ぶどう膜炎

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

ぶどう膜炎とは?

ぶどう膜
ぶどう膜

目の組織のうち、瞳孔(黒目のこと)の周りの眼球の色がついている部分である「虹彩(こうさい)」、水晶体を取り囲んで水晶体の厚みを調節する毛様体筋がある「毛様体(もうようたい)」、強膜(白目のこと)の内側にある膜である「脈絡膜(みゃくらくまく)」を総称して「ブドウ膜」といいます。「ブドウ膜」には目に栄養を与えるための毛細血管が分布しており、眼球の内部を覆っています。何らかの原因により、このブドウ膜の一部もしくは全体に炎症が起きるのがブドウ膜炎です。

ぶどう膜炎の原因

ブドウ膜炎の原因は多くのことが考えられます。白内障などさまざまな他の目の病気や感染症など全身性の病気から続発して発症したり、遺伝(ゴールデン・レトリーバの色素性ぶどう膜炎)、外傷。腫瘍、中毒などが考えられますが、最も多いのは原因がよくわからない特発性や、免疫介在性のぶどう膜炎です。

ぶどう膜炎の症状

ブドウ膜炎の症状はさまざまです。縮瞳して瞳孔が小さくなったり、白目の部分が真っ赤に充血し、目の痛みのために目をショボショボさせたり、瞼を震わせたりが見られます。また、目ヤニや涙の量が増えることもあります。重度になると角膜浮腫で目の表面が曇り、目の中にモヤがかかったように見えたり、虹彩の色や形が変化したりすることがあります。また、ブドウ膜は視覚に関与する網膜に隣接しており、網膜に炎症が広がると視力の低下や失明することもあるため、物にぶつかる頻度が増えたりと本当に様々なです。

ぶどう膜炎の診断/検査

問診、身体検査を行い、眼科検査(スリットランプ検査、眼圧測定、眼底検査など)を行います。ぶどう膜炎になると眼圧が通常より低下することが多いので、眼圧検査は早期診断の目安の一つとして有効です。その他の眼科疾患と重なるとことがあるので、さまざまな検査を行い、総合的な判断をすることが必要です。また、全身性疾患に続発していることが疑われる(特に両目にぶどう膜炎がある場合)場合、血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査、CT、MRI検査などを行う必要があり、時には原因をつきとめるために様々な検査が他にも必要になります。

ぶどう膜炎の治療

ブドウ膜炎はさまざまな他の目の疾患から続発して発症したり、他の疾患から続発したりしますので、原因を特定して治療を行うことが理想的でが、時には原因を突き止められないこともあります。その場合各種点眼薬により炎症を抑えたり、感染を予防することになります。

ぶどう膜炎の予防

目は大切な器官です。早期発見のためにも日頃からよく愛犬・愛猫の観察し、白目の充血や目の表面の濁りなどの異常を見つけた場合、はすぐに当院にご相談下さい。また、ぶどう膜炎は全身性疾患が原因となっていることもありますので、目の異常以外でも気になる症状があればには、お気軽に当院にご相談ください。ワクチンで防げる病気(ジステンパー、レプトスピラ症、犬アデノウイルス感染症、猫伝染性腹膜炎、猫免疫不全ウイルス感染症、猫白血病ウイルス感染症など)が原因でぶどう膜炎を起こすことがあります。これたは定期的なワクチン接種できちんと予防しましょう。

ご家庭での目のチャックはこちらの「犬猫の目のチャックポイント」を参照してください。

ぶどう膜炎の看護/その他

ぶどう膜炎は軽度で治まる場合もあれば、慢性化し、治療が長期間にわたったり、重度になると白内障緑内障を続発したりします。また、視覚障害を起こしたりすることがあります。治療により一見すると良くなったように見えると、自己判断で、勝手に治療を途中で終了する人がます。このような場合、治りきっておらず知らないうちに悪化することが多くあります。治療終了の指示があるまできちんと再診、治療を継続しましょう。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したらぶどう膜炎」する前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 伴侶動物の眼科診療.216-226
  2. 猫の臨床指針Part2. 394-401
  3. 伴侶動物治療指針 Vol.9; 269-282:犬のぶどう膜炎の診断と治療


<1>猫の感染性ブドウ膜炎
<2>臨床における病理学 ぶどう膜皮膚症候群
<3>猫のブドウ膜炎
<4>犬の前部ぶどう膜炎

この記事を書いた人

福山達也