嘔吐:Vomiting

嘔吐とは?

 ご存知かもしれませんが、嘔吐(おうと)とは、胃の中や上部小腸の内容物(食べたもの・胃液)を吐いてもどすことです。これに関連して、吐き気を催すこと、胸がむかつくことを悪心(おしん)と言います。嘔吐は病気の名前ではなく「症状」です。

 嘔吐は診察が必要のない軽度のものから、命にかかわるものまで原因により様々なです。以前は、犬や猫に時折見られる単発的な嘔吐は正常なものと言われていましたが、現在では単発的な嘔吐も繰り返すようであれば異常であると言われていますので、注意が必要です。単発でも続くようであれば早めに当院にご相談ください。

嘔吐の原因

 嘔吐の原因には消化器官の機能障害、各種感染症、代謝性疾患、中毒、寄生虫、異物、消化管壁の疾患、腫瘍など様々なものが考えられます。これらの障害の原因には、犬ステンパーやパルボウイルス[]などの伝染病、寄生虫病、中毒、消化管内異物や腸重積による消化管の閉塞、胃や腸の潰瘍および腫瘍、急性腎不全、慢性腎臓病[]、糖尿病[]、急性膵炎[]、胃腸炎、幽門狭窄、塩酸欠乏症などが挙げられます。

 一般に嘔吐というと胃や腸など消化器の病気を想像しがちですが、実は全身性の病気、神経系の病気、精神的な病気などが原因であることも少なくありません。

急性嘔吐の原因
急性嘔吐の原因
慢性嘔吐の原因
慢性嘔吐の原因

嘔吐の症状

 症状は嘔吐ですが、口から食べたものなどが出る場合、嘔吐と間違えられることがあるのが「吐出(としゅつ)」です。嘔吐の場合は、実際に吐き出す前におなかの筋肉や横隔膜が収縮して、強力な力で胃の内容が吐き出されます。よく「ゲーゲー吐きます」と言われる状態や、よだれを伴います。それに対して吐出は、何の前触れなどもなく食べたばかりのものを吐き戻します。吐いてもけろっとしていることが多く、何事もなかったかのようです。
 他にも「嚥下困難(えんげこんなん)」といい、食べたものが中に入って行けない異常もありますし、ペットオーナーの中には咳(発咳)と嘔吐の吐く動作をまちがえたりすることもあります。嘔吐なのか吐出なのか、また咳なのかわからない場合はスマートフォンでその様子を動画に撮影して、見せてもらえると診断の助けになります。また、吐いたものを写真に撮影して見せてもらうのもいいでしょう。

嘔吐の診断/検査

 疑われる原因によりますが、一般に問診、身体検査、血液検査血液化学検査尿検査を行います。その他、レントゲン検査、レントゲン造影検査、超音波検査、細菌やウイルス検査などが行われることもありますし、内視鏡、CTやMRIなどが必要なこともあるでしょう。現在では人間の医療に近いレベルまで検査や治療が行われるようになってきています。

 ただ、「吐く」というだけでも原因を突き止めるのは大変なことがあります。慢性嘔吐で2週間以上の長期間吐いている動物、あるいは急性で激しく吐いている動物については多くの検査が必要です。診断も難しいことがあるということを知っておいてください。このような場合、検査にはかなりの時間と費用がかかることを理解してください。
 また、猫は特に消化器以外の原因で嘔吐していることが多い動物です。可能であれば対症療法で様子を見ないで気になることがあれば詳しい検査をすることをお勧めします。

嘔吐の治療

 治療は原因により様々です。軽度な嘔吐は、制吐剤(吐き止薬:マロピタント、オンダンセトロンなど)や輸液療法(点滴)等で治ってしまうこともよくありますが、単純に吐くのを吐き止薬で抑えれば終わりということではなく、根本的な原因を治療しないと止まらないこともあります。原因が何であれ、吐くことによって体の中の水分やミネラルが体外に失われて危険な状態になることがあります。また、嘔吐は体力もかなり消耗するので、原因を追及すること以外にも緊急の処置が必要な場合がよくあります。



▲上記の食物アレルギー用療法食は当院でも処方可能です。当院での診察・診断・処方後オンラインでのご購入となります。詳しくは当院にお尋ね下さい。

▲上記の療法食はオンラインでご購入可能です。必要な方は専用の病院コードを発行致しますので、当院受付でお申し出ください。
FU920476767)

