猫パルボウイルス感染症(FPV:猫汎白血球減少症)

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

猫パルボウイルス感染症(FPV:猫汎白血球減少症)とは?

 猫パルボウイスル感染によって引き起こされる病気です。血液中の白血球が極端に少なくなってしまうため、汎白血球(はんはっけつきゅう)減少症と言われます。白血球が少なくなると細菌や他のウイルスに対する抵抗力が弱くなってしまい、合併症を起こしやすくなります。このウイルスは非常に感染力が強く、死亡率が高い病気として、有名です。特に体力のない仔猫や若齢猫、ワクチンの接種を受けていない猫がかかりやすく、感染すると、急激に症状が悪化し、仔猫はわずか1日で死んでしまう事もある恐ろしい病気で、猫の伝染病の中でも最悪です。

猫パルボウイルス感染症(FPV:猫汎白血球減少症)の原因

 原因は猫パルボウイルス(Feline Panleukopenia Virus, FPV)です。感染は感染猫との接触や、感染猫の唾液、便、尿、吐物、血液などあらゆる体液で汚染されたものとの接触により起こります。そのためウイルスに汚染されたトイレ、食器、水飲みボール、床、被毛などあらゆるものが感染源になります。また、このウイルスは猫の体の外に出ても長時間生きる残る(数ヶ月から1年以上も生存することがある)ので、感染源に接触した人の手指や衣服、靴などを介した間接感染もあり、完全室内飼育の場合も安心できません。

猫パルボウイルス感染症(FPV:猫汎白血球減少症)の症状

 はじめは、食欲不振元気消失などが現れ、じっとうずくまり動かなくなるなどの症状がみられます。その後、激しい嘔吐下痢の症状が起こり、高熱がみられます。下痢が、ひどくなると血便になり、脱水症状で衰弱してきます。妊娠中の母猫が感染した場合には、死産や流産が多く、生まれた仔猫にも小脳形成不全など脳の異常が残ってしまう事があります。

猫パルボウイルス感染症(FPV:猫汎白血球減少症)の診断/検査

 血液検査で、白血球数の極端な減少があれば疑われます。現在猫パルボウイルスを病院で検査できる方法はありませんが、犬パルボウイルスの検査キットによりある程度の精度で判断できます。確定診断を行うには外部検査機関に依頼してPCR検査や抗原抗体検査を行いますが、少し時間がかかります。

▶猫パルボウイルス感染症(FPV:猫汎白血球減少症)の治療・予防・看護法などは次のページへ

この記事を書いた人

福山達也