多飲多尿

発多飲多尿とは?

多飲多尿(たいんたにょう)とは読んで字のごとく「たくさん水を飲んで、たくさんオシッコをする」ことです。英語では「Polyuria Polydipsia」(多尿多飲)」あるいはPU/PDと書きます。日本語だと、多飲多尿と逆が一般的です。

多飲多尿で問題になるのが「多飲」なのか「多渇(たかつ)」なのかということです。たくさん水を飲んでしまうから、たくさんオシッコが出てしまっているのか、たくさんオシッコが出てしまうから、のどが渇いてたくさん水を飲むのかどちらかということです。犬や猫の場合、実際は多飲が先に起こることは極めて少ないと言われています。すなはち殆どはたくさんオシッコが出るので、喉が乾いて水をたくさん飲むということが多いということになります。

多飲は犬の場合1日体重1kgあたり100ml以上水を飲むなら、猫だと同じく体重1kgあたり50ml以上飲みならが一つの目安です。多尿は犬猫ともに1日あたり体重1kgあたり50ml以上のオシッコをする場合です。

多飲多尿の原因

多尿多飲の原因には様々なものがあります。主に糖尿病や副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症などのホルモン病、腎臓病や他の尿路疾患、肝不全、子宮蓄膿症、電解質異常、腫瘍、尿崩症など泌尿器系以外の疾患にも認められることがあります。また、飲んでいる薬物の副反応で多飲多尿が起こることもありますので、何かお薬を飲んでいる場合は必ず獣医師にお知らせください。

多飲多尿の症状

多飲の症状は、今までなかったのに気がつくと飲水の容器が空になっている。いつも水を飲んでいるような気がするなどで気づかれることが多いように思います。

多尿は、最近お漏らしや失禁をするようになった。以前よりオシッコをしている時間が長くなったなどです。

多飲多尿の診断/検査

まずは、問診、身体検査と尿検査を行います。他には血液検査血液化学検査ホルモン検検査も全身の状態を把握するために必要になるでしょう。その他原因によっては画像診断検査であるレントゲン検査超音波検査が必要になり、時にはCT検査も必要になるかもしれません。

また確定診断のために特殊な検査を行うこともあります。

多飲多尿の治療

多尿多飲の治療法は原因により様々です。

多飲多尿の予防

多飲多尿を予防することはなかなか難しいかもしれませんが、日頃から与える水の量を測っておくと早めに気づいて挙げられると思います。犬だと飲水の容器に日量として体重✕100ml、猫だと体重✕50mlを日頃から入れておくといいでしょう。で、その容器の水がなくなるようなら動物病院を受診しましょう。

また、定期的に尿検査をしていると多飲多尿を示す病気を早く見つけることができることがあります。

多飲多尿の看護/その他

多尿と頻尿(ひんにょう)とは違いますので、注意してください。多尿は一回に出すオシッコの量が多いこと、頻尿とはオシッコの回数が多いことです。

多飲多尿が起こる病気は、一般的に治療に時間がかかることが多いものです。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら多飲多尿」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 小動物臨床指針;37-38
  2. 伴侶動物臨床指針Vol.1; 166-171:多飲多尿の鑑別診断
  3. 伴侶動物臨床指針Vol.10; 374-382:多尿と多渇を示す症例へのアプローチ


<1>

<<VMNオンデマンド>>