猫カリシウイルス感染症

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

猫カリシウイルス感染症とは?

 猫カリシウイルス感染症は、猫ヘルペスウイルス感染症とならび俗に「猫風邪」と呼ばれる猫ウイルス性呼吸器感染症の代表的なウイルスです。どの猫種やどの年齢の猫でも感染・発症しますが、特に抵抗力の低い猫で発症しやすい病気です。

猫カリシウイルス感染症の原因

 猫カリシウイルス感染症の原因は猫カリシウイルスの感染です。猫カリシウイルスは非常に感染力の強いウイルスで、感染は、感染している猫が排泄した分泌物中のウイルスが直接、口や鼻に付くことで起こります。また、このウイルスは厄介なことに感染症から回復して症状がない猫でも数週間から数か月ウイルスを排泄します(この個体をキャリアー猫と呼びます)。ときには生涯ウイルス排泄をし続ける猫もします。さらに厄介なことには、カリシウイルスは猫の体外に出ても生き残れる力が比較的強いウイルスで、人や食器などの物を介して間接的に病原体と接触することでも感染してしまいます。

猫カリシウイルス感染症の症状

 猫カリシウイルスの主な症状は、口の中や舌の水疱・潰瘍です。その他、発熱や涙、くしゃみ、鼻水など人の風邪のような症状を発症し、進行すると元気や食欲も消失します。重症になると肺炎を併発します。
 
  生後6〜12週齢以下の仔猫では、急性で一過性の多発性関節炎を発症し、跛行、全身のこわばりなどが見られることがあります。
 
 また、猫カリシウイルスの症状は猫ヘルペスウイルス感染症と類似しており、症状だけでは区別が難しかったり、同時にどちらにも感染(混合感染)していたりすることもあります。
 
 口内炎や歯肉炎から猫カリシウイルスが検出されることもあり、それらの原因や関連性が疑われています。
 

強毒全身性猫カリシウイルス感染症(virulent systemic feline calicivirus disease:VS-FCV)について
 猫カリシウイルス感染症ウイルスには、従来のものと1998年にアメリカで初めて報告された強毒全身性猫カリシウイルス感染症といわれるものがあります。これは、従来のウイルスに比べて、症状が非常に重篤で、呼吸困難や肺炎、重度な潰瘍などを起こし、致死率も50%以上と非常に怖いものです。また、なぜか子猫より成猫がかかった方が症状がより重篤になるといわれています。

猫カリシウイルス感染症の診断/検査

 通常はワクチン接種歴、症状、飼育環境などから仮診断します。確定診断は検査所に検体を送り行えば可能ですが、時間や費用の問題からあまり積極的には行われていません。
 その他、全身状態を把握するために、血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査などを行う必要になることもあります。

猫カリシウイルス感染症の治療

 猫カリシウィルスを直接排除する治療法は無いため、症状に応じて二次感染防止の抗生物質やインターフェロン投与、輸液(点滴)等の対症療法をします。その間に猫の抵抗力の回復を図ることです。だからこそワクチン接種できちんと予防しておくことが大事です。
 また、必要に応じて、目薬、食欲増進剤などを投与し、保温や湿度管理など飼育環境を良好にし、高栄養の食事療法を行い、自身の免疫力による回復を促します。
 強度区全身性猫カリシウイルス感染症でなく、二次感染が起きず重症化しなければ、1週間程度で回復し始め、2~3週間で治っていくことが多い病気ですが、前述のように見た目は回復してもウイルスを排出して他の猫に感染を広げる可能性があります。
 特に、多頭飼育の場合は他の猫にも症状が出ないかよく注意し、症状が現れたらすぐに受診し、治療を始めましょう。

