胃拡張捻転症候群

胃拡張捻転症候群とは?

胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん)は、食べ物や液体、ガズなどで胃が膨れあがった胃拡張に、捻れが起こり、さらに胃拡張がひどくなって胃に血行不良が起こり、時間がたつと胃が壊死(腐って)してしまい全身に悪影響が出て、命を落としてしまうこともある緊急疾患です。

 

特にアイリッシュ・セター、アイリッシュ・ウルフハウンド、秋田犬、コリー、スタンダード・プードル、ボルゾイ、グレート・デーン、ニューファンドランド、ボクサー、ジャーマン・シェパード、セント・バーナード、ドーベルマン、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ロットワイラー、ワイマラナーなど胸の深い大型犬や超大型犬種に多く見られます(小型や中型犬、猫、ウサギでも見られることはあります)。

胃拡張捻転症候群の原因

 胃拡張・胃捻転症候群を発症するはっきりとした原因は不明です。胃内に停滞する液体やガスの増加や食後の過度の運動による胃拡張が主な原因となり、胃拡張に伴って胃捻転を起こします。ただ、特定の体型の犬種に多いこで解剖学的な問題、食事や水の大量摂取(早食いや一気飲み)、呼吸困難やパンティング、食後すぐの運動などが誘発要因と考えられています。

胃拡張捻転症候群の症状

胃が拡張するため、元気がなくなり、お腹が膨れる、吐こうとしているのに何も吐けない、ヨダレを大量にたらすといった症状がみられます。重症になると苦しいそうな呼吸やショック状態に陥ります。

 

胃の拡張や捻れが進行すると、隣にある脾臓もねじれたり、急激に循環不全を起こして内臓や心臓に血液が行き渡らず、そのまま治療をしないで放置しておくと数時間で死に至ることがあります。

胃拡張捻転症候群の診断/検査

症状とレントゲン検査により診断します。全身状態を把握するためには、血液検査血液化学検査尿検査超音波検査なども必要になることがあります。

胃拡張捻転症候群の治療

胃拡張・胃捻転症候群は、発見が遅れると命に関わる緊急性の高い病気です。まず静脈点滴などでショック症状の改善や全身状態の安定化を行い、胃にチューブを入れてガスを排出さたり、皮膚から胃に針を刺してガスを排出したりといった緊急処置を行います。

 

その後、ショック状態が落ち着いたら開腹手術による外科的治療を行い、捻転している胃を元の位置に戻すことと、再発を防ぐために胃を腹壁(お腹側の膜)に固定する手術を行います。 胃捻転をおこして長時間経過すると胃が壊死(血液がいかなくなった部分が死んでしまう)してくるので部分切除をしなければならないこともあります。

胃拡張捻転症候群の予防

胃拡張・胃捻転症候群はの原因は不明ですが、食事との関係も大きいとされています。一度に大量の食事(特にドライフード)を与えることを控え、1日の食事回数を2〜3回以上にを増やし(※食事は1日1回でいいなんていうのは迷信です)、1回の食事量を少なくする。特に食後、一気に水を大量に飲ませないようにする。食後や水を大量に飲んだ後は散歩や激しい運動を控えることは予防に役立つ可能性があります。

 

また、ドライフードであれば水でふやかして与えるようにすると良いでしょう。

胃拡張捻転症候群の看護/その他

胃拡張胃捻転症候群は健康なであっても急にかかり、命にかかわる大変恐い病気ですので、注意が必要です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら胃拡張捻転症候群」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>

この記事を書いた人

福山達也