 嘔吐が始まって1〜3日で、回数も少なく、元気があり、他に気になる症状がなければ制吐剤などの対症療法で様子を見ます。それで収まれば(通常2,3日で収まります)一過性で問題ありませんが、元気があっても回数が多い。ましてや元気がない(元気消失)などの場合は原因を探るために詳しい検査が必要です。もちろん対症療法中に嘔吐の回数が増える、元気がなくなってくる、下痢など新たな別の症状も現れるようなら、様子を見続けないで詳しい検査などが必要ですからご連絡ください。
 吐血(血を吐く)または下血、頻繁な嘔吐(1日に8〜10回)あるいは、同時徴候(食欲不振、倦怠感、発熱、明らかな腹痛、貧血黄疸の粘膜など)の場合は、対症療法では解決しない場合がほとんどで、様子をみていると命に関わることもあるいます。根本的な原因を特定し、治療を行うには少なくとも、血液検査血液化学検査尿検査レントゲン検査超音波検査など詳しい検査が必要です。

嘔吐の予防

 犬猫ともに予防注射で防げる病気は定期的な混合ワクチン注射で予防[]することは大前提です。

嘔吐を完全に予防することはなかなか難しかもしれませんが、まず、「犬や猫はよく吐く」という昔の迷信は捨てて吐いているようならよく愛犬や愛猫を観察し、重大な問題、あるいは長く続く問題があれば、早めに当院にご相談下さい。動物病院に行くかどうかの目安は、まず第一に、急性嘔吐(急で激しい嘔吐)かどうかということです。1日に何回も嘔吐していれば、体から水分やミネラルなどが急速に失われます。それだけで病院に行く必要性があります。

 次に、全身症状があるかということです。元気消失(元気がない)と食欲不振でぐったりした様子で吐いている場合には、様々な病気が疑われるます。それまで元気で急に吐きだした場合は、異物を飲み込んだり、中毒の可能性も考えなくてはなりません。その他、吐いたものの中に多くの血が混じっている場合はすぐに当院にご連絡下さい。

■こんな嘔吐はすぐに当院にご相談下さい。

01 激しく吐いている。
02 何回も吐いている。
03 元気も食欲もない。
04 吐く動作だけで、何も出ないが、頻繁で元気もない。
05 吐いたものに血が多く混じっている。
06 脱水して皮膚に張りがなく、目がくぼんでいる。
07 嘔吐の回数は少ないが、数日以上続いている。
08 吐いていて、徐々に体重が減ってきた。
09 吐いたものに虫がいる。
10 中毒の可能性がある。

嘔吐の看護/その他

 急いで食べて嘔吐や吐出したり、あるいは猫では毛玉を吐いたりすることがあります。このため吐くのをみることは比較的多く、「また吐いてる」程度にしか思わないこともよくありますが、毛玉を頻繁に吐くようなら異常なことですから,そのような場合には早めに当院を受診して下さい。また食べた後よく吐く、とくに毎日吐くなどという場合はやはり診察が必要です。食餌は、嘔吐が止まった後も体が正常な状態に戻るまでのしばらくの間は1回の給餌量を少なくし、頻回(1日3~6回)に分けて与えるほうがいいでしょう。また嘔吐が十分制御されるまでは動物病院で処方される消化率の高い処方食フードを与えることは回復の助けになります。

 嘔吐の場合、軽度の脱水で自分でお水が飲める場合は、動物用の経口補液剤(電解質サポート)を処方致しますので、水ではなくそちらを使ってください。これは病気の時や熱中症予防などにも使えますので、常備されておくといいと思います。

【使用方法】
・電解質サポート1袋(29g)を、ぬるま湯(約50℃)約500mlに溶かし、約530mlの電解質補助液として使用します。
・冷蔵庫で約24時間保存可能です。

pets
動物医療保険をお持ちの方は診察前に保険証を提示してください!

ペット医療保険無料資料請求壱岐動物病院ではすべての動物医療保険がご利用いただけます。窓口精算が可能なのはアニコム損保、アイペットとなります。ペットも医療保険の時代です。ペット医療保険未加入の方はどなたでも下記から無料資料請求やオンライン見積もり、加入が可能です。ワンちゃんや猫ちゃんを飼育したら「嘔吐」になる前にきちんと動物医療保険に加入しましょう。
※アニコム損保の動物医療保険に関する詳しい資料のご請求、お見積り、お申込みは下記バナーからどなたでも可能です。

オンライン見積もり・無料資料請求

library_books
参考文献・資料等
  1. 小動物臨床における診断推論.37-51
  2. 伴侶動物臨床指針 Vol.4; 207-217:制吐薬の使い方
  3. 伴侶動物臨床指針 Vol.9; 386-400:犬の嘔吐時の腹部超音波スクリーニング検査のコツ
  4. 伴侶動物医療のための鑑別診断; 19-23:嘔吐
  5. GI Intervention: Approach to Diagnosis & Therapy of the Vomiting Patient
  6. Maropitant Use in Cats


<1>犬の嘔吐: 再検討
<2>嘔吐

[WR21,VQ21:]

■VMN Live

この記事を書いた人

福山達也