食欲不振

食欲不振とは?

食欲不振(しょくよくふしん)は病気の名前ではなく、症状の名前です。食事の量が減った、食欲にむらがある、あるいは全く食事をとらなくなることを食欲不振といいます。特に全く食べない場合は「食欲廃絶(しょくよくはいぜつ)」といいます。病気の中には、異常に食欲が増すもの(例:糖尿病)、食べても食べても痩せるもの(例:甲状腺機能亢進症)なども稀にありますが、このような特殊な病気を除いて、ほとんどの病気で食欲不振が起こります。時々「食欲不振なんですが、どんな病気が考えられますか?」と聞かれますが、食欲不振からは獣医学の本に記載されているほぼすべての病気が当てはまると言っても過言ではありません。また、病気以外の原因で食欲が低下することもあるので見極めが大事です。

 

ペットオーナーの皆さんが知っておかなければならない重要なことは、食欲不振が見られた場合、いつまで様子を見ていいのか? 食欲がないときにどのように食べさせるかだと思います。

食欲不振の原因

恐怖、不安定,興奮、ストレス、痛み、発熱、薬剤などでも食欲はなくなります。また環境の変化(例:引越し、旅行中、来客)という場合もあります。他には発情期、出産です。また、食餌そのものに問題があることもあります。同じ食餌に飽きてしまうということもありますし、いつもと違うものをあげた場合に拒否するということもあります。もちろん、前回の食事でたくさん食べ過ぎて、まだおなかがすいていないということもあるでしょう。

 

これらが否定されれば病気の可能性が出てきます。もちろん他に元気がない、嘔吐する、下痢するなど症状があればそれは病気の徴候です。

食欲不振の症状

食欲不振と判断する基準としては、まず普段食べている量というのはほぼ一定したものであるはずで、これがばらつけば食欲不振のはじまりと考えられます。本当の食欲不振ならば1回だけでなく続くのが普通で、1食分食べなかっただけというのはあまり重大な問題ではないでしょう。食欲不振と判定するための「食べていない時間」も年齢によって違います。以下の猫に関するデータですが、犬も参考にしてください。食欲がないのが、1〜2カ月齢では8時間以内、2〜3カ月齢では12時間以内、3〜4カ月齢では16時間以内、1歳以上の成猫で24時間以内であれば、とくに異常ともいえません。これを超えるようであれば異常と判断して早めの対処が必要です(もちろん元気がないのであればこの時間を待つまでもなく当院にご相談頂くか、獣医師の診察を受けてください)

食欲不振で様子を見れる時間の目安
年齢 様子を見れる時間
1〜2ヶ月 8時間以内
2〜3ヶ月 12時間以内
3〜4ヶ月 16時間以内
1歳以上 24時間以内

食欲不振の診断/検査

まずは、食欲不振という症状だけでは診断は難しいと思われます。原因を探るために、詳しい問診、身体検査や血液検査血液化学検査が必要になります。もちろん他に症状があるのであればそれらに関連した病気を探るためにレントゲン検査超音波検査などをはじめウイルス検査、細菌検査など様々な検査も必要になるかもしれません。食欲不振からはほぼすべての病気が考えれれることを忘れないで下さい

食欲不振の治療

治療は原因により様々です。病気が原因であればその病気を取り除きます。また、対症療法的に食欲増進剤や精神的な問題に対して抗うつ剤などを用いることもあります。動物病院には高カロリーのペースト状の栄養剤、流動食、専用チュール剤など補助的に用いることができる栄養剤などがありますので、それらは助けになるでしょう。詳しくは当院にご相談ください(但し、当院をご利用のペットオーナーに限る)。また、強制給餌という方法が必要なこともあります。これには、注射器などで流動食を入れる簡単なものから、口から胃にチューブを入れたり、食道に穴をあけてチューブを入れたり、皮膚から胃に穴を開けてチューブを入れたりするなど様々な方法があります。

食欲不振の予防

食欲不振に対する予防というのはなかなか難しいかもしれませんが、早期に発見することが大事です。日頃から食餌の量をきちんと計量して一定にすることで変化に早めに気づくことができます。次に、もしも食欲不振が見られ、他に症状がみられない場合には、24時間様子を見て、食欲がもどらなければ当院にご相談頂くか、獣医師の診察を受けるべきです。特に猫は1日まったく食欲がなければそれは確実に異常だということを覚えておいて下さい。もちろん、他に症状がある、まったく食べない(食欲廃絶)、水も飲まないという場合は、24時間待たずに動物病院に行くべきです。

 

また完全に食欲はなくなっていないが,食欲不振(低下)が72時間以上続くならば必ず動物病院を受診してください。

特に太った猫の場合、食餌をしなくてもいい時間は36時間までということをしっかり覚えておいてください。これを過ぎると、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝が急激に起こって、非常に危険になります。これは人間や犬とは違います。

