副腎皮質機能低下症(アジソン病)

副腎皮質機能低下症(アジソン病)とは?

副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)は俗に「アジソン病」と呼ばれることもあります。副腎は、左右の腎臓の近くにあり、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)を分泌する大切な内分泌器官です。このコルチゾールは、糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝、体の免疫系やストレスに対する作用などさまざまな働きを担っています。

副腎皮質機能低下症になると、この副腎皮質ホルモンの分泌が低下することにより、さまざまな症状が引き起こされます。若齢〜中年齢(平均約 4 歳齢)の雌犬で多く、海外では純血種に多いと言われています。猫では珍しい病気です。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)の原因

副腎皮質機能低下症の発症の原因には、大きく分けて次の2つがあるといわれています。

  1. 原発性副腎皮質機能低下症
    副腎自体が萎縮したり破壊されたりして、副腎皮質から分泌されるホルモンが低下することによって起こります。これは、腫瘍や感染症、免疫介在性疾患、出血などさまざまな原因があるといわれています。
    また、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の治療に用いる薬物も副腎を破壊することがあります。
  2. 二次性(続発性)副腎皮質機能低下症
    副腎皮質ホルモンの分泌を促進する下垂体ホルモンの分泌が低下するためにおこります。
    その原因として下垂体または視床下部が腫瘍、創傷、炎症などの原因により破壊され副腎を刺激するホルモンの分泌が低下ることにより、副腎が萎縮する場合や、長期ステロイド剤の投与を急に中止した場合などに起こります。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)の症状

副腎皮質ホルモンは、体に対して多くの影響を与えるホルモンです。このため、副腎皮質機能低下症ではさまざまな症状がみられます。ただ、はじめのうちは、特徴的な症状はありません。なんとなく元気が無い、ちょっと体重が減ってきた、時々嘔吐や下痢が出る程度です。なんとなく具合が悪くなったりよくなったりすことが初期の特徴でもあります。

病気が進むと食欲不振嘔吐下痢、腹痛、体重減少や血糖値の急激な低下、脱水などが起こります。ストレスがかかると一挙に症状が悪くなったり、低体温、震え、けいれん、徐脈、多飲多尿、血便、吐血などを起こします。激しい症状は副腎皮質の90%以上が破壊されてから起こり、平常時でもホルモン不足による症状がみられるようになります。

症状が急性の場合では高カリウム血症から心臓の機能不全を起こすことがあり、ショック症状を起こし、重度の場合では死に至ることもあります。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)の診断/検査

問診、身体検査はもちろん、血液検査血液化学検査尿検査コルチゾール測定レントゲン検査超音波検査などが必要になります。確定診断にはACTH刺激試験が必要になります。

重症の場合、虚脱して動物病院に連れてこられることも多く、診断を確定してから治療を行うのでは手遅れになることもあるので、ほとんどの場合緊急治療を行いながら検査を行うことになります。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)の治療

治療は、副腎皮質ホルモンの投与を行ないます。基本的には、一生涯を通しての投与となり、投薬にあたっては、まずホルモンの分泌が低下している原因を確定する必要があります。次に、薬の必要量を確認するために、投薬前後の血液検査(血中の副腎皮質ホルモン濃度の測定)を行ないます。投与量が多い場合には副腎皮質機能亢進症を引き起こす可能性があるため、注意が必要となります。薬の投与量や回数などについてはワンちゃんの症状や原因、副腎皮質ホルモン濃度により異なるため、定期的な検査を含め、動物病院にご相談ください。

また、高カリウム血症などショックを起こすような救急処置が必要な場合には、生理食塩水などの点滴や副腎皮質ホルモンの静脈内注射などの処置が必要となりますので、早急に当院にご連絡頂くか、獣医師の診察を受けてください。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)の予防

副腎皮質機能低下症は早期発見、早期治療が重要です。定期的な検診をお勧めします。また、上記に記載したような症状が見られる場合は、早めに当院にご相談ください。

日頃から愛犬・愛猫の行動や飲水量、尿量、体重が減少していないかなどのチェックを心がけましょう。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)の看護/その他

適切な治療を行うためには、定期的に、身体検査や血液検査、血液化学検査を行って、薬の量をを調節する必要があります。この病気は甘く見ると命に関わります。指示された再診スケジュールや検査スケジュールをきちんと守ってください。

副腎皮質機能低下症は基本的に完治する病気ではありません。生涯にわたり治療を行う必要があります。ただ、きちんと治療、管理できれば、健康な犬と同様に一般的な寿命をまっとうできるとされています。

症状が安定していても、旅行やペットホテル、入院、手術などストレスのかかる場合に症状が出やすいとされていますので、それ以外でもストレスのかかることは注意が必要です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら副腎皮質機能低下症(アジソン病)」する前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>猫のアジソン病発症に伴う重度のアシドーシス: 猫の副腎皮質機能低下症の1例
<2>.犬の副腎炎における副腎皮質萎縮と炎症との関連
<3>.急性副腎機能低下症の治療
<4>.小動物の副腎皮質機能低下症
<5>.犬に認められた両側性の副腎悪性腫瘍によるアジソン病
<6>.猫の視床下部-腺下垂体腫瘍
<7>.犬の糖質コルチコイド欠乏性副腎皮質機能低下症:18症例(1986-1995)
<8>.犬の非定型アジソン病:14症例における回顧的調査
<9>.スタンダード・プードルの副腎皮質機能低下症に関する遺伝率および複合分離分析
<10>.ベアデッド・コリーにおける副腎皮質機能低下症の遺伝
<11>.猫の医原性二次性副腎皮質機能低下症および糖尿病に起因する高カルシウム血症
<12>.副腎腫瘍の外科的処置: 21症例(1990-1996)
<13>.副腎皮質機能低下症罹患犬におけるアルドステロン濃度の評価
<14>.犬の副腎皮質機能低下症を診断する低用量ACTH刺激試験の使用
<15>.犬の副腎皮質機能低下症:診断と治療
<16>.犬の副腎皮質機能低下症:病因と臨床徴候