FLUTD:猫下部尿路疾患

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

FLUTD:猫下部尿路疾患とは?

 猫下部尿路疾患:FLUTD(猫泌尿器症候群:FUSと以前は言われていました)は、その名の通り、尿路の下部にあたる膀胱と尿道に関係する疾患の総称で、膀胱炎や尿道炎、膀胱や尿道の尿石症などが含まれます。猫では特に原因不明の特発性FLUTD(間質性膀胱炎、特発性膀胱炎)や不適切な食事による尿結晶や尿石の形成が多く見られます。
 症状が進むと、尿道が詰まって排尿が全くできず尿毒症となり短期間で死亡することもあり、注意が必要な病気です。
 FLUTDはどの年齢でも発症する可能性がありますが、通常、運動量が少ない猫、屋内トイレを使用する猫、屋外へのアクセスがほとんどまたはまったくない猫、ドライフードを与えられている猫、中年の太りすぎの猫で見られます。他にも精神的ストレスや環境ストレス、複数の猫がいる家庭、日常生活の急激な変化などの要因も、猫がFLUTDを発症するリスクを高める可能性があります。

FLUTD:猫下部尿路疾患の原因

 特発性膀胱炎、尿石(ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石)、尿道栓子によって発症することがほとんどです。
 尿路閉塞は若い猫や去勢された雄猫でよくみられます。また、ストルバイトは7歳以下で、シュウ酸カルシウムは7歳以上で発生頻度が高い傾向があります。
 猫のカリシウイルス感染症は下部尿路疾患の原因になる可能性があるという報告があります<8>。また、糖尿病甲状腺機能亢進症などの病気は、猫の下部尿路疾患を引き起こす可能性があり、あまり一般的ではありませんが、尿路の腫瘍、先天性疾患、尿路や脊髄の損傷により起こることもあります。

FLUTD:猫下部尿路疾患の症状

 猫下部尿路疾患になると、いきみ:頻繁にトイレに行くのに尿が出ない(排便と間違えないように)、少量の排尿、排尿時の痛みで鳴く、トイレ以外の場所で排尿する(不適切な排尿)、血尿、陰部を頻繁に舐めるなど、膀胱炎の症状が現れます。
 また、尿道結石や尿道栓子(炎症で尿路からはがれ落ちた細胞や白血球、赤血球、尿結晶、粘液などが固まってできた栓のこと)などにより尿道が閉塞し、排尿がほとんど、あるいはまったくできない状態(尿道閉塞)になると、急性腎不全を起こし、尿毒症を引き起こすことがあります。尿道閉塞は緊急処置を要する事態です。24~48時間以内に治療を行わなければ死亡する可能性が高くなります。すぐに当院にご連絡頂くか、獣医師の診察を受けてください。

FLUTD:猫下部尿路疾患の診断/検査

 問診、身体検査で状態を把握します。必要に応じて、レントゲン検査超音波検査などを行い、全身の状態を把握するために血液検査血液化学検査尿検査などが必要になります。
 特発性膀胱炎の診断は除外診断です。つまり、同様の兆候を引き起こす可能性のあるすべての疾患が除外された後に行われる診断です。

FLUTD:猫下部尿路疾患の治療

 猫下部尿路疾患の治療は、尿道が尿道結石や尿道栓子で閉塞している場合には緊急処置が必要となります。麻酔あるいは鎮静をかけた状態でカテーテルを用いて尿道の閉塞を解除し、膀胱内を洗浄します。尿道閉塞を起こしてから時間がたって急性腎不全に陥っているようであれば、その治療も並行して行っていきます。尿道閉塞を何度も繰り返しているケースでは、尿道を広げる手術が行われることもあります。
 膀胱内に尿結石がある場合は、結石の種類によっては外科手術による摘出手術が行われたり、食事療法や輸液療法などの内科的治療で結石を溶解させたりします。細菌感染によるものでは、抗生剤による治療が行われます。
 

