蛋白喪失性腸症

※電話などでの各種病気に関するお問い合わせは、通常診療業務に支障をきたしますので、当院をご利用のペットオーナー以外はご遠慮ください。まずはご自身のかかりつけ獣医師にお問い合わせください。ご理解とご協力をお願いいたします!

蛋白喪失性腸症とは?

蛋白漏出性腸症(たんぱくろうしゅつせいちょうしょう)とは、その英語の頭文字をとってPLEとも呼ばれ、腸から多量の蛋白が漏れ出てしまう病気です。それによって、血液中のタンパク質が少なくなり、低蛋白血症を起こします。

蛋白漏出性腸症は、厳密には特定の病名を指すわけではなく、さまざまな消化管(慢性下痢など)の疾患から引き起こされる状態を言います。

性別や年齢を問わず発症し、犬に多く見られ、猫では稀な病気です。特に多くもいられる犬種は、ヨークシャー・テリア、アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア、ロットワイラー、ジャーマン・シェパード・ドッグなどに多く見られるという報告があります。

蛋白喪失性腸症の原因

蛋白漏出性腸症の原因としては、腸管の炎症、潰瘍、リンパ腫や腸リンパ管拡張症、リンパ球性—形質細胞性腸炎、炎症性腸疾患(IBD)などの慢性の炎症性腸疾患、消化管リンパ腫、感染症、寄生虫など様々なものが原因となります。

蛋白喪失性腸症の症状

腸管の粘膜からタンパクが漏出してしまうため、低蛋白血症が起こり、そのためにさまざまな症状がみられます。主な症状として慢性的な下痢や軟便ですが、これらの消化器症状が見られないこともあり、唯一の症状が体重減少だけということもあります。その他栄養が十分吸収されないため、元気消失食欲不振嘔吐、脱水がみられます。また、低蛋白血症のために血液中に水分を保持する力が低下し、浮腫や腹水、胸水、呼吸困難、血栓症などを起こすこともあり、重篤な場合死に至ります。

蛋白喪失性腸症の診断/検査

 一般に、身体検査、問診、血液検査血液化学検査尿検査糞便検査を行います。また、血液中のコバラミン濃度や葉酸の濃度の測定を行うこともありますし、確定診断を行うためには腸管の一部を切り取って病理組織検査を行う生検が必要になります。
画像診断としては、腹部超音波検査レントゲン検査、内視鏡検査、CT検査を行うこともあります。また、試験的開腹/病理組織学的検査が必要になることもあります。

胃蛋白喪失性腸症の治療

原因に応じた治療を行います。慢性の炎症性腸疾患がある場合には消炎剤、免疫抑制剤などの投与を行い、腸リンパ腫などが原因の場合は抗がん剤の投与などを行います。併せて、脱水や嘔吐、下痢などの症状に対する対処療法を行ないます。

その他、腸に負担の少ない処方食を用いた食餌療法を同時に行なうこともあります。

蛋白喪失性腸症の予防

蛋白漏出性腸症の発症を予防することは難しいため、体重減少が続いたり、下痢が慢性的に続いているときなどは、早めに動物病院での診察を受けましょう。また、日頃からきちんとしたペットフードを与えることを心がけましょう。

蛋白喪失性腸症の看護/その他

蛋白漏出性腸症は、慢性消化器疾患の状態の中でも特に注意が必要な状態で、早急な原因の発見または治療の開始が必要になります。未治療のままでいると、最終的には腹水や胸水、浮腫、血栓症などを起こし、命にかかわりますのでただの慢性の下痢などと侮ってはいけません。
蛋白漏出性腸症が疑われた場合、治療効果などをみながら、一歩一歩検査や治療を進めていく必要があったりすることも多いものです。時間や費用がかかることもあり、じっくりと向き合っていかなければなりません。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら蛋白喪失性腸症」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等


<1>

この記事を書いた人

福山達也