食欲不振の看護/その他

食欲不振が起こった場合、まずご家庭での対処例として以下のようなものがあります。試してみて下さい。
・静かな環境で与える!
特に猫は、大きな物音がすると落ち着いて食べれません。
・きれいで平らな食器で与える!
特に猫はできれば縁のない平たいお皿などで与える。
・流動食を流用する!
水分は摂るけれども固形食を受け付けない場合や、口の痛みがあって食べづらい場合などは、液体状や粉状の物を水で溶かして与えるタイプの流動食を利用するのも一つの方法です。自分から飲まない場合には、シリンジなどで口に入れてあげて飲ませることもできますし、ペースト状なら口に塗ることもできます。ただし、液体の栄養剤は嘔吐がない場合に限ります。
当院にはペースト状の栄養剤や液体の流動食なども販売しております。ご相談下さい。
・小量のおいしそうなものを頻回に分けて与える!
少しづつ食べたら与えるを心がけましょう。
・よい臭いのするものを与える!
・懐石料理のように多種類のフードを少しずつ並べて与える!
少しづつ沢山の種類を並べると好みのものを食べる可能性があります。
・ふりかけやトッピングなど副食を加える!
犬であれば仔犬用ミルク、ゆでて細かくしたキャベツ、カボチャ、ササミ、豆腐など、猫であればカツオブシや猫缶など、好みの食材を少量トッピングしてみてもよいでしょう。腎臓に負担をかける塩分とタンパク質の摂り過ぎに注意し、トッピングする食材や量については、相談して下さい。また、高栄養の療法食の缶詰や栄養補給用のペースト状のサプリメントなどを利用すると、少量で栄養を補給することができます。これらは食欲が落ちてしまった時でも食べられるように嗜好性が高く作られていますので、療法食にトッピングすることで食べてくれる可能性が高くなります。
・冷たくなく熱くないもの(人肌程度に温かいのがよい)を与える!
ウエットタイプのフードはレンジで少し温めてみたり、ドライフードの場合にはドライヤーなどで温めてみたりすると、匂いが立ち風味が増します。
ウエットフードは電子レンジで少し温めてみたり、ドライフードの場合にはドライヤーなどで温めてみたりすると、匂いや風味が増します。
・あやしながら与える。
・食べない場合は10分以内に片づける。
・食欲増進剤を用いる!
嘔吐がないようであれば、食欲増進効果のある薬を一時的に利用して、食欲を出させる方法もあります。ご相談下さい。

何も食べないよりは、とにかく何でもよいので、食べた方がよい
食欲不振で食べない状態が続くと、体力が落ちて衰弱してしまうだけでなく、生命を維持するために肝臓や腎臓などに負担をかけるという悪循環に陥ります。とにかく何でも食べられる物を与えてみましょう。自分から「食べたい」という気持ちにさせることも大切です。塩分の多いもの (ソーセージなど)やタンパク質の多いもの(お肉やお刺身など)は食欲が落ちた時でも好んで食べてくれることが多い食材ですが、腎臓には負担になります。ある程度食べられそうなことが確認できたら、それらの食材をフードに混ぜ、徐々に少なくして、できるだけ早く療法食など負担をかけにくい食事に移行していくことも大事です。

強制給餌(きょうせいきゅうじ)/経管栄養(けいかんえいよう)
どうしても食餌を受け付けない場合には、強制的に食事を与えること(強制給餌)や、鼻チューブ、経食道チューブ、胃瘻(いろう)チューブなどを利用して経管栄養を与える方法もあります。
強制給餌はウェットフードを指につけて上あごに付けたり、流動食や軟らかくしたウェットフードをシリンジ などで口の中に入れる方法です。比較的手軽にできますが、「食べたくない時に強制的に食事を口の中に入れられる」ということが、ストレスになってしまう可能性があります。
鼻チューブ、経食道チューブ、胃瘻チューブなどを利用した経管栄養は、そのようなストレスを最小限に抑えることができ、腎臓病用の流動食や水分、薬などを効率的に与えることができます。一方で、経食道チューブ、胃瘻チューブの装着には鎮静や麻酔処置が必要となり、状態によってはリスクを伴うことになります。

 

日々診察していて感じるのは「対処が遅い」ということです。食欲は最もペットオーナーの皆さんが気づきやすい症状の一つです。症状が他になくても、猫は24時間(1日)、犬は72時間(3日)食欲不振が続くようならどこかに異常がある可能性があります。ましてやそれ以上食欲不振が続くようであれば確実に状況は悪くなってきています。手遅れになる前に当院にご相談ください。当院にはご家庭でご利用可能な栄養剤や流動食などもあります。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

ペット医療保険無料資料請求壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら「食欲不振」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 伴侶動物治療指針Vol.8; 337-341


<1>.猫の食道切開チューブの新しい挿入方法について
<2>.栄養学的プラン: 病気に合わせた食事