の機会が増えるため、屋内飼育を心がけることはこの病気の予防に重要です。

ねこを守ろう。

猫ウイルス性呼吸器感染症の看護/その他

お家では暖かくして、湿度を保ち、栄養補給に努めましょう。獣医師から処方された薬はきちんと飲ませ、飲めないようであれば早めに連絡して、点滴などを受けましょう。猫は食欲が無いとすぐに状態が悪くなる動物です。日頃から食欲には十分に注意して1日まつたく食べなければそれは異常のサインです。早急に獣医師の診察を受けましょう。
多頭飼育の場合、感染猫が使った食器やトイレ、キャリーなどは塩素系漂白剤で消毒しましょう。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

ペット医療保険案内壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら「猫ウイルス性呼吸器感染症」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

ペット医療保険オンライン見積もり・無料資料請求