SFTS:重症熱性血小板減少症候群

SFTS:重症熱性血小板減少症候群とは?

SFTS:重症熱性血小板減少症候群とは2011年に中国の研究者らによって発表された新しいウイルスによるダニにより媒介される感染症です。2013年1月に国内で海外渡航歴のない人がSFTSに感染していたことが初めて報告されました。
このウイルスは保有するダニに咬まれることにより人に感染します。また、犬や猫も同様にウイルスを持つダニ(フタトゲチマダニなど)に咬まれることで感染し、それらの動物と濃厚に接触(血液た唾液など)することで人が感染します。感染した人と濃厚に接触すると、人から人へも感染すると言われています。犬から感染したとされる症例[3]や、2016年に猫から感染したと思われる人の死亡症例も報告されています。また特に猫において西日本での感染が多く報告されていきています。

SFTS:重症熱性血小板減少症候群の原因

原因はSFTSウイルスの感染です。一般にダニ(フタトゲチマダニなど)により媒介されます。
このウイルス自体は酸や熱に弱く、消毒用アルコールなどの一般的な消毒剤で消毒が可能です。

SFTS:重症熱性血小板減少症候群の症状

犬では無症状(不顕性感染)のことが多いとされています。猫では、元気がない、発熱、嘔吐・下痢などの消化器症状、黄疸などが見られますが、この病気に特徴的な症状というわけではありません。
急性疾患で、発症から数日以内に重症化して、死亡する確率も高い怖い病気です。

SFTS:重症熱性血小板減少症候群の診断/検査

一般の動物病院では症状などから疑い、血液検査、血液化学検査を行います。そこで、白血球や血小板の減少、黄疸、肝機能の低下、CPKの上昇などがあると、大学などの研究機関に依頼して特殊な検査を行い診断します。

SFTS:重症熱性血小板減少症候群の治療

現在のところ有効な治療法はありません。主な治療法は対症療法を行うことになります。

SFTS:重症熱性血小板減少症候群の予防

ワクチンはありません。屋外を散歩する犬、屋外出入り自由や屋外飼育の猫は動物病院で処方されるダニ駆除剤(フィプロニル製剤など)できちんと定期的に予防することが重要です
また、動物から人への感染は、過剰な触れ合い(口移しで餌を与えるなど)を避けることが推奨されています。動物の体にダニを見かけたら、つぶしたりせず、当院にご相談ください。ダニの正しい予防に関しましては、下記もご参照ください。
犬のノミ・ダニ予防
猫のノミ・ダニ予防

SFTS:重症熱性血小板減少症候群の看護/その他

○人の症状など

 5日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、倦怠感、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くで認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こす。

検査では、白血球減少、血小板減少、AST・ALT・LDHの上昇が多く認められる。致死率は6.3〜30%と報告されている。感染経路はマダニ(フタトゲチマダニなど)が中心だが、血液等の体液との接触により人から人への感染も報告されている。治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンはない。

以前からSFTSウイルスは日本に存在していたようで、診断できるようになったのが最近であるとの考えが主流となっています。

※なお、当院では長崎県下等で多数のSFTSの猫感染が発見されていること、宮崎県において獣医師、獣医看護師が診察中にSFTSに感染した事例[4]などから、スタッフの感染防止のため、診察時必要に応じてマスク、グローブ、ゴーグルなどを着用させて頂く場合がありますのでご了承ください。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃん猫ちゃんを飼育したらSFTS:重症熱性血小板減少症候群になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. イヌとネコは致死性SFTSウイルスを媒介する
  2. 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A
  3. イヌからヒトへ感染したSFTS症例について
  4. 獣医師と動物看護師がネコからSFTSに感染!


<1>.