マラセチア皮膚炎

マラセチア皮膚炎とは?

マラセチアとは、人を含む動物の皮膚に常在する酵母です。通常でも常在菌として正常な皮膚にも存在しますが、しばしば皮膚疾患を引き起こすことがあり、犬の慢性皮膚疾患の原因になります。また、特発性だけでなく、アトピー性皮膚炎脂漏性皮膚炎甲状腺機能低下症などに併発して起こります。

アイリッシュ・セター、ニューファンドランド、バセット・ハウンド、スプリンガー・スパニエル、ジャーマン・シェパード・ドッグ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ゴールデン・レトリーバー、シー・ズー、サルーキー、ミニチュア・ダックスフンド、チワワ、パグ、トイ・プードル、フレンチ・ブルドッグ、マルチーズ、ボストン・テリア、オーストラリアン・テリアに、猫ではデボンレックス多く見られるとされていますが、どの犬種や猫種でも見られる印象です。

マラセチア皮膚炎の原因

マラセチアの仲間には14種類が確認されていいますが、犬や猫で問題になるのは、Malassezia Pachydermatisです。真菌というカビの仲間で、その中でも担子菌類というキノコの仲間です。

通常でも常在菌であるマラセチアがなぜ異常に増殖し、皮膚疾患を起こすかは実はまだよく分かっていません。脂肪分泌の多い犬種、飼育環境の温度・湿度、食餌、基礎疾患などいくつかの要因が複雑に絡み合うことで発症すると思われます。

マラセチア皮膚炎の症状

ベトベトした強い脂漏性、悪臭、肥厚(苔癬化)、痒み、色素沈着、皮膚炎、外耳道炎、落屑(フケ)、脱毛がなどが見られます。症状は主に、外耳、口唇、鼻、肢、趾間、脇の下、内股、会陰部などに見られます。

また、マラセチアは犬アトピー性皮膚炎の増悪因子でもあるとされています。アトピー性皮膚炎のある動物では症状がひどくなります。

マラセチア皮膚炎の診断/検査

皮膚検査を行います。皮膚から採取した検体を染色し、顕微鏡で観察します。

また、併発疾患やその他の皮膚疾患と区別するために血液検査血液化学検査尿検査甲状腺ホルモン検査、性ホルモン検査、除去食試験、アレルギー検査なども必要になることがあります。

マラセチア皮膚炎の治療

まずは、抗真菌作用や脂質を除去できるシャンプーを行います。また、消毒や抗真菌剤の内服や外用薬、症状によっては炎症やかゆみを抑える薬剤を用いることもあります。

※当院ではマラセチア皮膚炎の治療に必要に応じて海外から輸入した国内未発売の薬剤(ケトコナゾール)を用いることがありますので、ご了承ください。ケトコナゾールを処方された場合、このお薬は空腹時は吸収が悪いので、必ず食事と一緒に与えてください。

発マラセチア皮膚炎の予防

 もともとマラセチアは常在菌ですから、根本的な予防はなかなか難しと思われます。ただ、アトピー性皮膚炎食物アレルギー膿皮症などがあると症状が増悪する可能性があるので、きちんとした食事や皮膚のケアー、定期的なシャンプーやトリミングは予防に役立つかも知れません。

マラセチア皮膚炎の看護/その他

マラセチア性皮膚炎は治療を行うと症状が軽減しますが、中止すると再発してしまう場合や慢性化することがあります。再発、慢性の場合は根気強い治療が必要です。

最近では抗真菌剤耐性マラセチアも見られるようになってきているため、再発や難治性の場合は詳しい検査が必要です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したらマラセチア皮膚炎」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 伴侶動物治療指針 Vol.1; 68-72:犬と猫のマラセチア感染症の治療
  2. 伴侶動物治療指針 Vol.6; 68-72:犬のMalassezia pachydermatisに対する抗真菌治療


<1>エクアドルのキトで飼育されているアトピー性皮膚炎をもつ犬におけるマラセチア属菌の存在の関連性について
<2>細菌および酵母による皮膚感染症に対する局所療法の再評価
<3>エビデンスに基づいた獣医皮膚病学: 犬のマラセチア性皮膚炎に対する治療介入に関する系統的な再評価
<4>犬のマラセチア治療におけるセファレキシン併用テルビナフィンとケトコナゾール経口投与の臨床的有効性の比較
<5>アレルギー猫におけるマラセチア属の過剰増殖
<6>マラセチアの治療における抗真菌薬と抗真菌薬・抗生物質・コルチコステロイド合剤との比較
<7>製品化されているマラセチア抗原に対するI型過敏症反応の液性測定
<8>犬のマラセチア性皮膚炎治療にテルビナフィンおよびケトコナゾールをセファレキシンと併用し経口投与した場合の臨床的効果の比較-予備研究
<9>マラセチア微生物の生物学と免疫反応および皮膚疾患の誘導能力
<10>バセットハウンドの皮膚マラセチア菌数に対する経口のケトコナゾールとテルビナフィンの抑制効果の比較
<11>Malassezia pachydermatis性皮膚炎に罹患したアトピー犬から採取した血清のマラセチアに対する即時型過敏症の受身伝達に関する評価
<12>健常なバセットハウンドおよびマラセチア皮膚炎をもつバセットハウンドにおけるMalassezia pachydermatisに対する皮内テストの反応性
<13>4種類の酸性化スプレー、酢、水、が犬の皮膚pHに与える影響
<14>バセットハウンドの皮膚上のマラセチア酵母を定量し分布を評価するためのサンプリング法2種類の比較
<15>猫免疫不全ウィルスあるいは猫白血病ウィルスに罹患した猫の皮膚および粘膜表面の真菌叢
<16>回顧的研究: 猫の皮膚生検によるマラセチアの常在度 臨床病理学的研究
<17>アトピー性皮膚炎およびマラセチアの過剰増殖を伴う犬におけるMalassezia pachydermatisの主要抗原の同定
<18>皮膚用抗真菌薬:アゾール系およびアリルアミン系抗真菌薬
<19>アトピー性皮膚炎のMalassezia Yeastsに対する血清抗体

<<VMNオンデマンド>>