新型コロナウイルス感染症:COVID-19

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

※新型コロナウイルス感染症:COVID-19に関する情報は日々世界で更新されています。海外情報も含め、新しい知見が入手でき次第更新しておりますが、絶えず最近情報ということではありませんで、ご注意ください。

新型コロナウイルス感染症:COVID-19とは?

 新型コロナウイルス(COVID-19)は主に人から人へと広がるウイルス感染症ですが、稀に犬や猫も、新型コロナウイルスに感染しています。感染は、動物が新型コロナウイルスに感染した人々と密接に接触した後に発生しています。

香港[2]、米国[3]、ベルギー[6]、フランス[7]、イギリス[8]など多くの国で伴侶動物として飼育されている犬や猫で、検査陽性反応が出ています。また、日本でも2020年8月、9月に犬の検査陽性が合計3頭確認されています[10][11]。 現在までに入手できる情報が限られてますが、新型コロナウイルスがペットとして飼育されている犬や猫を介して人に拡散するという報告はありません[13]が、人から動物に拡散したと思われる事例は複数報告されています[12]

新型コロナウイルス感染症:COVID-19の原因

 原因は新型コロナウイルスCOVID-19(SARS-CoV-2)です。
 動物は、新型コロナウイルスの拡散に重要な役割を果たしていないようですし、ウイルスがペットの皮膚、毛皮、または髪から人や他の動物に広がるという証拠はありません。
 但し、感染した猫から他の猫への感染は研究で報告されています。[5]
 また、イタリアでの調査ですが、ペットの犬540頭と猫277を調べた結果、PCR検査での陽性は0でしたが、抗体検査では、犬3.4%、猫3.9%が陽性だったと歩報告されてます。さらに、ペットオーナーが感染している家庭の犬の方が感染していない家庭に比べて陽性率が高かったとも報告されています[9]

新型コロナウイルス感染症:COVID-19の症状

  動物での症状の理解はまだ研究段階です。以下の症状は可能性が人の新型コロナウイルス感染者と濃厚接触し、動物に感染した場合に見られるかもしれないとされています。
 元気消失発熱発咳、呼吸困難または息切れ、くしゃみ、鼻汁、眼脂(目やに)、嘔吐下痢

新型コロナウイルス感染症:COVID-19の診断/検査

 感染の確認には人と同じ様にPCR検査などが必要になりますが、一般の動物病院では現在行われていませんし、推奨されていません。
 全身状態を把握するために、血液検査血液化学検査尿検査などは必要になるでしょう。

新型コロナウイルス感染症:COVID-19の治療

 動物の場合、検査陽性でも数日で陰性になることが多く、また、無症状の場合がほとんどです。もしも発症した場合は、人と同様の治療が推奨されていますが、今のところほとんど報告はありません。

新型コロナウイルス感染症:COVID-19の予防

 動物への感染源はコロナウイルスに感染している人です。動物を新型コロナウイルスから守るには、まず何よりペットオーナー家族がコロナウイルスに感染しないこと。不特定多数の人や動物と接触れさせないことです。例えば:
  • 多くの人や犬が集まるドッグパークやドッグランなど公共の場所などを避ける。
  • 可能な限り猫は室内飼育を心がける。
  • 犬を散歩させるときは、必ずリードを着用し、他の人や動物から少なくとも2メートル離す。
  • 定期的にシャンプーする。

などを心がけましょう。もしも同居家族が新型コロナウイルスに感染した場合、

  • 感染者と動物が接触しないようにする。
  • 可能であれば、動物の世話を別の人(場所)に依頼する。
  • 濃厚接触を避け、寄り添ったり、キスや舐められたり、食べ物や寝具をペットと共有したりしない。
  • どうしても感染者が世話をしないといけない場合は、マスクやフェイスマスクを着用し、食餌、排泄物、各種グッツを扱う前後に手を洗う。

などを行いましょう。また、感染者あるいは感染家族が、病気の動物を動物病院、トリミングサロン、ペットホテルなどに連れて行ってはいけません。必ずかかりつけ獣医師やお店に電話で相談してから行動してください。

新型コロナウイルス感染症:COVID-19の看護/その他

動物へのマスクは推奨されていません。マスクをしても感染を予防することはできません。むしろ呼吸困難などの害を与える可能性があります。

 また、もしも動物が感染した場合、入院隔離される可能性も考えられます。この場合、狂犬病予防接種を行っているか、混合ワクチン[]をきちんと定期的に接種しているか、フィラリア予防[]をしているか、ノミ・ダニ予防[]をしているかなどは非常に重要になります。災害時の避難所などでも問題になりますが、これらはヒトや他の動物に迷惑をかけないという面からも日頃から必ずきちんと行っておくことが重要です。
※なお、当院では災害時などで紙の証明書を紛失したり、忘れたりしても確認、提示できるように日本初のデジタル証明書を自動で発行しております。当院で狂犬病予防注射、混合ワクチン注射をされた方は、マイページからログインすることでいつでもご確認いただけます。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら新型コロナウイルス感染症:COVID-19」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. CDC:COVID-19 and Animals
  2. Dogs caught coronavirus from their owners, genetic analysis suggests
  3. Confirmed cases of SARS-CoV-2 in Animals in the United States
  4. COVID-19 and pets: Can dogs and cats get coronavirus?
  5. Transmission of SARS-CoV-2 in Domestic Cats
  6. Cat found infected with coronavirus in Belgium
  7. First recorded case of cat infected by Covid in France
  8. The virus responsible for COVID-19 has been detected in a pet cat in the UK.
  9. Evidence of exposure to SARS-CoV-2 in cats and dogs from households in Italy
  10. 犬における新型コロナウイルスの陽性を確認
  11. 犬1匹が新たにコロナ陽性、飼い主から感染の可能性
  12. コロナ、飼い主からペットに感染の可能性 研究
  13. Experimental infection of domestic dogs and cats with SARS-CoV-2: Pathogenesis, transmission, and response to reexposure in cats
  14. Infection of dogs with SARS-CoV-2


<1>フェレット、猫、犬、および様々な動物におけるSARSコロナウイルス2に対する感受性について

この記事を書いた人

福山達也