猫カリシウイルス感染症の予防

 猫カリシウィルは、ワクチン接種で感染や重症化を防げる病気です(ただし、強度全身猫カリシウイルス感染症には効果がありません)。接種時期や種類、回数などについては当院にご相談ください。猫を飼育した必ずワクチン接種を心がけてください。これは基本の基本です。
 ただし、カリシウイルスには遺伝子の違いによりさまざまな種類(株といいます)が存在します。屋外では特に多くの株(種類)が存在し、ワクチンとは異なる株のカリシウイルスに感染することもありますので、可能であれば、完全屋内飼育をすることでウイルスとの接触機会を減らすことができます。また、キャットオーナーが感染猫などと接触した場合もきちんと手指や接触部位を消毒すること、感染猫が使用した食器や布は他の猫とは共有せず、消毒することを心がけましましょう。

猫カリシウイルス感染症の看護/その他

 家庭で看護する場合は、処方された薬をきちんと飲ませ、食欲がない場合、食欲不振などを参考にして、人肌程度の温かいよく混ぜた缶詰やパウチの食餌を与えるるようにしてください。
 猫カリシウイルス感染症は早期に治療を始めることで重症化を防げる場合もあります。くしゃみや鼻水など風邪様症状が見られたら、様子を見ないで、早めに当院にご相談ください。
 一般に猫カリシウイルス単独感染であれば予後は良好ですが、通常は他のウイルス感染(猫ヘルペスウイルスなど)、細菌感染も同時に起こることが多く、それらによあり症状が重篤化することもあります。また、猫免疫不全ウイルス猫白血病ウイルスに重感染していると症状が重篤になる傾向があります。壱岐島内でもこれらの感染症は蔓延しています。ワクチン未接種の場合はこれらの検査も行うことが推奨されますので、ご希望の方はお申し出ください。
 消毒する場合は0.1%次亜塩素酸ナトリウムが有効ですが、金属部への使用は注意してください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。猫ちゃんを飼育したら猫カリシウイルス感染症」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 猫の診療指針 Part3; 29-31:猫カリシウイルス感染症

  •  


<1>最近の英国におけるFCV株群に対する猫カリシウイルス(FCV)ワクチンの中和能力に関する比較 
<2>Bartonella属、猫ヘルペスウイルス1、猫カリシウイルス、猫白血病ウイルス、および猫免疫不全ウイルスと猫の慢性歯肉口内炎に関する評価
<3>6週齢の子猫における猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫汎白血球減少症ウイルスに対するワクチン接種の効果を評価するための臨床試験
<4>猫ヘルペスウイルス1、カリシウイルス、および汎白血球減少症ワクチンの経鼻的単回投与における臨床徴候および病原性猫ヘルペスウイルス1による攻撃試験後のウイルス排出への影響 
<5>猫の自然発症型強毒性全身型猫カリシウイルス感染症における病理学的、免疫組織化学的、電子顕微鏡所見 
<6>フロリダ州動物保護施設に入所している猫における猫汎白血球減少症ウイルス、猫ヘルペスウイルス1型、および猫カリシウイルスに対する血清抗体価の保有率 
<7>犬および猫のウイルス性皮膚病
<8>実験的接種後のボルデテラ・ブロンキセプティカにより引き起こされた疾患に対する猫ヘルペスウイルス1と猫カリシウイルスの修飾生ワクチンの鼻腔内投与の効果
<9>特発性膀胱炎の猫における猫カリシウイルスのウイルス尿症、口腔内保菌状態、および血清中和抗体に関するネスティド症例対照研究 
<10>猫カリシウイルス検出法としてのp30遺伝子に基づくリアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応法の評価 
<11>強毒な全身性猫カリシウイルス性疾患の大発生
<12>特発性下部尿路疾患の猫から分離された新規の猫カリシウイルス2種が持つ遺伝的特徴 
<13>猫における猫ヘルペスウイルス1型、猫カリシウイルス、猫パルボウイルス感染に対する抵抗性を予測するための血清学試験の使用 

[WR2106,VQ2106:カリシウイルス]

■VMN Live

この記事を書いた人

福山達也