角膜潰瘍/糜爛

角膜潰瘍/糜爛とは?

角膜は透明で、表面から上皮、実質、デスメ膜、内皮という層から成る薄い組織で、傷や感染などが原因で眼球表面の角膜組織が欠損してしまう病変が角膜潰瘍(かくまくかいよう)といいます。角膜の損傷が上皮のみの浅いものを表在性角膜潰瘍/糜爛(びらん)、角膜実質に及ぶ深いものを深部性角膜潰瘍といいます。
また、ボクサー(ボクサー潰瘍)、ウェルッシュ・コーギー、フレンチ・ブルドッグ、ゴールデン・レトリーバーなどでは、上皮細胞が基底膜に接着できないことによる難治性潰瘍(自発性慢性角膜上皮欠損賞:SCCEDs)が見られることがあります。

角膜潰瘍/糜爛の原因

犬の場合、多くは喧嘩、異物の混入、散歩中の草木との接触などの外傷が原因で起こります。特にパグ、シーズー、ペキニーズといった短頭種で目が飛び出した犬種は目の外傷を起こしやすかったり、乾性角結膜炎などの基礎疾患があると角膜潰瘍が起こりやすくなります。その他、犬ではまれだと言われていますが、細菌、ウイルス<11>、真菌<6>などが原因になることもあります。
また、老年性の角膜変性症は角膜潰瘍に進行しやすいことが知られていますので、注意が必要です。
猫ではヘルペスウイルス感染が原因<4>により起こることが多いと言われています。

角膜潰瘍/糜爛の症状

眼脂(目やに)、結膜の充血、羞明(しゅうめい=目をしょぼしょぼさせる)、角膜の浮腫や混濁、まぶたの痙攣、流涙などの症状がみられます。また、角膜は知覚神経が多く集まっているため、潰瘍があると強い痛みを伴いうため、目をこする、目を床や壁に擦り付けるなどの行動が見られることもあります。
潰瘍が深部(デスメ膜)にまで届き、デスメ膜が瘤のように突出した状態(デスメ膜瘤)になることもあります。最悪の場合には角膜穿孔といい、欠損が角膜の全層にまで及び角膜に穴があいて眼房水が流出してしまうこともあります。

角膜潰瘍/糜爛の診断/検査

視診や検眼鏡検査、スリット検査を行い、フルオレセインという特殊な染色液による染色検査を行います。また、必要に応じて他の眼科検査やグラム染色検査、細菌培養検査などが必要になることもあります。
1週間程度の治療に反応しない場合、全身的な合併症などのチェックのために、血液検査、血液化学検査などが行われることもあります。

角膜潰瘍/糜爛の治療

一般的に抗生剤や消炎剤、ヒアルロン酸ナトリウム(角膜保護剤)の点眼などを行います。状況によっては点眼薬だけでなく内服薬、注射などで全身投与をする場合もあります。また、動物の場合、新たに角膜を損傷することを予防するためにエリザベスカラーを装着する必要があることもあります。
角膜潰瘍は大きく分けて1週間程度で治癒する「単純性角膜潰瘍」とそれでは治癒しない「非単純性角膜潰瘍」に別れます。1週間で治らないようであればより詳しい検査と積極的な治療が必要になります。
潰瘍が深い場合には、「自己血清点眼」と呼ばれる、自分の血液で作る点眼薬を用いて治療を行ったり、動物用コンタクトレンズを装着して患部を保護することもあります。
このような内科療法で改善が認められない場合や症状が重篤な場合には上下眼瞼縫合、第三眼瞼(瞬膜)フラップなどの処置や角膜縫合を行います。また難治性の角膜潰瘍では、外科手術によって治癒が困難な角膜上皮を切除し、格子状もしくは点状角膜切開などで新たな傷を作り、治癒を促す治療を行います。

角膜潰瘍/糜爛の予防

目は大切な器官です。角膜潰瘍は傷がついてから時間が経てば経つ程治りにくくなります。見た目では異常が確認できなくても、眼脂(目やに)、結膜の充血、羞明(しゅうめい=目をしょぼしょぼさせる)、まぶたの痙攣、流涙などの症状がみられるときには早めに当院にご雑談ください。進行すると角膜穿孔に至り失明する危険もありますので、早期発見、早期治療が大切です。
特にパグやシーズー、ペキニーズといった短頭種で目が飛び出した犬種は目の外傷を起こしやすく、角膜潰瘍も多くみられますので注意が必要です。

角膜潰瘍/糜爛の看護/その他

抗菌剤の点眼は通常1日2〜3回程度行います。重度の感染症が疑われる場合は2〜3時間おきに点眼する必要がありますが、指示に従ってください。
通常2〜3日に1回程度の再診が必要で、1週間しても改善が見られないない場合、より積極的な検査や治療が必要です。
日頃から犬猫の目のチェックポイントも参照してください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したら角膜潰瘍/糜爛になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 伴侶動物の眼科診療


<1>.角膜潰瘍の治療: 治療のオプションは?
<2>.台湾の犬の角膜潰瘍から分離された細菌の抗生物質感受性
<3>.犬の進行性潰瘍性角膜炎
<4>.猫ヘルペスウィルス
<5>.犬猫における細菌性角膜疾患
<6>.小動物における角膜の真菌疾患
<7>.慢性角膜欠損の診断および管理(無痛性角膜潰瘍)
<8>.難治性角膜潰瘍の治療に関するシアノアクリレート組織接着剤
<9>.犬の難治性角膜潰瘍に対する補助的なテトラサイクリンによる治療のIn vivoでの効果
<10>.潰瘍性角膜炎の犬からの緑膿菌分離株における、in vitroでのフルオロキノロンに対する感受性
<11>.自然発生性イヌヘルペスウイルス-1型感染に関連した角膜潰瘍の成犬2例
<12>.深部性角膜潰瘍の管理
<13>.角膜内皮疾患に続発した犬の潰瘍性角膜炎および水疱性角膜症の治療に対する角膜熱形成術の利用:13症例(1994年~2001年)