胆管炎/胆管肝炎

胆管炎/胆管肝炎とは?

胆嚢(たんのう)とは袋状の臓器で、肝臓に隣接して、消化液の一種である胆汁をためている臓器です。胆管とは、その胆嚢から胆汁が十二指腸までに通る道(管)です。この胆管で炎症が起きた状態を胆管炎(たんかんえん)といい、さらに胆管は、肝臓とつながっているため肝臓にも炎症が広がった状態を胆管肝(たんかんかんえん)といいます。

胆管炎や胆管肝炎は犬よりも猫に多く見られます。これは猫の胆管と膵管(消化液の一種である膵液が十二指腸へ出てくるときに通る道)の排出口が同じ場所にあり、特有の構造から、膵炎や腸炎が胆管へ波及しやすいためと考えられています。

胆管炎/胆管肝炎の原因

腸内細菌がひとつの原因として考えられます。その他、腸炎や膵炎からの波及、免疫の問題、海外では肝吸虫の寄生が原因として考えられます。このため、胆管炎/胆管肝炎は、その病態から、好中球性胆管炎・胆管肝炎、リンパ球性胆管炎・胆管肝炎、肝吸虫胆管炎・胆管肝炎に分けられます。

胆管炎/胆管肝炎の症状

胆管炎/胆管肝炎に特徴的な症状はなく、ほかの肝臓、胆嚢疾患などと同じように、元気がなくなる、食欲不振、黄疸、嘔吐、下痢、体重減少などが見られます。好中球性胆管炎・胆管肝炎の場合は発熱も見られますし、胆嚢炎が起これば腹痛も見られます。

胆管炎/胆管肝炎の診断/検査

一般的な問診、身体検査を行いますが、この時点で、胆管炎/胆管肝炎を疑うのは難しとされています。そのためスクリーニング的に血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査などが必要になります。
確定診断するには、胆汁検査、血液凝固系検査、肝生検、病理組織検査なども必要になります。

特に高齢猫の場合は、検査で肝臓系の数値が高い場合、甲状腺機能亢進症が肝胆管系疾患と誤診されやすい代表的疾患とされています。念のためT4などの測定をすつとよいでしょう。

胆管炎/胆管肝炎の治療

●内科的治療
原因や病態により異なりますが、好中球性胆管炎・胆管肝炎の場合、抗生物質の投与。リンパ球性胆管炎・胆管肝炎に対してはステロイド剤や免疫抑制剤の投与、
その他、嘔吐下痢への対処、ウルソデオキシコール酸や鎮痛剤の投与、脱水や血液バランス(電解質など)の改善のための点滴、ショックに関連した低血圧、血液凝固異常への対処などの対症療法を行います。

●外科的治療
胆管閉塞があるもしくは疑われる場合には外科的処置が必要になることもあります。

胆管炎/胆管肝炎の予防

胆管炎/胆管肝炎の根本的な予防は難しと思いますが、気づいたときにはすでに病気が進行していることも多い病気です。日頃から、血液検査などの定期健康診断を受け、早期発見を心がけましょう。そしてもしも、元気や食欲がない、黄疸が見られる場合は、自己判断で様子を見ないで、早急に動物病院を受診しましょう。特に猫の場合、食欲不振か数日続くと、肝リピドーシスを発症する場合があり、さらに病状が悪化しますので早めの対処が必要です。

胆管炎/胆管肝炎の看護/その他

リンパ球性胆管炎・胆管肝炎に関しては、基本的に障害の投薬が必要になります。定期的に血液検査を行い、胆管炎/胆管肝炎に関連する値が上昇していれば、量を調節する必要がありますので、再診など指示に従って下さい。

胆管炎/胆管肝炎を確定診断するためには、特殊で侵襲性の強い(負担の大きい)検査が必要になることもありますので、主治医とよく話し合い、最良の方法や対処法をみつけましょう。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら胆管炎/胆管肝炎」する前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 猫の臨床指針Part2; 112-116
  2. HOW I APPROACH… THE CAT WITH CHOLANGITIS


<1>胆管炎および膵炎が存在する猫の磁気共鳴(MR)映像法およびMR胆管膵管造影検査所見
<2>多剤耐性Enterococcus faeciumによる胆管肝炎にバンコマイシンを使用した猫の1例
<3>臨床における病理学
<4>肝胆管疾患について評価された248頭の犬猫における、肝臓、胆嚢、胆汁の細菌培養結果:1998-2003
<5>猫におけるヘリコバクター菌と胆管肝炎との関連性
<6>猫の胆管肝炎
<7>犬と猫における肝臓の針生検とくさび状生検標本の診断上の比較