口内炎(猫慢性口内炎)

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

口内炎(猫慢性口内炎)とは?

口の中の粘膜である舌や口の中の表面部分に炎症を起こす病気です。赤く腫れてただれが生じ、痛みも伴うことが多いため、食欲の低下などもみられます。口内炎とともに歯肉炎が併発している場合もい多くあり、慢性化したものは慢性歯肉口内(FCGS)ともも言われます。

特に猫の慢性口内炎は様々な呼び名があり、猫難治性口内炎、潰瘍性口内炎、猫リンパ球性形質細胞性歯肉炎/口内炎[LPGS]などとも呼ばれることが多く、原因は様々です。

猫全体の0.7%(0.5〜1.0%程度)が発症すると報告されています。<1>

口内炎(猫慢性口内炎)の原因

 猫の(慢性)口内炎の原因は、まだはっきりとは分かっていません。しかし、歯垢や歯石がたまることが原因のひとつと考えられています。また、猫免疫不全ウィルス(FIV)感染症猫白血病ウィルス(FeLV)感染症、猫ウィルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウィルス感染症)、猫カリシウィルス感染症などの感染症や糖尿病腎臓病などの慢性疾患によって免疫力が低下し、口腔粘膜が細菌や真菌に感染することも原因のひとつと考えられています。このほか、ビタミンAの不足によっても口内炎になることがあります。

口内炎(猫慢性口内炎)の症状

 口の中の粘膜が炎症を起こし、炎症を起こしている部分は出血しやすくなり、ただれて潰瘍になったりします。症状の進行とともにネコちゃんの口の痛みが強くなり、よだれを垂らしたり口臭も強くなっていきます。症状が重くなると強い痛みのため、口の周りや頬を触られるのを嫌がり、食事も積極的には摂らなくなったり、全く食べなくなってしまうこともあります。

口内炎(猫慢性口内炎)の診断/検査

口内炎かどうかは視診で判断できますが、その程度や状態を知るために、レントゲン検査血液検査血液化学検査ウイルス検査(猫免疫不全ウィルス[FIV]、猫白血病ウィルス[FeLV]感染症)などが必要になることもあります。

難治性の口内炎(特に猫リンパ球性形質細胞性歯肉炎/口内炎[LPGS])は、その症状の重症度からは以下の4つのグレードに分類します。[3]

グレード 状態

無症状

軽症

中程度

重症

口内炎(猫慢性口内炎)の治療

口内炎の治療は、一般的に抗生剤や抗炎症剤、免疫抑制剤、猫インファーフェロン製剤<3>(但し、無効という報告もある)などを投与します。口内炎を起こしている原因がある場合にはその治療も行います。歯垢や歯石が原因の場合はスケーリングや口の中の洗浄を行ない、糖尿病や感染症が原因としてある場合にはその治療も行います。

補助療法として各種サプリメント(eFace-Vなど)やレーザー治療などが併用されることもあります。

治りにくい猫の慢性口内炎の場合は、全抜歯といって全部歯を抜いてしまうこともあります。ただ、これは一般に動物病院ではなく歯科を専門にしている動物病院で行ってもらうことをお勧めします。

口内炎(猫慢性口内炎)の予防

口内炎は、早期発見、早期治療が重要です。日頃から口や口の中をなどをよく観察することが重要です。

また、歯周病の管理が重要です。歯磨きやプラークコントロールを心がけるようにしましょう。歯垢の除去を行い、歯磨きの習慣をつけましょう。歯石の除去には、多くの場合全身麻酔が必要となります。

さらに、猫の場合原因として、猫免疫不全ウィルス(FIV)、感染症や猫白血病ウィルス(FeLV)感染症、猫ウィルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウィルス感染症)、猫カリシウィルス感染症などの感染症が考えられています。これらの病気をワクチンで予防することは重要です。

研究では、多頭飼育は慢性口内炎になりやすい[4]と報告されています。また、この研究では頭数が増えれば増えるほどそのリスクが高くなる[4]ことも報告されています。

口内炎(猫慢性口内炎)の看護/その他

 口に痛みがあると食べれません。様々な方法で栄養補給を行う必要があります。ご家庭では食欲不振も参考にしてください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃん・猫ちゃんを飼育したら口内炎(猫慢性口内炎)になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 猫の臨床指針Part2.
  2. 小動物臨床指針;24
  3. Bovine lactoferrin and piroxicam as an adjunct treatment for lymphocytic-plasmatic gingivitis stomatitis in cats
  4. Feline chronic gingivostomatitis is more prevalent in shared households and its risk correlates with the number of cohabiting cats


<1>.一次診療獣医病院での猫の慢性歯肉口内炎の罹患率
<2>.Bartonella属、猫ヘルペスウイルス1、猫カリシウイルス、猫白血病ウイルス、および猫免疫不全ウイルスと猫の慢性歯肉口内炎に関する評価
<3>.猫組み換えインターフェロンオメガを用いた猫の難治性慢性歯肉口内炎症例の治療
<4>.慢性歯肉口内炎に罹患した猫の唾液中および血清中の免疫グロブリン濃度
<5>.猫の慢性歯肉口内炎の消失と同時に停止したカリシウィルスの排泄

この記事を書いた人

福山達也