▲上記の猫下部尿路疾患用療法食は当院でも処方可能です。当院での診察・診断・処方後オンラインでのご購入となります。詳しくは当院にお尋ね下さい。

特発性FLUTDの場合は、現在確実に有効と言える治療法は見つかっていませんが、炎症や痛みを緩和するための投薬が行われることがあります。特発性FLUTDは自然に治ることもありますが、治ってもすぐに再発を繰り返すため、上記の投薬のほか、ストレス対策としての環境修正などが推奨されています。

FLUTD:猫下部尿路疾患の予防

 尿石症の管理には、食事管理がとても重要です。尿石症の管理用に作られたフードを与え、おやつや食事の残りなどは与えないようにしましょう。
 水分を多くとると尿量が増え、尿が薄められ排尿の回数が増加します。缶詰のフードは無理することなく水分摂取の増加に役立ちます。

また、運動量が少ないと、水分摂取量が少なくなりがちです。適切な運動をさせましょう。トイレが汚れていると、排尿をがまんすることがあり、膀胱に尿が溜まる時間が長くなり、尿石のできるリスクが高くなります。トイレを清潔にしておきましょう。

オメガ3脂肪酸が発症率を軽減したという報告がありますが、その詳細は不明のようです。あまり再発するようなら試してみるのもいいかもしれません。

アンチノール

アンチノールは、PCSO-524を含むニュージーランドのきれいな海で育ったモエギイガイから新鮮な状態で熱をかけずにオイル抽出した脂肪酸(DHAやEPAなどのオメガ-3脂肪酸を含む91種に及ぶ脂肪酸が含まれています)の製品で、熱をかけていないので、脂肪酸の働きを十分発揮できるとされています。実は我が家の愛犬も飲んでおります。
当院受付にて販売もしております。ベッツペッツホームページからのご購入は5%引きとなりますが、「動物病院コード」が必要になります。詳しくはこちらから

FLUTD:猫下部尿路疾患の看護/その他

 猫下部尿路疾患の予防は、膀胱や尿道の疾患を防止するために、トイレを清潔にする、複数飼育の場合は猫の数+1のトイレを設置する、いつでも水を飲める環境(あまり水を飲まない猫には流れる給水器なども効果的です)を整えるほか、猫が3次元で遊べるように家具の配置を変えたり、キャットツリーなどを導入したり、遊ぶ時間を増やしたりといった対策が効果的です。

尿石症では、尿結石の種類に応じた食事を与えることが推奨されます。食事中に尿石の構成成分であるマグネシウム、リン、カルシウムなどが過剰に含まれていると、尿中に結晶や結石が形成される機会が増加します。また食事によっては尿pHのバランスを崩し、リスクを高めることもあります。ドライフードよりウエットフードが適切であったり、少量、頻回に与えることが効果的だったりします。詳しくは当院にご相談ください。肥満はFLUTDの再発を高めるため、適正体重を保つように心がけてあげましょう。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃん猫ちゃんを飼育したらFLUTD:猫下部尿路疾患になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. Feline lower urinary tract disease
  2. 伴侶動物治療指針Vol5; 350-367:猫下部尿路疾患における管理の進歩


<1>.尿道閉塞の雄猫の来院時の体温および高窒素血症の重症度と入院期間との関連性に関する回顧的評価: 猫243頭(2006-2009)
<2>猫の尿路感染症治療に対するセフォベシンの有効性および安全性
<3>猫下部尿路疾患に罹患した猫の細菌尿: ノルウェーにおける134症例の臨床研究
<4>ヨーロッパの猫の下部尿路疾患の臨床症状と病因の評価
<5>猫の難治性特発性下部尿路疾患
<6>猫の特発性下部尿路疾患に対するアミトリプチリンの短期間の臨床効果: 比較臨床試験
<7>ESFM(ヨーロッパ猫医学会)会議プロシーディング、ストックホルム、2002年9月: 猫の下部尿路疾患
<8>特発性下部尿路疾患の猫から分離された新規の猫カリシウイルス2種が持つ遺伝的特徴

この記事を書いた人

福山達也