肥大型心筋症

肥大型心筋症とは?

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)とは、心臓の筋肉が内側に向かって厚くなり、心室が狭くなってしまうことにより十分な血液を心臓から体に送ることが出来なくなってしまう病気です。猫の心筋症のうち最も多く見られ、約60~70%を占めます。

どの年齢の猫にも起こる可能性があり、雄に多く、メインクーン、ラグドール、アメリカンショートヘアー、ブリティッシュショートヘア、スコティッシュフォールド、ペルシャ、ヒマラヤン、ノルウェージャンフォレストキャット、ベンガル、サイベリアン日本猫の雑種などに多く見られます。犬では極めて珍しい心臓疾患です。

肥大型心筋症の原因

原因については十分に明らかにされていませんが、メインクーンとラグドールでは遺伝子変異が確認されています。

肥大型心筋症の症状

初期には外から分かる症状はほとんどありません。ですから、気づいたときにはすでに病気はかなり進行していることが多いものです。主な症状としては、心臓から送り出される血液が減少するため、全身に回る酸素の量も少なくなり、すぐに動かなくなったり、呼吸が苦しくなり、呼吸困難になります。また、舌が青紫色になるチアノーゼ、苦しそうに口を開けて呼吸する開口呼吸、失神、嘔吐、突然死などが見られることもあります。

また、心臓の動きが悪くなり、血液の流れが悪くなるため、血管や心臓の中で血液が固まって「血栓」ができやすくなります。できた血栓が動脈に詰まって、塞栓症を起こします。特に後ろ脚へ向かう動脈に血栓がつまる大動脈血栓塞栓症が起こった場合、急に麻痺がおこり跛行や歩けなくなり、激しい痛みに襲われ、最悪の場合は死に至ることもあります。

肥大型心筋症の診断/検査

身体検査、聴診、レントゲン検査超音波検査心電図検査血液検査血液化学検査などを行い診断します。しかし、この病気は症状が出た段階ではかなり進行していることが多いもので、特に多く見られる猫種の場合は、事前に超音波検査や心臓のマーカー検査などを行い調べておくことは大事です。

肥大型心筋症の治療

肥大型心筋症は、基本的には完治しない病気です。内科療法により心臓の動きを整えたり、血栓を予防したりします。これらは「治す」ためではなく、「今の状態をある程度改善」したり、「悪くならないようにするため」のもので、一生涯続ける必要があります。

肥大型心筋症の予防

定期的な検査を行って、早期発見、早期治療に努めましょう。特にメインクーンとラグドールを飼育されている場合は事前に遺伝子検査をされることをお勧めします。

肥大型心筋症の看護/その他

肥大型心筋症は突然死の可能性もある病気であることをご理解下さい。

できるだけ興奮を避けるように飼育し、他院を受診する場合は獣医師に肥大型心筋症に罹患していることを伝え、無用な点滴や皮下点滴、輸血などに注意してください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんを飼育したら肥大型心筋症になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 猫の臨床指針Part1


<1>.