熱中症

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

熱中症とは?

熱中症とは日射病や熱射病などの総称で、夏場などの温度や湿度が高い時期(5月から10月)に特に注意をしたい病気です。直射日光や温度や湿度の高い環境下に長時間いたり、そのような環境下で運動を続けることにより体温が上昇します。すると、人間と同じような汗をほとんどかかなので体温調節機能が正常に機能しなくなり、異常に体温が上昇(40.5℃以上)してしまいます。
実は真夏より、動物の体が暑さに順応する前の初夏に多いので注意してください。
特に、シーズー、パグ、フレンチブルドック、ブルドック、ペキニーズなどの短頭種、それに日本の保険会社の統計ではゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバーも多いとされています。猫ではペルシャやエキゾチック・ショートヘアー、ヒマラヤン、さらに肥満気味の犬猫加齢(高齢)心臓病や呼吸器の持病が有る場合などに起こりやすいといわれているので注意が必要です[1]
猫は犬に比べて熱中症には強いとされていますが、それでも夏場の締め切った室内などでは起こるので注意が必要です。

熱中症の原因

犬や猫は人に比べ暑さに弱く、熱中症になりやすいといわれています。その原因としては全身が被毛に覆われていて体温が放散しにくいことと、人のように全身から汗をかいて体温を下げることができない(足の裏と鼻には人と同じ様に汗をかく汗腺があります)ので、主に口を開き、浅く速い呼吸をおこなうパンティングと呼ばれる呼吸方法により熱を放散し、体温を調節しています。

熱中症を引き起こす状況はさまざまありますが、特に、

  • 高温多湿の環境で一定時間以上運動をする(特に注意
    ※イギリスでの報告ですが、熱中症の7割以上が暑い日の運動中に起こってます。
  • 暑い車内にいる(特に注意
  • 気温が高く、換気が不十分な環境に長時間いる
  • 高温時に屋外で一定時間直射日光を浴びる
  • 高温多湿な中、キャリーケースの中に長時間いる

熱中症の症状

体温が急激に上昇し、激しいパンティング(ハアハアと激しい呼吸をする)や呼吸困難、多量のよだれ、足元のふらつき、虚脱(ぐったりすること)などの初期症状が起こります。

その後、嘔吐下痢(タール便や下血)、チアノーゼ(舌や粘膜が真っ青になる症状)などが起こり、重症になるとけいれん発作や意識の喪失、ARDS(急性呼吸促迫症候群)、DIC(播種性血管内凝固症候群)、ショック症状(血圧低下などの症状)、多臓器不全を起こし死に至る場合があります

熱中症の診断/検査

問診と症状、体温などから推測します。時には他の病気と鑑別するためや全身状態を把握するために血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査などが必要になることもあるでしょう。

熱中症の治療

まず、体温を下げるために、様々な処置を行います。それと共に、点滴やショック症状や脳炎を防ぐための薬剤投与などが必要になるでしょう。重症であれば、入院して集中的に治療を行う必要があります。

熱中症は重症になると致死率が高く、特にけいれんや意識障害など神経症状が起こると、回復は非常に厳しいといわれています。

熱中症の予防

  • エアコンのない部屋や暑い環境下に長い時間いる状況(留守番時など)にしない。部屋の風通しをよくし、直射日光を避ける。(暑い時期の室内の温度は26℃以下で維持)
  • 外気温が25℃を超える場合、締め切った車などの中に動物だけを残すことは絶対に避ける。
  • 高温や多湿の環境で長時間散歩などの運動をしない。暑い日は散歩をやめるのも必要です
  • 照り返しの強い舗装道路上での散歩をしない。早朝や夕方以降などの涼しい時間帯に散歩をする。(朝夕涼しく感じても、お散歩の際にはアスファルトをさわって温度を確かめる習慣をつけましょう)
  • 新鮮な水をいつでも十分に飲めるようにする。 ただの水だけでなく電解質補給のために電解質サポート(当院でも販売しております)などを与える。
  • 夏場の散歩には以下を携帯することを心がける
    □常温の水
    □タオル
    □うちわ
    ※当院では当院をご利用のペットオーナー様向けに、お散歩用うちわを配布しております。ご希望の方は受付けでお申し出ください。(数に限りあり)
    □冷却グッツ

など、とにかく高温多湿を避けることが予防になります。気温がそこまで上がりきっていない初夏や残暑でも、湿度が高かったりすると熱中症にかかることがあります。また、肥満にさせない。心臓病や呼吸器などの持病のある場合は特に注意しましょう。

熱中症の看護/その他

はっきりと言っておきます。夏場は動物たちは涼しい家でゆっくりするのが幸せです。一緒に旅行に行ったり、海水浴に行ったり、車で移動したりなんかは人間の自己満足です。そして、そこには絶えず熱中症の危険があることを認識しておいてください。

熱中症で体温が高くなっている場合は、まず体を冷やすことが重要です。熱中症に対する治療の遅延は死に繋がります。上記症状のような熱中症が疑われたら、早急な対処(症状出現から90分以内)が必要です。
・常温の水を直接かける
・濡らしたタオルで体を覆う
・涼しい場所で風を送ったりする
・タオルを巻いた保冷剤や氷まくらを首や脇の下、内股などの被毛や皮膚が薄く体温が下がりやすい部分にあてて冷やす
これらの応急処置を行いながら、すぐに動物病院を受診しましょう。

特に肥満心臓病などの持病があると再発も起こりやすいので、環境や運動には十分に注意しましょう。「昨年まで大丈夫だったから」という理由により、「今年も熱中症にはならない」と油断することは、非常に危険です。

◆英国獣医師会BVAから発信された7 simple steps◆
  1. ペットへ常時給水できる体制を整える

  2. 必要に応じて、いつでも換気をする意識を持つ

  3. 暑い日は散歩・運動をさせない

  4. 暑い日は日除けでペットを守る

  5. 熱中症の兆候を覚えて、ペットを良く観察する

  6. 車内に動物を残して離れない(時間の長さではない)

  7. ペットを冷却しても反応が鈍い時は躊躇無く動物病院へ向かう
    ※40℃以上の高熱、意識の低下、自分で飲水できない、のうち一つでも当てはまるなら!

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら熱中症」する前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. Incidence and risk factors for heat-related illness (heatstroke) in UK dogs under primary veterinary care in 2016
  2. 犬の内科診療 Part1; 483-488:熱中症


<1>熱中症に続発した壊死性肺炎が原因で気胸を発症した犬の1例
<2>熱中症:体温調節、病態生理、そして素因
<3>熱中症:臨床徴候、診断、治療、そして予後
<4>犬の熱中症の予後指標としての末梢血有核赤血球
<5>犬の熱中症:54症例(1999-2004)の回顧的研究と死亡に対する危険因子の分析
<6>犬の熱射病:臨床症状、治療、予後および予防
<7>犬の熱射病:病態生理学および素因

この記事を書いた人

福山達也